八丁堀の七人

日本のテレビドラマ

八丁堀の七人』(はっちょうぼりのしちにん)は、2000年から2006年までテレビ朝日系で放送された、片岡鶴太郎村上弘明主演の時代劇シリーズである。テレビ朝日・東映の共同制作により第7シリーズまで制作された。

八丁堀の七人
ジャンル 時代劇
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ朝日
監督 斎藤光正 ほか
脚本 藤井邦夫 ほか
出演者 片岡鶴太郎
山下徹大
日野陽仁
おりも政夫
萬田久子
末吉宏司
楠年明
石倉三郎
村上弘明
第1シリーズ
放送時間 木曜 19:00 - 19:55(55分)
放送期間 2000年1月13日 - 3月16日(10回)
第2シリーズ
放送時間 木曜 19:00 - 19:55(55分)
放送期間 2001年1月18日 - 3月15日(9回)
第3シリーズ
放送時間 月曜 19:00 - 19:55(55分)
放送期間 2002年1月7日 - 3月11日(10回)
第4シリーズ
放送時間 月曜 19:00 - 19:55(55分)
放送期間 2003年1月6日 - 3月10日(10回)
第5シリーズ
放送時間 月曜 19:00 - 19:55(55分)
放送期間 2004年1月5日 - 3月8日(10回)
第6シリーズ
放送時間 月曜 19:00 - 19:55(55分)
放送期間 2005年1月10日 - 3月21日(10回)
第7シリーズ
放送時間 月曜 19:00 - 19:55(55分)
放送期間 2006年1月16日 - 3月6日(7+1[1]回)
テンプレートを表示

目次

概要編集

毎回のストーリー展開としては殺人事件が起きて、与力の青山と部下の同心六人を合わせた主役の七人が捜査していく上でそこに絡む人間模様を描き、最後は殺人犯を捕縛するというもの。仏田も青山も悪人を殺さずに捕らえる事を目的としているが、悪人が何か、善良に生きようとする(した)町人の誰にも言えない過去をばらそうとする時は口封じのために殺す事もあったりと、捕物劇というよりはサスペンスドラマ色の濃い時代劇であった。

第1(2000年)、第2(2001年)シリーズは、木曜日19:00 - 19:55「木曜時代劇」内で、第3(2002年)から第7(2006年)シリーズまでの間は、月曜日19:00 - 19:55「月曜時代劇」内で、毎年1月から3月にかけて放送された。

タイトルに「七人」と付いているにもかかわらず、当初は毎回仏田と青山だけがメインを張るという矛盾が目立った。これは後のシリーズにて、磯貝ほか5人を中心にそえた話を作ることによって、解消されることにはなる。

登場人物編集

八丁堀の七人 / 八丁堀の七人の関係者 / 北町奉行所 / 幕府 / その他 / ゲスト

八丁堀の七人編集

仏田八兵衛
演 - 片岡鶴太郎(番組の題字も担当)
北町奉行所定廻同心。別名「仏の八兵衛」と言われるほどお人よしで、他人に優しく自分には厳しい人柄からか人望も厚い。生真面目な性格故に上に食って掛かることも多かったり、一時期黒沢左門によって物書き同心に降格させられたこともあった。血の繋がっていない娘おやいを実の娘のように熱心に育てている。弥生とは喧嘩するほど仲が良いといった間柄だが、亡くした妻・お妙の事もあり、好きとはなかなか言い出せずにいる。但し、女心にやや鈍い面も。捕り物では独特の鉄製鉢巻(鉢金)をしている。捕り物の時は普通は法に則り生かして捕らえるが、本気で許し難い相手の場合のみ抜刀する事を辞さない。自宅で近所の子供の為に手作りの凧を作り、絵を描いたりしている。青山や磯貝からは「八」「八兵衛」、同僚からは「八兵衛さん」と呼ばれている。
松井兵助
演 - 山下徹大
北町奉行所定廻同心。若手で血気盛んな所があり、それが元で災難に巻き込まれることもある。一郎太と行動を共にする事が多い。
吉岡源吾
演 - 日野陽仁
北町奉行所定廻同心。脳天気な女好きの昼行灯な言動が多く、張り込みをしても眠ってしまう有様。真面目な兵助や一郎太には相手にされていない事も多い。それでも捕り物は一応こなしている。下世話な話題には詳しい。八兵衛の同期か先輩のようだが、基本的に八兵衛を「さん」付けで呼ぶ。
花田孫右衛門
演 - おりも政夫
北町奉行所定廻同心。八兵衛よりも先輩で「孫さん」と呼ばれている。子沢山の家庭で同心の給金だけでは生活出来ず、色々な内職をしており、特に楊子作りは何度となく登場する。捕り物では目潰しの粉を投げるのを得意としているが、時に間違えて同僚に投げつけてしまうことも。温厚篤実な人柄で皆に好かれている。書類調べを得意とする。
古川一郎太
演 - 末吉宏司
北町奉行所定廻同心。兵助と同年代で、プライベートも鍛錬を怠らない「真面目の虫」である。元々商家の出で、同心株を買ってもらって同心になった。七人の中では唯一、刀や十手を逆手に持つ。
磯貝総十郎
演 - 石倉三郎
北町奉行所筆頭同心。同心の中でも最古参で、鬼軍曹的ポジションである。青山や黒沢にゴマをすり、いなくなると悪口をいう面従腹背の姿勢を貫いており、商家から小銭を貰う役得も得意である。意外に愛妻家で夫婦仲も良いが、時として女性に弱い一面を見せることがあり、ある女のために家財道具を売り払おうとしたこともあった。八兵衛達には「磯貝さん」と呼ばれている。捕物出役の際には、やられそうになることもある。
青山久蔵
演 - 村上弘明[2]
北町奉行所与力。剣の腕も随一の上、常に一歩二歩先を見通しているかなりの切れ者。歯に衣着せぬ言動で、上役達に忌み嫌われている。無類の酒好きであるが、悪酔いして取り乱すことは決して無く、釣りも趣味のようである。部下の八兵衛とは捜査方法の違いなどでよく衝突するが、正義を貫く気持ちの強さは同じである為、部下の中でも一番信頼しており、特に容疑者を白状させる「落とし」のテクニックは八兵衛が奉行所で一番と言っている。仕事以外の場では上下関係無く気の置けない友人としても接している。そんな久蔵も父親としてはイマイチのところもあり、妻・おゆみを亡くしてからは息子の市之丞に少々手を焼いている。上司以外には「おいら」という一人称を使い、キザな物言いが特徴。捕り物では十手や刀を使わず、鉄鞭を使っている事が多い。八兵衛同様生かしておけない程の許し難い相手に対してのみ、抜刀する事を辞さない。八兵衛達からは「青山様」と呼ばれる。「葉菊紋」を家紋とするところから徳川譜代の青山氏の庶流を想定していると推定される(徳川譜代青山氏の本家は丹波篠山藩青山氏)。

八丁堀の七人の関係者編集

水原弥生
演 - 萬田久子(第2シリーズ - )
出身は長崎。後家であり、最初は青山への勘違いの恨みで八兵衛と同じ屋根の下で暮らすことになったが、誤解が解けた後も同居が続いている。骨接ぎ「彌生堂」の美人女医で腕は確かで、骨接ぎだけでなく外科等も出来るようである。姐御肌な性格であることからも周囲から頼りにされている。八兵衛との不思議な関係をよく聞かれる度にはぐらかしているが、始めは八兵衛を避けていた弥生も今は好きだと言い出せずにいて周囲は歯痒い思いをしている。また、兵助から好意を寄せられている。おやいに対しては、時には友人、時には姉、そして母親という感じで接しており、日頃から仲が良い。
青山市之丞
演 - 岡田翔太(第1シリーズ - )
青山久蔵の一人息子。八兵衛等とも面識がある。幼い頃に母・おゆみを亡くしている為か、自分がしっかりしないといけないという思いが強く「出来の良い子供」を演じてしまっている。それに疲れた仕草ものぞかせる。剣の腕はまだまだで、父には遠く及ばない。父の跡を継ぐべきか、好きな医学の道に進むか悩んでいたが、最終回に父親から長崎留学を勧められて意を決したようだった。おやいにほのかな恋心を抱いていた。
おやい
演 - 楯真由子(第4シリーズ - 第6シリーズ)
八兵衛の娘(実の娘ではない)であるが、しっかりもので母親のように接する事もある。思春期のため、八兵衛の事は少々重荷に感じているが、内心は本当に感謝していて弥生と早く一緒になって欲しいと願っている。市之丞にほのかな恋心を抱いており、それがために縁談を断ったこともあったが、第6シリーズ最終回で巡り会った実父・矢作数馬と旅立つ。
お袖
演 - 竹本聡子(第1シリーズ第2話 / 第3シリーズ第7話・第10話 / 第4シリーズ第4話 / 第5シリーズ第1話・第2話・第9話 / 第6シリーズ - )
磯貝総十郎と綾乃の娘。年頃なのだが、(父が望むような玉の輿の)結婚相手がいない(縁談がなかったわけではない)。源吾からは「チャラチャラしてるから無理」などと言われている。「彌生堂」の助手をしている。
綾乃 / うた
演 - 新海百合子(第1シリーズ第2話 / 第3シリーズ第7話・第10話 / 第4シリーズ第4話 / 第5シリーズ第2話・第10話 / 第6シリーズ第4話 / 第7シリーズ第6話・番外)
磯貝総十郎の妻。名前は第1シリーズから第3シリーズまでは「綾乃」、第4シリーズ以降は「うた」。

北町奉行所編集

跡部山城守
演 - 楠年明(第1シリーズ - 第6シリーズ)
北町奉行。どちらかといえば事なかれ主義。
黒沢左門
演 - 平泉成(第7シリーズ)[3]
北町奉行所年番方与力。青山よりも格上の与力で、目付の丹羽兵部の内意を受けて、青山を失脚させる事を目論む。八兵衛を物書き同心に降格させ、弥生に横恋慕している。「出来なきゃお前らはクビだ」が口癖。単なる悪役かと思いきや、弥生にプロポーズしたり、悪辣な丹羽と自身の正義心の間で思い悩む所もあった。最終的に青山・八兵衛らの純粋な正義心に心を動かされ、自分が丹羽の単なる捨て駒であると悟ったが、丹羽配下・角田庫之助に斬られた。

幕府編集

戸田若狭守
演 - 峰岸徹(第7シリーズ第7話)
幕府若年寄。将軍の信任厚い切れ者との評判だが、実は丹羽や火付盗賊改赤間主馬を裏で操る大悪人。
丹羽兵部
演 - 小沢象(第7シリーズ第6話・番外・第7話)
幕府目付。悪事を行っている自身に疑惑の目を向けている青山を、黒沢を使って失脚させようとする。

その他編集

徳松
演 - 鼓太郎(第1シリーズ - )
岡っ引き。特に誰所属という事なく、岡っ引きとして誠実に職務を果たしている。
おしん
演 - 谷本和美(第1シリーズ)
仕出し「つる屋」の従業員。
お駒
演 - 斎藤陽子(第1シリーズ)
八兵衛たち同心行きつけの仕出し「つる屋」の女将。

ゲスト編集

第1シリーズ / 第2シリーズ / 第3シリーズ / 第4シリーズ / 第5シリーズ / 第6シリーズ / 第7シリーズ

第1シリーズ(2000年)編集

第1話「人情同心が走る!謎が謎呼ぶだるま凧!?」
第2話「千両箱に罠を張れ!狙われた同心の娘」
第3話「与力をつけ狙う女!自害した姉の秘密…」
第4話「疑惑の目撃者!?女心…裏切られた初恋」
第5話「悪女が歌う子守唄!嘘の涙に隠された秘密…」
第6話「多重人格の女・私は殺していない!!」
第7話「涙のおとり捜査!人情同心が惚れた女」
  • おみね(船宿の酌婦) - 渡辺梓
  • 藤太(呉服問屋に押し入る) - 伊藤敏八
  • 矢吉(呉服問屋に押し入る) - 山西惇
第8話「息子に裁かれた女!命をかけた母の嘘」
第9話「女を襲う黒い影!?島帰りの男が落ちた罠」
第10話「北町同心VS火盗改め、切腹覚悟の大勝負!!」

第2シリーズ(2001年)編集

第1話「連続誘拐の謎!?帰ってきた人情同心」
第2話「偽りの恋文!女が犯した秘密の罪…」
第3話「老捕方の命…汚職事件の真相を暴け!」
第4話「殺された女将!赤ん坊の父親は同心!?」
第5話「人情同心怒る!!偽装心中の陰に島帰りの女の涙」
第6話「容疑者は息子!?放火魔を追うグズ同心!」
第7話「与力を刺した女!仕組まれた凶悪な罠」
第8話「人情同心VS冷徹与力!略奪愛の過酷なさだめ」、第9話「爆発炎上!さらば愛しき妻よ!!最後の大捕物」

第3シリーズ(2002年)編集

第1話「対決!北町の剃刀VS南町の狼」
第2話「壮絶大捕物!狙われた目撃者」
第3話「写楽殺し!地獄絵図の女」
第4話「消えた盗賊!船宿の女将の秘密」
第5話「与力を恨む女!闇に潜む権力者を暴け!」
第6話「二度消えた死体?嘘つき女が襲われた!」
第7話「母と名乗れない女、わが子と涙の対面」
第8話「捨て身の人質救出、愛する女を守れ!!」
第9話「獄門に笑う女!牢内にすべての謎が…」
第10話「大名行列への討入り!名誉を賭けた闘い!!」

第4シリーズ(2003年)編集

第1話「目撃証言を拒む少女!仏を捨てた鬼同心」
第2話「初恋の罠!黙秘する女取り立て屋!!」
第3話「北町奉行所VS幕府最強軍団!」
第4話「狙われた同心!奉行所の中に犯人が」
第5話「昔のオンナ!?用心棒になった鬼与力」
  • おとき(飲み屋の女将・元女郎) - 朝加真由美
  • 湊屋徳右衛門(船宿の主人) - 潮哲也
  • ツケを溜めている客 - 福本清三
第6話「島帰りの女スリ!裏切られた約束!?」
第7話「怒りの鉄拳!一目ぼれされた女医」
第8話「誘惑の甘い罠!恋に溺れた中年同心」
第9話「鼠小僧の離縁状!与力捨て身の対決」
第10話「切腹まであと二日!最後の激闘!!」

第5シリーズ(2004年)編集

第1話「あの七人が帰ってきた!!美人女将が仕組んだ罠!悲しい過去が殺意を招く」
第2話「奪われた父娘の絆!十手を捨てた同心」
第3話「突然の訪問者!妹と名のる女の復讐」
第4話「盗まれた赤ん坊!悪魔の唄う子守唄」
第5話「狙われた息子!闇に潜む般若の面」
第6話「女盗賊の涙!二人の息子が対立を…」
第7話「謎の深川心中!二度命を救われた女」
第8話「娘の初恋!好きな人の父は辻斬り!?」
第9話「与力を訴えた女!疑心暗鬼の八丁堀」
第10話「波乱の八丁堀!嫁舅の危険な関係」

第6シリーズ(2005年)編集

第1話「地獄を見た夫婦!幕府に恨みあり」、第2話「御金蔵破り!夫の恨みを晴らす女」
第3話「恐怖が忍び込む!亭主を密告した女」
第4話「昔、捨てた女!だまされた筆頭同心」
第5話「北町への挑戦状!死神と呼ばれた女」
第6話「人妻の秘密!奉行所の中で殺人が…」
第7話「火傷顔の男!生きていた反逆者!?」
第8話「殺人を目撃した女!証言に潜む過去」
第9話「悲しき夫婦愛!居酒屋占拠事件」
第10話「別れの時!全員抜刀の総力戦」

第7シリーズ(2006年)編集

第1話「八兵衛左遷!鬼与力が北町を分断!?」
第2話「消えた七人!?妖艶な女将が仕掛けた罠!!」
第3話「紫頭巾の人妻!乱れた調書に殺しの爪痕」
第4話「張り込まれた女!?過去からきた脅迫者!!」
第5話「浴槽の死美人!左門に連続殺人の疑い!?」
第6話「黒沢左門死す!!江戸を火の海にせよ!」
番外「隠密同心と賊の娘」
第7話「ついに完結!さらば七人!!江戸城乗込み」
  • 角田庫之助(浪人) - 春田純一
  • 赤間主馬(火付盗賊改) - 中田博久
  • 戸辺慎之介(火付盗賊改) - 石倉英彦
  • お咲(火付盗賊改に追われている少女) - 梅原真子[4]

スタッフ編集

放送日程編集

第1シリーズ編集

  • 2000年1月13日 - 3月16日、全10話。
話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督
第1話 2000年1月13日 人情同心が走る!謎が謎呼ぶだるま凧!? 藤井邦夫 斎藤光正
第2話 2000年1月20日 千両箱に罠を張れ!狙われた同心の娘 塙五郎
第3話 2000年1月27日 与力をつけ狙う女!自害した姉の秘密… 藤井邦夫 江崎実生
第4話 2000年2月3日 疑惑の目撃者!?女心…裏切られた初恋 ちゃき克彰
第5話 2000年2月10日 悪女が歌う子守唄!嘘の涙に隠された秘密… 塙五郎 石川一郎
第6話 2000年2月17日 多重人格の女・私は殺していない!! 藤井邦夫
第7話 2000年2月24日 涙のおとり捜査!人情同心が惚れた女 奥村俊雄 江崎実生
第8話 2000年3月2日 息子に裁かれた女!命をかけた母の嘘 ちゃき克彰
第9話 2000年3月9日 女を襲う黒い影!?島帰りの男が落ちた罠 奥村俊雄 和泉聖治
第10話 2000年3月16日 北町同心VS火盗改め、切腹覚悟の大勝負!! 塙五郎

第2シリーズ編集

  • 2001年1月18日 - 3月15日、全9話。
話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督
第1話 2001年1月18日 連続誘拐の謎!?帰ってきた人情同心 塙五郎 江崎実生
第2話 2001年1月25日 偽りの恋文!女が犯した秘密の罪… ちゃき克彰
第3話 2001年2月1日 老捕方の命…汚職事件の真相を暴け! 藤井邦夫 和泉聖治
第4話 2001年2月8日 殺された女将!赤ん坊の父親は同心!? ちゃき克彰
第5話 2001年2月15日 人情同心怒る!!偽装心中の陰に島帰りの女の涙 奥村俊雄 江崎実生
第6話 2001年2月22日 容疑者は息子!?放火魔を追うグズ同心! 塙五郎
第7話 2001年3月1日 与力を刺した女!仕組まれた凶悪な罠 奥村俊雄 石川一郎
第8話 2001年3月8日 人情同心VS冷徹与力!略奪愛の過酷なさだめ 藤井邦夫 斎藤光正
第9話 2001年3月15日 爆発炎上!さらば愛しき妻よ!!最後の大捕物 塙五郎

第3シリーズ編集

  • 2002年1月7日 - 3月11日、全10話。
話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督
第1話 2002年1月7日 対決!北町の剃刀VS南町の狼 藤井邦夫 和泉聖治
第2話 2002年1月14日 壮絶大捕物!狙われた目撃者 斎藤光正
第3話 2002年1月21日 写楽殺し!地獄絵図の女 塙五郎 和泉聖治
第4話 2002年1月28日 消えた盗賊!船宿の女将の秘密 井川公彦 斎藤光正
第5話 2002年2月4日 与力を恨む女!闇に潜む権力者を暴け! 藤井邦夫 石川一郎
第6話 2002年2月11日 二度消えた死体?嘘つき女が襲われた! ちゃき克彰 和泉聖治
第7話 2002年2月18日 母と名乗れない女、わが子と涙の対面 江崎実生
第8話 2002年2月25日 捨て身の人質救出、愛する女を守れ!! 奥村俊雄
第9話 2002年3月4日 獄門に笑う女!牢内にすべての謎が… 塙五郎 和泉聖治
第10話 2002年3月11日 大名行列への討入り!名誉を賭けた闘い!! 石川一郎

第4シリーズ編集

  • 2003年1月6日 - 3月10日、全10話。
話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督
第1話 2003年1月6日 目撃証言を拒む少女!仏を捨てた鬼同心 塙五郎 斎藤光正
第2話 2003年1月13日 初恋の罠!黙秘する女取り立て屋!! 藤井邦夫
第3話 2003年1月20日 北町奉行所VS幕府最強軍団! ちゃき克彰 江崎実生
第4話 2003年1月27日 狙われた同心!奉行所の中に犯人が 一倉治雄
第5話 2003年2月3日 昔のオンナ!?用心棒になった鬼与力 藤井邦夫 江崎実生
第6話 2003年2月10日 島帰りの女スリ!裏切られた約束!? 奥村俊雄 石川一郎
第7話 2003年2月17日 怒りの鉄拳!一目ぼれされた女医 江崎実生
第8話 2003年2月24日 誘惑の甘い罠!恋に溺れた中年同心 一倉治雄
第9話 2003年3月3日 鼠小僧の離縁状!与力捨て身の対決 塙五郎 石川一郎
第10話 2003年3月10日 切腹まであと二日!最後の激闘!! 藤井邦夫 江崎実生

第5シリーズ編集

  • 2004年1月5日 - 3月8日、全10話。
  • 第1話は19時00分から20時54分の1時間54分SP。
話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督
第1話 2004年1月5日 あの七人が帰ってきた!!美人女将が仕組んだ罠!
悲しい過去が殺意を招く
藤井邦夫 斎藤光正
第2話 2004年1月12日 奪われた父娘の絆!十手を捨てた同心 ちゃき克彰 江崎実生
第3話 2004年1月19日 突然の訪問者!妹と名乗る女の復讐 藤井邦夫 斎藤光正
第4話 2004年1月26日 盗まれた赤ん坊!悪魔の唄う子守唄 塙五郎
第5話 2004年2月2日 狙われた息子!闇に潜む般若の面 尾西兼一
第6話 2004年2月9日 女盗賊の涙!二人の息子が対立を… 藤井邦夫
西内翠
石川一郎
第7話 2004年2月16日 謎の深川心中!二度命を救われた女 奥村俊雄 江崎実生
第8話 2004年2月23日 娘の初恋!好きな人の父は辻斬り!?
第9話 2004年3月1日 与力を訴えた女!疑心暗鬼の八丁堀 ちゃき克彰 石川一郎
第10話 2004年3月8日 波乱の八丁堀!嫁舅の危険な関係 塙五郎 江崎実生

第6シリーズ編集

  • 2005年1月10日 - 3月21日、全10話。
話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督
第1話 2005年1月10日 地獄を見た夫婦!幕府に恨みあり 藤井邦夫 斎藤光正
第2話 2005年1月17日 御金蔵破り!夫の恨みを晴らす女
第3話 2005年1月24日 恐怖が忍び込む!亭主を密告した女 石川一郎
第4話 2005年1月31日 昔、捨てた女!だまされた筆頭同心 奥村俊雄 江崎実生
第5話 2005年2月14日 北町への挑戦状!死神と呼ばれた女 ちゃき克彰
第6話 2005年2月21日 人妻の秘密!奉行所の中で殺人が… 塙五郎 斎藤光正
第7話 2005年2月28日 火傷顔の男!生きていた反逆者!? 石川一郎
第8話 2005年3月7日 殺人を目撃した女!証言に潜む過去 ちゃき克彰 江崎実生
第9話 2005年3月14日 悲しき夫婦愛!居酒屋占拠事件 奥村俊雄 斎藤光正
第10話 2005年3月21日 別れの時!全員抜刀の総力戦 ちゃき克彰 江崎実生

第7シリーズ編集

  • 2006年1月16日 - 3月6日、全7話 + 番外。
話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督
第1話 2006年1月16日 八兵衛左遷!鬼与力が北町を分断!? 藤井邦夫 斎藤光正
第2話 2006年1月23日 消えた七人!?妖艶な女将が仕掛けた罠!! ちゃき克彰
第3話 2006年1月30日 紫頭巾の人妻!乱れた調書に殺しの爪痕 江崎実生
第4話 2006年2月6日 張り込まれた女!?過去からきた脅迫者!! 奥村俊雄
第5話 2006年2月13日 浴槽の死美人!左門に連続殺人の疑い!? 塙五郎 石川一郎
第6話 2006年2月20日 黒沢左門死す!!江戸を火の海にせよ! 奥村俊雄
番外 2006年3月4日 隠密同心と賊の娘 藤井邦夫
第7話 2006年3月6日 ついに完結!さらば七人!!江戸城乗込み ちゃき克彰

パチンコ編集

2011年6月、藤商事より『CR八丁堀の七人』が発売された[11]

脚注編集

  1. ^ 関東地区では3月4日午前10時20分から11時45分に、第7シリーズの総集編と併せて、未公開の1話分を放映している。尚、この話は再放送時には(全8話中)第6話として放送されることが多い。
  2. ^ “新しい時代劇スター「村上弘明」が色っぽい”. ジェイ・キャスト. (2007年3月13日). http://www.j-cast.com/tv/2007/03/13006146.html 2016年4月29日閲覧。 
  3. ^ 片岡鶴太郎主演の人気時代劇シリーズに新メンバーが加入”. ORICON STYLE (2006年1月16日). 2016年4月29日閲覧。
  4. ^ a b c d プロフィール - ぐるうぷ香住(アーカイブ)
  5. ^ プロフィール - ギュラマネージメント
  6. ^ a b プロフィール - ヒラタオフィス
  7. ^ bug”. ORICON STYLE. 2016年4月29日閲覧。
  8. ^ 地上のスピード”. ORICON STYLE. 2016年4月29日閲覧。
  9. ^ 抱きしめたい”. レコチョク. 2016年4月29日閲覧。
  10. ^ 春夏秋冬”. レコチョク. 2016年4月29日閲覧。
  11. ^ 藤商事『CR八丁堀の七人』発表会レポ!!”. まんさいパチ&スロ (2011年5月11日). 2016年4月29日閲覧。

外部リンク編集