メインメニューを開く

八代連隊区(やつしろれんたいく)は、大日本帝国陸軍連隊区の一つ。1907年(明治40年)に設置され、熊本県鹿児島県の一部地域の徴兵召集等の兵事事務を取り扱った。1925年(大正14年)に廃止された。

沿革編集

日本陸軍の内地19個師団体制に対応するため陸軍管区表が改正(明治40年9月17日軍令陸第3号)され[1]、1907年10月1日、八代連隊区を新設し第6師管第11旅管に属した。その管轄区域は陸軍管区表(明治40年軍令陸第3号)により次のとおり定められた。管轄区域は熊本県区域が熊本連隊区から、鹿児島県区域は鹿児島連隊区都城連隊区から編入して形成された。

  • 熊本県
八代郡球磨郡葦北郡
  • 鹿児島県
伊佐郡姶良郡出水郡薩摩郡

日本陸軍の第三次軍備整理に伴い陸軍管区表が改正(大正14年4月6日軍令陸第2号)され[2]、1925年5月1日に八代連隊区は廃止された。旧管轄区域は二分割され、熊本県区域は熊本連隊区に、鹿児島県区域は鹿児島連隊区に編入された。

司令官編集

  • 杉江勝次郎 輜重兵少佐:1907年10月3日 - 11月13日
  • 原粛郎 輜重兵少佐:1907年11月13日 - 1911年9月28日
  • 野島貫一 歩兵中佐:1911年9月28日 - 1913年8月22日
  • 家永直太郎 歩兵中佐:1913年8月22日 - 1915年8月10日
  • 藤井知行 歩兵中佐:1915年8月10日 - 1918年7月24日[3]
  • 相良広一 歩兵中佐:1918年7月24日[3] - 1921年7月20日[4]
  • 押川公実 歩兵大佐:1921年7月20日[4] - 1923年8月6日[5]
  • 大森勝 歩兵大佐:1923年8月6日[5] -

脚注編集

  1. ^ 『陸軍軍戦備』57-58頁。
  2. ^ 『陸軍軍戦備』101頁。
  3. ^ a b 『官報』第1794号、大正7年7月25日。
  4. ^ a b 『官報』第2692号、大正10年7月21日。
  5. ^ a b 『官報』第3306号、大正12年8月7日。

参考文献編集