全米映画俳優組合賞主演男優賞

映画俳優組合が映画男優に贈る賞

全米映画俳優組合賞主演男優賞Screen Actors Guild Award for Outstanding Performance by a Male Actor in a Leading Role)は、映画俳優組合が映画男優に贈る賞である。

目次

統計編集

最高記録 主演男優 助演男優 総計
最多受賞者 ダニエル・デイ=ルイス 3 ダニエル・デイ=ルイス 3
最多候補者 デンゼル・ワシントン 5 クリス・クーパー 3 レオナルド・ディカプリオデンゼル・ワシントン 5
受賞経験無しの最多候補者 ジョージ・クルーニーライアン・ゴズリング 3 クリス・クーパー 3 ジョージ・クルーニー 4
複数の候補者を持つ作品 ショーシャンクの空に 2 バードケージ』、『ザ・コンテンダー』、『クラッシュ』、
ノーカントリー』、『スリー・ビルボード
2 複数の作品* 2
最年長受賞者 デンゼル・ワシントン
(『フェンス』、2017年)
62 クリストファー・プラマー
(『人生はビギナーズ』、2012年)
82 クリストファー・プラマー
(『人生はビギナーズ』、2012年)
82
最年長候補者 ロバート・デュヴァル
Get Low、2011年)
79 ロバート・デュヴァル
(『ジャッジ 裁かれる判事』、2015年)
83 ロバート・デュヴァル
(『ジャッジ 裁かれる判事』、2015年)
83
最年少受賞者 ニコラス・ケイジ
(『リービング・ラスベガス』、1996年)
32 ヒース・レジャー
(『ダークナイト』、2009年)
28 ヒース・レジャー
(『ダークナイト』、2009年)
28
最年少候補者 ジェイミー・ベル
(『リトル・ダンサー』、2001年)
14 Jacob Tremblay
(『ルーム』、2016年)
9 Jacob Tremblay
(『ルーム』、2016年)
9
* 『恋愛小説家』、『バードケージ』、『ザ・コンテンダー』、『クラッシュ』、『フォレスト・ガンプ/一期一会』、『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』、『ザ・エージェント』、『英国王のスピーチ』、『ノーカントリー』、『パルプ・フィクション』、『ショーシャンクの空に』、『マネーボール』、『J・エドガー』、『世界にひとつのプレイブック』、『スリー・ビルボード

受賞及び候補者一覧編集

備考:

1990年代編集

受賞及び候補者 作品名 役名
1994 トム・ハンクス フォレスト・ガンプ/一期一会 フォレスト・ガンプ †
モーガン・フリーマン ショーシャンクの空に エリス・ボイド・"レッド"・レディング ‡
ポール・ニューマン ノーバディーズ・フール シュリー・サリヴァン ‡
ティム・ロビンス ショーシャンクの空に アンディ・デュフレーン
ジョン・トラボルタ パルプ・フィクション ビンセント・ベガ ‡
1995 ニコラス・ケイジ リービング・ラスベガス ベン・サンダーソン †
アンソニー・ホプキンス ニクソン リチャード・ニクソン
ジェームズ・アール・ジョーンズ 輝きの大地 スティーヴン・クマロ
ショーン・ペン デッドマン・ウォーキング マシュー・ポンスレット ‡
マッシモ・トロイージ イル・ポスティーノ マリオ・ルオッポロ ‡
1996 ジェフリー・ラッシュ シャイン デイヴィッド・ヘルフゴット
トム・クルーズ ザ・エージェント ジェリー・マグワイア ‡
レイフ・ファインズ イングリッシュ・ペイシェント アルマシー ‡
ウディ・ハレルソン ラリー・フリント ラリー・フリント
ビリー・ボブ・ソーントン スリング・ブレイド カール・チルダース ‡
1997 ジャック・ニコルソン 恋愛小説家 メルヴィン †
マット・デイモン グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち ウィル・ハンティング ‡
ロバート・デュヴァル The Apostle Euliss "Sonny" Dewey ‡
ピーター・フォンダ 木洩れ日の中で ユリシーズ・ジャクソン ‡
ダスティン・ホフマン ウワサの真相/ワグ・ザ・ドッグ スタンリー・モッツ ‡
1998 ロベルト・ベニーニ ライフ・イズ・ビューティフル グイド・オレフィス †
ジョセフ・ファインズ 恋におちたシェイクスピア ウィリアム・シェイクスピア
トム・ハンクス プライベート・ライアン ジョン・ミラー ‡
イアン・マッケラン ゴッド・アンド・モンスター ジェイムズ・ホエール
ニック・ノルティ 白い刻印 ウェイド・ホワイトハウス ‡
1999 ケヴィン・スペイシー アメリカン・ビューティー レスター・バーナム †
ジム・キャリー マン・オン・ザ・ムーン アンディ・カウフマン
ラッセル・クロウ インサイダー ジェフリー・ワイガンド
フィリップ・シーモア・ホフマン フローレス ラスティ
デンゼル・ワシントン ザ・ハリケーン ルービン・カーター

2000年代編集

受賞及び候補者 作品名 役名
2000 ベニチオ・デル・トロ トラフィック ハビエル・ロドリゲス
ジェイミー・ベル リトル・ダンサー ビリー・エリオット
ラッセル・クロウ グラディエーター マキシマス・デシマス・メレディウス †
トム・ハンクス キャスト・アウェイ チャック・ノーランド ‡
ジェフリー・ラッシュ クイルズ マルキ・ド・サド
2001 ラッセル・クロウ ビューティフル・マインド ジョン・ナッシュ
ケヴィン・クライン 海辺の家 ジョージ・モンロー
ショーン・ペン アイ・アム・サム サム・ドーソン ‡
デンゼル・ワシントン トレーニングデイ アロンゾ・ハリス †
トム・ウィルキンソン イン・ザ・ベッドルーム マット・ファウラー ‡
2002 ダニエル・デイ=ルイス ギャング・オブ・ニューヨーク ウィリアム・"ビル・ザ・ブッチャー"・カッティング ‡
エイドリアン・ブロディ 戦場のピアニスト ウワディスワフ・シュピルマン
ニコラス・ケイジ アダプテーション チャーリー・カウフマン / ドナルド・カウフマン ‡
リチャード・ギア シカゴ ビリー・フリン
ジャック・ニコルソン アバウト・シュミット ウォーレン・シュミット ‡
2003 ジョニー・デップ パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち ジャック・スパロウ
ピーター・ディンクレイジ The Station Agent フィンバー・マクブライド
ベン・キングズレー 砂と霧の家 ベラーニ ‡
ビル・マーレイ ロスト・イン・トランスレーション ボブ・ハリス ‡
ショーン・ペン ミスティック・リバー ジミー・マーカム †
2004 ジェイミー・フォックス Ray/レイ レイ・チャールズ
ドン・チードル ホテル・ルワンダ ポール・ルセサバギナ
ジョニー・デップ ネバーランド ジェームス・マシュー・バリー
レオナルド・ディカプリオ アビエイター ハワード・ヒューズ
ポール・ジアマッティ サイドウェイ マイルス・レイモンド
2005 フィリップ・シーモア・ホフマン カポーティ トルーマン・カポーティ
ラッセル・クロウ シンデレラマン ジェームス・J・ブラドック
ヒース・レジャー ブロークバック・マウンテン イニス・デル・マー英語版
ホアキン・フェニックス ウォーク・ザ・ライン/君につづく道 ジョニー・キャッシュ
デヴィッド・ストラザーン グッドナイト&グッドラック エドワード・R・マロー
2006 フォレスト・ウィテカー ラストキング・オブ・スコットランド イディ・アミン
レオナルド・ディカプリオ ブラッド・ダイヤモンド ダニー・アーチャー ‡
ライアン・ゴズリング ハーフネルソン ダン・ダン ‡
ピーター・オトゥール ヴィーナス モーリス ‡
ウィル・スミス 幸せのちから クリス・ガードナー
2007 ダニエル・デイ=ルイス ゼア・ウィル・ビー・ブラッド ダニエル・プレインビュー †
ジョージ・クルーニー フィクサー マイケル・クレイトン ‡
ライアン・ゴズリング ラースと、その彼女 ラース・リンドストロム
エミール・ハーシュ イントゥ・ザ・ワイルド クリストファー・マッカンドレス英語版
ヴィゴ・モーテンセン イースタン・プロミス ニコライ ‡
2008 ショーン・ペン ミルク ハーヴェイ・ミルク
リチャード・ジェンキンス 扉をたたく人 ウォルター・ヴェイル ‡
フランク・ランジェラ フロスト×ニクソン リチャード・ニクソン
ブラッド・ピット ベンジャミン・バトン 数奇な人生 ベンジャミン・バトン ‡
ミッキー・ローク レスラー ランディ・“ザ・ラム”・ロビンソン英語版
2009 ジェフ・ブリッジス クレイジー・ハート バッド・ブレイク †
ジョージ・クルーニー マイレージ、マイライフ ライアン・ビンガム ‡
コリン・ファース シングルマン ジョージ・ファルコナー ‡
モーガン・フリーマン インビクタス/負けざる者たち ネルソン・マンデラ
ジェレミー・レナー ハート・ロッカー ウィリアム・ジェームズ二等軍曹 ‡

2010年代編集

受賞及び候補者 作品名 役名
2010 コリン・ファース 英国王のスピーチ ヨーク公アルバート王子 / ジョージ6世
ジェフ・ブリッジス トゥルー・グリット ルースター・コグバーン ‡
ロバート・デュヴァル Get Low フェリックス・ブッシュ
ジェシー・アイゼンバーグ ソーシャル・ネットワーク マーク・ザッカーバーグ
ジェームズ・フランコ 127時間 アーロン・ラルストン
2011 ジャン・デュジャルダン アーティスト ジョージ・ヴァレンタイン †
デミアン・ビチル 明日を継ぐために カーロス・ガリンドー ‡
ジョージ・クルーニー ファミリー・ツリー マット・キング ‡
レオナルド・ディカプリオ J・エドガー ジョン・エドガー・フーヴァー
ブラッド・ピット マネーボール ビリー・ビーン
2012 ダニエル・デイ=ルイス リンカーン エイブラハム・リンカーン
ブラッドリー・クーパー 世界にひとつのプレイブック パット・ソリータ ‡
ジョン・ホークス セッションズ マーク・オブライエン
ヒュー・ジャックマン レ・ミゼラブル ジャン・バルジャン ‡
デンゼル・ワシントン フライト ウィップ・ウィテカー ‡
2013 マシュー・マコノヒー ダラス・バイヤーズクラブ ロン・ウッドルーフ †
ブルース・ダーン ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅 ウッディ・グラント ‡
キウェテル・イジョフォー それでも夜は明ける ソロモン・ノーサップ ‡
フォレスト・ウィテカー 大統領の執事の涙 セシル・ゲインズ
トム・ハンクス キャプテン・フィリップス リチャード・フィリップス艦長
2014 エディ・レッドメイン 博士と彼女のセオリー スティーヴン・ホーキング
スティーヴ・カレル フォックスキャッチャー ジョン・E・デュポン
ベネディクト・カンバーバッチ イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密 アラン・チューリング
ジェイク・ギレンホール ナイトクローラー ルイス・ブルーム
マイケル・キートン バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) リーガン・トムソン ‡
2015 レオナルド・ディカプリオ レヴェナント: 蘇えりし者 ヒュー・グラス †
ブライアン・クランストン トランボ ハリウッドに最も嫌われた男 ダルトン・トランボ
ジョニー・デップ ブラック・スキャンダル ジェームズ・ジョセフ・バルジャー
マイケル・ファスベンダー スティーブ・ジョブズ スティーブ・ジョブズ
エディ・レッドメイン リリーのすべて リリー・エルベ / アイナー・モーウンス・ヴィーグナー
2016 デンゼル・ワシントン フェンス トロイ・マクソン ‡
ケイシー・アフレック マンチェスター・バイ・ザ・シー リー・チャンドラー †
アンドリュー・ガーフィールド ハクソー・リッジ デズモンド・T・ドス
ライアン・ゴズリング ラ・ラ・ランド セバスチャン・ワイルダー ‡
ヴィゴ・モーテンセン はじまりへの旅 ベン・キャッシュ ‡
2017 ティモシー・シャラメ 君の名前で僕を呼んで エリオ・パールマン
ジェームズ・フランコ ザ・ディザスター・アーティスト Tommy Wiseau
Daniel Kaluuya ゲット・アウト クリス・ワシントン
ゲイリー・オールドマン ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男 ウィンストン・チャーチル
デンゼル・ワシントン ローマン・J・イスラエル,エスク ローマン・J・イスラエル

エピソード編集

これまでに全米映画俳優組合賞主演男優賞を受賞しているにもかかわらず、同年のアカデミー主演男優賞を受賞できなかった男優が以下5名存在する。

  • 2000年: ベニチオ・デル・トロ(『トラフィック』) - ラッセル・クロウ(『グラディエーター』)に敗北
  • 2001年: ラッセル・クロウ(『ビューティフル・マインド』) - デンゼル・ワシントン(『トレーニングデイ』)に敗北
  • 2002年: ダニエル・デイ=ルイス (『ギャング・オブ・ニューヨーク』) - エイドリアン・ブロディ (『戦場のピアニスト』)に敗北
  • 2003年: ジョニー・デップ(『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』) - ショーン・ペン(『ミスティック・リバー』)に敗北
  • 2016年: デンゼル・ワシントン (『フェンス』) - ケイシー・アフレック (『マンチェスター・バイ・ザ・シー』)に敗北

また、2000年のベニチオ・デル・トロ(『トラフィック』)は、アカデミー賞では助演男優賞を受賞したが、同年の全米映画俳優組合賞では助演男優賞には候補に挙がらず、主演男優賞を受賞した。

複数回受賞者編集

3回

複数回候補者編集

2回
3回
  • ダニエル・デイ=ルイス(『ギャング・オブ・ニューヨーク』、『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』、『リンカーン』)
  • ジョージ・クルーニー(『フィクサー』、『マイレージ、マイライフ』、『ファミリー・ツリー』)
  • ジョニー・デップ(『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』、『ネバーランド』、『ブラック・スキャンダル』)
  • ライアン・ゴズリングHalf Nelson、『ラースと、その彼女』、『ラ・ラ・ランド』)
4回
  • ラッセル・クロウ(『インサイダー』、『グラディエーター』、『ビューティフル・マインド』、『シンデレラマン』)
  • ショーン・ペン(『デッドマン・ウォーキング』、『アイ・アム・サム』、『ミスティック・リバー』、『ミルク』)
  • トム・ハンクス(『フォレスト・ガンプ/一期一会』、『プライベート・ライアン』、『キャスト・アウェイ』、『キャプテン・フィリップス』)
  • レオナルド・ディカプリオ(『アビエイター』、『ブラッド・ダイヤモンド』、『J・エドガー』、『レヴェナント: 蘇えりし者』)
5回
  • デンゼル・ワシントン(『ザ・ハリケーン』、『トレーニングデイ』、『フライト』、『フェンス』、『ローマン・J・イスラエル,エスク』)

外部リンク編集