八坂沙織

日本の女優、元アイドル

八坂 沙織(やさか さおり、1989年2月16日[2] - )は、日本女優。女性アイドルグループSUPER☆GiRLSの元メンバーで初代リーダー。

やさか さおり
八坂 沙織
本名 井出沙織(結婚後)
生年月日 (1989-02-16) 1989年2月16日(32歳)
出生地 日本の旗 日本東京都文京区
身長 161cm
血液型 A型
職業 女優アイドルライバー
ジャンル 舞台
活動期間 2010年 -
配偶者 井出卓也(2021年 - )
事務所 フリーランス(2016年8月 - )
エイベックス・ヴァンガード(2013年10月 - 2016年7月)[注 1]
エイベックス・マネジメント(2010年6月 - 2013年9月)
備考
iDOL Street(2010年 - 2016年)
SUPER☆GiRLS元メンバー
テンプレートを表示

東京都文京区出身。2016年7月まではエイベックス・ヴァンガードに所属[3] 、以降はフリーランスで活動中。愛称は、さおりーぬ

略歴編集

2010年6月12日、『avex アイドルオーディション 2010』に合格し、女性アイドルグループ・SUPER☆GiRLSのメンバーとなる。

2013年12月22日、「iDOL Street Carnival 2013 WINTER X'mas Special 〜これが私のアイドル道〜」にて2014年2月23日をもってSUPER☆GiRLSを卒業することを発表した[4][5][6]

卒業のきっかけとなったのは2013年の秋、東宝ミュージカル「サ・ビ・タ」のオーディションを受け、ヒロインのユ・ミリ役の座を射止めたことから始まり、ミュージカル女優を本気で目指すようになった[7]

2014年2月23日にSUPER☆GiRLSを卒業し、iDOL Streetに籍を残したままソロ活動を行ったが、2016年7月31日をもってエイベックス・ヴァンガードの専属契約を終了[3]。フリーランスとして舞台出演を中心とした活動を開始した。配信アプリPocochaライバーとしても活動中。また、Pocochaのイベントにて雑誌SPRiNGの掲載権を獲得、2021年7月号にてファッションモデルデビューした。

2021年5月8日、俳優の井出卓也との結婚を自身のファンクラブサイトで発表[2]、同9日にはTwitterで報告した[2][8]

人物編集

SUPER☆GiRLS在籍時のイメージカラー(超絶カラー)はスカイブルー、公式ニックネーム「さおりーぬ」、キャッチコピーは「日本の未来にゆるさと萌え〜を届けるまである」[9][10]

過去にベストワンプロに所属していた。また、メイド喫茶で働いていた経歴を持つ。自身がアイドルであるとともにアイドル好き[11]

作品編集

インディーズ編集

  • ファクトリーヌ(2018年2月25日)

参加楽曲編集

5. 初恋グラフィティ(八坂沙織 Special Solo Version)
  • ジン ジン ジングルベル(2013年12月4日、トゥィンクルヴェール from SUPER☆GiRLS名義) - 八坂・志村・渡邉ひ・宮﨑・勝田・荒井

映像作品編集

  • 滝口炎上(2016年5月16日)

出演編集

舞台編集

  • アリスインプロジェクト時空警察ヴェッカーχ ノエルサンドレ』(2011年11月1日 - 6日、荻窪 魁ホール) - 時空刑事アリサ / 麻宮亜里沙 役
  • 東宝ミュージカル『サ・ビ・タ 〜雨が運んだ愛〜』(2014年3月20日 - 4月6日、青山円形劇場/4月11日・12日追加公演、かめありリリオホール/4月15日・16日追加公演、サンケイホールブリーゼ) - ユ・ミリ 役(TEAM Y ヒロイン)[12]
  • ミュージカル『ファウスト 〜愛の剣士たち〜』(2014年6月27日 - 7月7日、AiiA Theater Tokyo/7月12日・13日、森ノ宮ピロティホール) - イースト国マルガレーテ王女 役
  • リーディングドラマ『その後のふたり』(2014年7月20日、東京グローブ座) ー 七海 役
  • STANDARDSONG Presents MUSICAL『ファンタジープラネット —アリスとシンデレラの冒険—』(2014年11月6日 - 11月9日、六行会ホール)- シンデレラ 役
  • 柿喰う客 女体シェイクスピア007『完熟リチャード三世』(2015年2月5日 - 2月17日、吉祥寺シアター/2月21日 - 2月24日、ABCホール/2月28日、大垣市スイトピアセンター文化ホール) - エドワード、アン、ヨーク、リッチモンド 役
  • 神様はじめました THE MUSICAL♪』(2015年3月21日 - 3月29日、東京芸術劇場中ホール(プレイハウス)) - 鳴神姫 役
  • 『滝口炎上』(2015年5月29日 - 30日、明治座) - おみつ 役
  • SOLID STARプロデュースVol.4『三ツ星に願いを!』(2015年7月8日 - 12日、俳優座劇場
  • 『武士白虎〜もののふ白き虎〜』(2015年9月17日 - 27日、天王洲銀河劇場/10月1日、アートピアホール/10月3日 - 4日、梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ) - かなえ 役
  • 空想組曲 vol.12『小さなお茶会。』(2015年12月5日 - 13日、CBGKシブゲキ!!) - りさこ 役
  • SOLID STARプロデュースVol.6『ヨビコー!!〜You be cool !〜』(2016年3月2日 - 6日、六行会ホール)
  • GRASP produce vol.4『龍狼伝 第二章』(2016年4月6日 - 10日、シアター1010) - 泉真澄 役
  • ホチキスプロデュース『HUNGRY〜伝説との距離〜』(2016年7月21日 - 24日、CBGKシブゲキ!!)
  • ナイスコンプレックスN25『かぜのゆくえ』(2016年8月10日 - 14日、ザ・ポケット) - 主演
  • アリスインプロジェクト『魔銃ドナークロニクル』(2016年9月28日 - 10月2日、六行会ホール) - 御船彼岸子 役[13]
  • LIVEDOGプロデュース『鬼斬 -the powerful performance-』(2016年11月23日 - 27日、シアターサンモール) - 静御前 役
  • 舞台版「ロードス島戦記 灰色の魔女」』(2017年1月6日 - 14日、紀伊國屋サザンシアター) - パーン母親 役
  • ナイスコンプレックスN27『キスより素敵な手を繋ごう』(2017年2月22日 - 26日、あうるすぽっと
  • オッドエンタテインメント『サイレントメビウス』(2017年3月29日 - 4月2日、シアターサンモール) - 闇雲那魅 役
  • 『「リトルマン・メイト」〜愛はソーラン、ニシンから守れ〜』(2017年5月17日 - 21日、新宿村LIVE)
  • アリスインプロジェクト『バックイン・ミレニアム』(2017年8月9日 - 16日、新宿村LIVE) - 神楽坂京香 役[14]
  • オッドエンタテインメント『まじかるすいーと プリズム・ナナ ザ・スターリーステージ』(2017年9月13日 - 18日、サンシャイン劇場) - 静御前 役[15]
  • アリスインプロジェクト『アリスインデッドリースクール・ノクターン』(2017年10月4日 - 9日、新宿村LIVE) - 氷鏡庵 役[16]
  • ASSH十五周年記念舞台『雷ケ丘に雪が降る』(2017年12月20日 - 24日、俳優座劇場) - 櫛名 役
  • mg Act1『The Entertainer〜新しき旗〜』(2018年3月1日 - 5日、シアターグリーン BIG TREE THEATER
  • アリスインプロジェクト『続・魔銃ドナー 〜アーティフィシャル ダイアリシス〜』(2018年4月11日 - 15日、新宿村LIVE) - 乃木ウタ子 役
  • ベニバラ兎団 Produce Theater 18th STAGE『FRIDAY the 13th. 〜週末の13怪談〜』(2018年6月5日 - 10日、中野HOPE)
  • ベニバラ兎団vol.24 〜Extra Special Stage〜 Episode 2『破格ノ七人 II』(2018年7月19日 - 22日、テアトルBON BON)
  • アリスインプロジェクト『アリスインデッドリースクール 楽園』(2018年8月9日 - 17日、シアターKASSAI) - 竹内珠子 役
  • アリスインプロジェクト『最果ての星〜アリスインデッドリースクール外伝〜』(2018年8月23日 - 9月2日、シアターKASSAI) - 八剣多佳 役
  • 第10回 しまぁ〜ん共和国 本公演『鬼だけ殺っしアムッ!』(2018年9月11日 - 17日、新宿シアターモリエール)
  • Fate/Grand Order THE STAGE -絶対魔獣戦線バビロニア-』(2019年1月11日 - 14日、サンケイホールブリーゼ/1月19日 - 27日、日本青年館ホール)- イシュタル 役[17]
  • 小川細川企画『くるおしき綾、絢爛なれ』(2019年2月28日 - 3月3日、シアターKASSAI)
  • ベニバラ兎団vol.25『ICE CREAM GOOD BYE-完結篇-』(2019年4月3日 - 7日、新宿村LIVE)
  • 『天狗ON THE RADIO』(2019年5月2日 - 6日、東京芸術劇場シアターウエスト)
  • カガミ想馬プロデュース『「イリクラ」-2019- 〜Iridescent Clouds〜』(2019年7月18日 - 22日、シアターグリーン BIG TREE THEATER)[18]
  • DMF/ENG提携公演vol.5『LAST SMILE -ラストスマイル-』(2019年8月23日 - 9月1日、シアターグリーン BIG TREE THEATER)[19]
  • 『シーラカンスアピアランス』(2019年9月25日 - 30日、Theater新宿スターフィールド) - 主演[20]
  • 松扇アリス『オトナインデッドリースクール』(2019年10月6日 - 8日、シアターKASSAI) - ゲスト
  • アリスインプロジェクト『アリスインデッドリースクールコネクト』(2019年11月7日 - 10日、新宿村LIVE) - 氷鏡庵 役
  • オッドエンタテインメント『ナナステ☆ SUITEVE STORY'S 〜飛鳥と鳥かご〜』(2019年11月13日 - 17日、新宿村LIVE) - 静御前 役
  • アリスインプロジェクト『アリスインアリスinデッドリースクール』(2019年12月12日 - 23日、シアターKASSAI) - イオリ・ヒカミ 役
  • ベニバラ兎団vol.26『追憶SUNSETLOOP』(2019年12月29日、キンケロ・シアター
  • リトル堂プロデュースvol.01『エーテルコード』(2020年1月15日 - 19日、テアトルBONBON) - ヒカリ 役
  • UDA☆MAP NEXT Vol.1『KAIRO -カイロ-』(2020年2月5日- 12日、萬劇場) - 環クラルク 役
  • VACAR ENTERTAINMENT『チェンジオブワールド』(2020年3月6日 - 16日、シアターグリーン BOX in BOX THEATER) - 堀めぐみ 役(Bチーム)[21]
  • 『舞台「アイとアイザワ」』(2020年7月4日 - 12日、シアターグリーン BIG TREE THEATER) - 周防花 役[22]
  • 脳漿炸裂ガール2 〜俗物奇行〜Anarchy in the Journey』(2021年6月2日 - 6日、六行会ホール) - 主演 乱躁滅裂ガール 役

映画編集

  • アリスインデッドリースクール・アジタート[23](2017年10月、監督:山岸謙太郎) - 氷鏡庵 役[24]
  • 劇団6番シード
    • 「Dプロジェクト」シーナ編(2018年3月、監督:山岸謙太郎) - 登紀子 役
    • ディープロジック(2020年1月、監督:山岸謙太郎)

テレビドラマ編集

テレビ編集

CM編集

  • イトーヨーカドー
    • 「夏のザ・バーゲン」篇 (2012年6月27日 - 7月3日)[26]
    • 「スーパーボーナスポイントセール」篇(2013年11月20日 - 26日)

MV編集

キャンペーン編集

  • SUPER☆GiRLS八坂沙織の夏デコplus-i Supported by KIRIN Plus-i(2013年7月、日テレ7

イベント編集

  • SUPER☆ガールズトーク(2014年5月4日、イトーヨーカドー東大和店)
  • 八坂沙織 音楽会
    • 〜SAORI'S MELODY〜(2014年11月24日、7th FLOOR
    • 〜SAORI'S MELODY2〜(2015年4月25日、La Donna)
    • 〜SAORI'S MELODY3〜(2016年2月7日、秋葉原CLUB GOODMAN)
    • 〜SAORI'S MELODY3 追加公演〜(2016年3月25日、SHIBUYA CYCLONE)
    • 〜SAORI'S MELODY4〜(2017年2月12日、新宿RUIDO K4)
    • 〜SAORI'S MELODY5〜(2017年7月22日、La Donna)
    • 〜SAORI'S MELODY6〜(2018年2月25日、新宿RUIDO K4)
    • 〜SAORI'S MELODY7・8〜(2019年6月16日、新宿RUIDO K2)

携帯電話配信動画編集

  • 男♂が知りたいランキング(2010年8月20日 - 2011年1月16日、毎週日曜更新、BeeTV)

書籍編集

雑誌編集

写真集編集

カレンダー編集

  • 八坂沙織 (SUPER☆GiRLS) カレンダー 2013年(2012年10月17日、ハゴロモ

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 2013年10月1日にエイベックス・マネジメントから会社分割[1]

出典編集

  1. ^ “エイベックス、AMG事業の一部を会社分割し新会社3社を設立”. Musicman-NET (エフ・ビー・コミュニケーションズ). (2013年8月27日). http://www.musicman-net.com/business/28442.html 2013年11月23日閲覧。 
  2. ^ a b c “元スパガ初代リーダー八坂沙織が井出卓也との結婚を報告「人生を豊かに」”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2021年5月9日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202105090000544.html 2021年5月9日閲覧。 
  3. ^ a b 大切なお知らせです。” (2016年8月19日). 2016年9月2日閲覧。
  4. ^ 「SUPER☆GiRLS」リーダー・八坂沙織が来年2月卒業”. スポーツニッポン (2013年12月22日). 2013年12月22日閲覧。
  5. ^ 「SUPER☆GiRLS Next Street 2014」本日の発表内容”. SUPER☆GiRLS公式サイト (2013年12月22日). 2013年12月23日閲覧。
  6. ^ 大切なお知らせ”. SUPER☆GiRLS八坂沙織公式ブログ (2013年12月22日). 2013年12月23日閲覧。
  7. ^ 『BOMB』2014年3月号、学研パブリッシング、2014年2月、 83頁。
  8. ^ 八坂沙織オフィシャル🐰🥀 [@YasakaSaori] (2021年5月9日). "昨日ファンクラブへ向けて発表させていただきました。改めましてTwitterでもご報告です。" (ツイート). Twitterより2021年5月9日閲覧
  9. ^ a b 高倉文紀「人気者の言葉力 PART④女子編 "総選挙"時代のアイドルはどんなキャッチフレーズ?」『日経エンタテインメント!』第14巻第18号、日経BP社、2010年11月、 pp.60、2010年10月10日閲覧。
  10. ^ プロデューサーの樋口竜雄曰く、八坂が秋葉原で働いていた経験があることから、オタク的な用語である「まである」をキャッチコピーに使用した[9]
  11. ^ ニッポン放送ミュ〜コミ+(プラス)』(2011年6月8日放送分
  12. ^ SUPER☆GiRLS・八坂沙織、東宝ミュージカル『サ・ビ・タ』ヒロイン役に大抜擢”. BARKSニュース. BARKS (2013年11月10日). 2013年11月11日閲覧。
  13. ^ 八坂沙織、舞台『魔銃ドナークロニクル』で5年ぶりのアリスインプロジェクトに出演 GirlsNews 2016年9月21日
  14. ^ 八坂沙織、小林亜実/アリスイン最新作は久保田唱の「バックイン・ミレニアム」。名作ハイミレのアナザーストーリーだ”. StereoSound. ステレオサウンド (2017年8月11日). 2017年12月23日閲覧。
  15. ^ 前田希美、三秋里歩/舞台「まじかるすいーとプリズム・ナナ〜」開演。正統派ミュージカルとも言える見事な出来栄え”. StereoSound. ステレオサウンド (2017年9月14日). 2017年12月23日閲覧。
  16. ^ 舞台「アリスインデッドリースクール・ノクターン」”. OVERTURE. BitPure (2017年10月6日). 2017年12月23日閲覧。
  17. ^ ギルガメッシュ役は丘山晴己!舞台「FGO」エルキドゥ役に山崎晶吾”. ステージナタリー. 2018年10月19日閲覧。
  18. ^ アルバイトの戦隊ヒーローが背負った使命とは?「イリクラ」に星璃ら”. ステージナタリー. ナターシャ (2019年7月8日). 2019年7月21日閲覧。
  19. ^ 空の上の異世界を描く"タイムループ冒険活劇"「LAST SMILE」”. ステージナタリー. ナターシャ (2019年7月16日). 2019年7月21日閲覧。
  20. ^ 八坂沙織、ミュージカル『シーラカンスアピアランス』で薬物中毒の難役に挑戦”. GirlsNews. レゾリューション (2019年9月27日). 2019年10月25日閲覧。
  21. ^ 鄭光誠脚本・演出「チェンジオブワールド」が6度目の上演”. ステージナタリー. ナターシャ (2020年2月24日). 2020年3月13日閲覧。
  22. ^ "JKとAI"描くマンガ「アイとアイザワ」舞台化、田上真里奈&龍人が出演”. ステージナタリー. ナターシャ (2020年3月24日). 2020年7月11日閲覧。
  23. ^ 船岡咲、中塚智実/映画『アリスインデッドリースクール・アジタート』完成! 「ロックでポップな映像を目指しました」(山岸監督) StereoSound 2017年10月16日
  24. ^ 映画『アリスインデッドリースクール・アジタート』キャストインタビュー(3)〜八坂沙織 StereoSound 2017年10月13日
  25. ^ 福岡恋愛白書8”. 九州朝日放送 (2013年). 2013年2月18日閲覧。
  26. ^ 八坂沙織オフィシャル [@YasakaSaori] (2021年5月21日). "今月号(7月号)からSPRiNG専属モデルになりました" (ツイート). Twitterより2021年5月21日閲覧

関連項目編集

外部リンク編集