メインメニューを開く

八塩 圭子(やしお けいこ、1969年9月12日 - )は、日本のフリーアナウンサー、元テレビ東京アナウンサー東洋学園大学准教授。株式会社シグマ・セブンフェイス所属。本名は金子 圭子(かねこ けいこ、旧姓:八塩)。

やしお けいこ
八塩 圭子
プロフィール
本名 金子 圭子
出身地 日本の旗 日本 東京都渋谷区
生年月日 (1969-09-12) 1969年9月12日(50歳)
血液型 A型
最終学歴 上智大学法学部法律学科
法政大学大学院社会科学研究科経営学専攻修士課程
所属事務所 シグマ・セブンフェイス
職歴テレビ東京アナウンサー
活動期間 1994年 -
ジャンル 報道・情報・バラエティ
配偶者 金子達仁(ジャーナリスト)
公式サイト 公式ホームページ
出演番組・活動
出演中 東洋学園大学現代経営学部准教授
出演経歴出没!アド街ック天国
めざましどようび
朝ズバッ!』(隔週金曜日コメンテーター)など
備考
1993年の入社から1年間は報道局経済部記者

目次

人物編集

東京都渋谷区出身、東京都立青山高等学校を経て上智大学法学部法律学科卒業。学位は、法学士法政大学大学院社会科学研究科経営学専攻修士課程修了。身長163cm。スポーツジャーナリストの金子達仁は夫である。

テレビ東京でアナウンサーを務め、バラエティー番組、『出没!アド街ック天国』でのタレント愛川欽也との共演などで知られた。また同局では『ニュース日経夕刊』や『株式ワイドオープニングベル』など、ニュース・経済番組も担当していた。

経歴編集

大学卒業後の1993年平成5年)4月、テレビ東京に入社、報道局経済部記者となった。同期入社にはアナウンサーの大浜平太郎がいた。入社翌年、同局アナウンス室に異動となり、以後多くの番組に出演した。

2003年(平成15年)6月にテレビ東京を退社してフリーとなる。同年10月から2008年平成20年)3月まで『めざましどようび』(フジテレビ)のメインキャスターを務めた。

2003年(平成15年)6月には法政大学大学院で修士(経営学)を取得した。2006年平成18年)には関西学院大学商学部助教授(途中で准教授に職名変更)に就任、2009年平成21年)3月まで務めた。翌4月、学習院大学経済学部経営学科特別客員教授に就任、2012年平成24年)9月に出産準備のため退任、2014年平成26年)4月に復任。2016年平成28年)4月に東洋学園大学現代経営学部准教授に就任した。

2012年(平成24年)、一般社団法人社会的包摂サポートセンター「よりそいホットライン」のキャンペーンキャラクターに就任した。

2019年4月1日、スペースクラフト・エンタテインメントからシグマ・セブングループのシグマ・セブンフェイスへ移籍。

私生活編集

2002年(平成14年)10月スポーツジャーナリストの金子達仁と結婚した。43歳である2012年10月9日、都内の病院で帝王切開で第1子となる男児(2,808g)を出産した。

高校時代から音楽バンド 『BOØWY』の熱狂的なファンでもある。また、アーティスティックスイミングを習っていたことがあった。

フリー転身後の出演番組編集

テレビ編集

ラジオ編集

CM編集

その他、全日本空輸の機内放送「ANAクラシックタイム」のナビゲーターなども務めた。

テレビ東京時代の出演番組編集

著作編集

  • 「八塩圭子の山の手4区アド街ふう歩き方」(光文社
  • 「女性アナウンサーという生き方」(日経BP社
  • 「三十路の手習い」(日経BP社)
  • 「八塩式マーケティング思考術」(日経BP社)
  • 「視聴者のテレビ視聴行動とテレビ局選好の仕組み ―消費者行動論とブランド論による応用研究―」(法政大学大学院紀要第52号)
  • 「多メディア環境下のテレビ視聴行動」(日経広告研究所報237号)
  • 「多メディア時代のテレビ視聴行動―視聴番組数の増加と視聴行動の計画化・多様化―」(小川孔輔岩崎達也と共著、法政大学イノベーション・マネジメント研究センターワーキング・ペーパーシリーズNO.49)
  • 「テレビ視聴における態度形成とチャンネル選択行動:店舗内購買行動との概念比較」(日本マーケティング協会・マーケティング・ジャーナル2009-111)

脚注編集

  1. ^ 司会の伊藤利尋とは、コンビを組んだ『めざましどようび』司会を卒業後4年5ヶ月ぶりに共演を果たした。

外部リンク編集