八事霊園

名古屋市天白区の墓地

八事霊園(やごとれいえん、Yagoto Cemetery Park)は、愛知県名古屋市天白区(一部昭和区に跨る)にある墓地である。本記事では、霊園内にある八事斎場についてもあわせて述べる。

八事霊園の位置(愛知県内)
八事霊園
八事霊園の位置
八事霊園
2021年令和3年)7月)

概要編集

八事霊園編集

八事霊園は大正時代[注釈 1]から昭和30年代にかけて八事山と呼ばれる丘陵地に名古屋市が整備した霊園で、約5万の墓碑がある[2]

開園した1915年(大正4年)から1930年(昭和5年)頃までは尾張電気軌道名古屋市電の前身の一つ)が既存の路線を延ばす形で乗り入れて電車版の霊柩車が走っていた。現在ではお盆などの時期に交通規制が行われるため、市は公共交通機関の利用を呼びかけている。

霊園の西側には納骨堂があり、遺骨保管施設として利用されている[2]

八事斎場編集

八事霊園の北部には、火葬場である「八事斎場」があり、人間だけでなくペットの火葬も行っている。八事斎場は1915年(大正4年)から使用されている斎場で、46基の火葬炉(動物用は2基)がある[3]。八事斎場には告別室や収骨室はない。また、2011年平成23年)12月より友引の日も火葬を行っている[3]

炉の数は日本の火葬場の中で最も多いが、1960年(昭和35年)まで中村区に存在した米野斎場や1979年(昭和54年)まで熱田区に存在した野立斎場を除けば名古屋市内で唯一の火葬場で(実際には港区協和に舟入斎苑があるが、これは名古屋市ではなく海部郡蟹江町の火葬場である)、さらには火葬場のない近隣市町村[注釈 2]の火葬も行っていたため常に混雑していた。2015年(平成27年)7月、名古屋市は八事斎場の老朽化と混雑を受け、港区南陽地区(イオンモール名古屋茶屋東側)に名古屋市立第二斎場を開設した(7月13日稼働開始)[4]。ただし、第二斎場ではペットの火葬は行っていない。

第二斎場開業後の取り扱い編集

第二斎場の開業に伴い八事斎場のキャパシティに余裕ができ、八事斎場の業務体制も変化した。

友引の日は再び休業日になったが、以前のような全休ではなく、八事斎場または第二斎場のいずれか一方を休業する体制になった。

火葬場の利用料金は両斎場とも同額で、どちらを利用するかは遺族が決める。ただし、第二斎場はいわゆる宮型霊柩車の使用はできない。

火葬が行われた主な有名人編集

ギャラリー編集

周辺編集

アクセス編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 『総合名古屋市年表』によれば、1912年大正元年)10月26日、当時愛知郡天白村大字八事字裏山と呼ばれていた地に名古屋市共葬墓地新設の認可があり、実施設計もまもなく着手されたとある[1]
  2. ^ 日進市豊明市長久手市など。近年日進市では豊田市の古瀬間聖苑、豊明市では知立市の逢妻浄苑、長久手市では瀬戸市の瀬戸市斎苑や豊田市の古瀬間斎苑でも行っている。

出典編集

  1. ^ 名古屋市会事務局 1963, p. 185.
  2. ^ a b c d 名古屋市健康福祉局 八事霊園・斎場管理事務所霊園係 (2017年1月13日). “八事霊園・愛宕霊園” (日本語). 名古屋市. 2017年8月20日閲覧。
  3. ^ a b c d 名古屋市健康福祉局 八事霊園・斎場管理事務所斎場係 (2017年2月10日). “八事霊園” (日本語). 名古屋市. 2017年8月20日閲覧。
  4. ^ 名古屋市健康福祉局 健康部環境薬務課斎場整備担当 (2013年2月6日). “名古屋市:新しい斎場(第2斎場)づくりを進めます(市政情報)”. 2014年7月6日閲覧。

参考文献編集

  • 名古屋市会事務局 編(日本語) 『名古屋市会史 別巻第2 総合名古屋市年表(大正編)』名古屋市会事務局、1963年3月10日。全国書誌番号:49011382 

関連項目編集

外部リンク編集

座標: 北緯35度8分28秒 東経136度58分15.7秒 / 北緯35.14111度 東経136.971028度 / 35.14111; 136.971028