メインメニューを開く

全渓大院君(ぜんけいだいいんくん、チョンゲデウォングン、乾隆50年3月21日1785年4月29日) - 道光21年11月2日1841年12月14日))は、恩彦君思悼世子の庶長者)の七男そして庶子で、李氏朝鮮第25代国王・哲宗の実父。名は(グァン、)、初名は快得쾌득)、海東해동)、字は昌康창강)。生前彼は王族として扱われなかった。彼の爵号は三子哲宗が即位した後に追叙されたものである。

全渓大院君
宗親二世
贈君
大院君
続柄 恩彦君第七子と庶子
配偶者 完陽府大夫人崔氏
李氏
龍城府大夫人廉氏
子女 懐平君
永平君
哲宗

目次

生涯編集

彼の生母全山郡夫人李氏[1]、李徳喜の娘は恩彦君の本妻ではなく妾の一人だった。彼の恩彦君庶子だったのは朝鮮王朝実録承政院日記にはなかったが、京畿道金浦市通津邑馬松里の全山郡夫人李氏で墓地は1970年代以降に発表された。金浦で全山郡夫人李氏墓石ドアは金汶根が書いた。彼は全山郡夫人李氏での生次男であり、全山郡夫人李氏が生んだ最初の息子は幼い頃早死にした。

彼の初期行跡と活動の記録と恩彦君家族の記録は哲宗の時と高宗ときに大量に洗草と隠滅、墨塗りをして消えた。1822年純祖で御名に一時釈放されたと1830年純祖で人に再び一時釈放され、1831年漢城に行った。

彼は恩彦君の庶子だから爵位がなかった、1849年彼の三男李元範(哲宗)の即位に伴い全渓君に追尊されと数日後の全渓大院君と追尊された。夫人は完陽府大夫人崔氏と龍城府大夫人廉氏(哲宗の生母)。廉氏がもうけた哲宗のほか、崔氏がもうけた男子に長男の懐平君李元慶(1827年 - 1844年)と次男の永平君李元羲(後に李昱・李景応と改名、1828年 - 1902年)がいる。墓は京畿道抱川市仙壇洞276-1にある(抱川市郷土遺跡第1号)。[2]

最初は楊州郡神穴面眞寬里(現在でソウル特別市恩平区津寬外洞山78-1番地)恩彦君墓所があった場所亥坐方向に埋めたが[3]、次驪州で移葬して再度抱川に移葬した。彼の爵号は彼庶子李元範が哲宗に即位した後1849年6月17日追叙されそして再び大院君にチュボンされた。

彼の長男懐平君李元慶は1844年8月9月に反乱の指導者と目されて処刑されと彼の家督継承は彼の妾李氏夫人が産んだ永平君李元羲が継承した。

系図編集

全渓大院君の親類・近親・祖先の詳細

荘献世子(荘祖) ━┳懿昭世孫
                   ┃ 
                   ┣22代正祖━23代純祖━━━孝明世子(翼宗)━24代憲宗 
                   ┃ 
              ┣恩彦君━━全渓大院君━━25代哲宗 
               ┃ 
               ┣恩信君==南延君(養子)━興宣大院君━━━26代高宗
               ┃
               ┗恩全君

参考資料編集

脚注編集