メインメニューを開く

八島 祥司(やしま しょうじ、1970年9月14日 - )は、千葉県出身の元プロ野球選手投手)。右投右打。

八島 祥司
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 千葉県柏市
生年月日 (1970-09-14) 1970年9月14日(49歳)
身長
体重
182 cm
73 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1988年 ドラフト外
初出場 1990年
最終出場 1991年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

来歴・人物編集

市立柏高から、1988年オフにドラフト外ロッテオリオンズに入団。

オーバースローの本格派で、カーブ、シュート、フォークといった変化球のキレも良く制球力もあるが、決め球不足だった。プロ入団時には、すでにフォークをマスター済みで「秋山清原からフォークで連続三振を奪うのが夢」と抱負を語っていた。

1990年8月3日にリリーフでプロ初勝利。同月19日にはプロ初先発を果たすが、先頭から2者連続安打を打たれた時点で交代させられ、プロ唯一の敗戦を喫した。1993年限りで現役を引退。

引退後もロッテに残り、2009年まで打撃投手を務めた後、2010年からスコアラーを務めている。同郷でチームメイトだった小宮山悟の引退試合では小宮山に花束を渡した。

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1990 ロッテ 8 1 0 0 0 1 1 0 -- .500 41 9.0 13 3 2 0 2 4 0 0 10 10 10.00 1.67
1991 4 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 37 7.2 9 0 6 0 0 4 1 0 1 1 1.17 1.96
通算:2年 12 1 0 0 0 1 1 0 -- .500 78 16.2 22 3 8 0 2 8 1 0 11 11 5.94 1.80

記録編集

  • 初登板・初勝利 1990年8月3日オリックス戦(神戸)4-3 6回1死より3番手として登板、1回2/3無失点。

背番号編集

  • 65 (1989年 - 1993年)
  • 103 (1994年 - 2009年)

関連項目編集