メインメニューを開く

八嶋 智人(やしま のりと、1970年9月27日 - )は、日本の俳優タレントナレーター声優司会者奈良県奈良市出身。奈良女子大学附属小学校・奈良女子大学附属中学校・奈良女子大学文学部附属高等学校(現・奈良女子大学附属中等教育学校)、日本大学文理学部哲学科卒業。シス・カンパニー劇団カムカムミニキーナ所属。趣味はメガネ収集で、その功績で2004年に「日本メガネベストドレッサー賞」を受賞。生年月日は羽生善治と同じ[2]

やしま のりと
八嶋 智人
生年月日 (1970-09-27) 1970年9月27日(48歳)
出生地 奈良県奈良市
身長 164 cm[1]
職業 俳優タレント
ジャンル テレビドラマ映画
活動期間 1990年 - 現在
配偶者 宮下今日子
主な作品
テレビドラマ
古畑任三郎
弁護士 灰島秀樹
バラエティ番組
ココリコミラクルタイプ
トリビアの泉 〜素晴らしきムダ知識〜
テンプレートを表示

既婚。妻は舞台を中心に活動している女優の宮下今日子。2007年5月12日に長男が誕生。

目次

略歴・人物

1990年、松村武とともに早稲田大学の演劇サークルを母体に劇団カムカムミニキーナを旗揚げ。所属事務所はSISカンパニー。メガネが大きな特徴。当初はもっぱらテレビドラマ舞台で活躍していた。貴乃花と共演したサントリーの缶コーヒー「BOSS」CM、ドラマ『古畑任三郎』、バラエティ番組(詳細は下記)にて知名度を上げる。先輩である高橋克実とはプライベートでも仲が良く、2人でサイパンまでダイビングに遊びに行ったりなどしている。

学生時代は奈良県出身者の学生寮養徳学舎で4年間寮生活をしている。『はなまるマーケット』の名物コーナー「はなまるカフェ」等のトーク番組に出演した折、養徳学舎での生活が夢への「はじめの一歩」であったことを語っている。現在も連続ドラマ、単発ドラマの出演は数多い。場の空気を暖めるのが得意。西村雅彦から「くせ者」と称される好脇役。

自身が設立に関与し、取締役を務めていたネルケプランニングがキャスティングを担当しているアニメで声優の仕事も行なっていた時期もあり、山寺宏一との交流もある。甲本ヒロトザ・クロマニヨンズ)をヒーローとして崇めている。また、上地雄輔とは『貧乏男子 ボンビーメン』以降、共演が多いことから交流がある。

2019年には三谷幸喜脚本の新作歌舞伎月光露針路日本 風雲児たち』で歌舞伎初出演を果たす。かつて出演したTVバラエティー番組『トリビアの泉』にちなんで三谷が考案した「トリビ屋」の屋号の大向こうがかかった[3][4]

バラエティ番組での姿

2001年4月、フジテレビ系の初のバラエティレギュラー番組『ココリコミラクルタイプ』に出演し、本格的なバラエティの仕事を開始。役者として培った演技を活かして茶の間に認知され始める。また、同番組ではココリコ遠藤章造品川庄司品川祐とともに「時給800円」として3枚のシングルと1枚のアルバムをリリースしている。

その翌年の2002年10月に『トリビアの泉 〜素晴らしきムダ知識〜』で高橋克実とともに司会を担当し、ここで高橋との絶妙なコンビネーションを見せた。また、八嶋が同番組内でする補足トリビアがPTAから高く評価されたこともある。番組の最終回が放送された9月27日は奇しくも八嶋の誕生日だった。

2003年7月、『トリビアの泉』が深夜からゴールデンタイムに進出し、番組が大ヒットするとともに同番組が八嶋にとって代表的となったことで、先発である『ミラクルタイプ』の中で「『トリビアの泉』のほうだけに力入れすぎではないですか?」と視聴者からの投書が読まれることがあった。なお、『ミラクルタイプ』の中ではたびたび「伊達メガネしちゃって」というネタ振りをされることがあるがこれはあくまでネタである。

『ミラクルタイプ』『トリビアの泉』でのキャラが功を奏し、2007年4月にNHK総合テレビジョンの『英語でしゃべらナイト』の司会に抜擢されるなど、俳優業の傍らでバラエティタレントとしてもそのポジションを不動の物にしている。そして何と言っても、アナウンサー並みの喋り上手が彼の持ち味である。

パクチーや椎茸など、嫌いな食べ物も多少なりとも持っており、『二人の食卓 〜ありがとうのレシピ〜』でこれらのいくつかを克服したと告白した[5]

出演

テレビドラマ

映画

舞台

ドキュメンタリー

バラエティ番組・情報番組

音楽番組

ラジオ番組

テレビアニメ

  • こちら葛飾区亀有公園前派出所
    • 第3話「大繁盛! 空飛ぶ屋台」(1996年6月30日) - 警官
    • 第4話「一発千金宝クジ野郎」(1996年7月7日) - パチンコ店員
    • 第5話「かき氷でスキスキー」(1996年7月28日) - スポーツ屋
    • 第6話「麗子怒りの大追跡!」(1996年8月4日) - 暴走族
    • 第7話「めざめよ! 冬眠警官」(1996年8月11日) - 強盗
    • 第8話「勝鬨橋ひらけ!」(1996年8月18日) - 警官
    • 第27話「超大金持ち、白鳥麗次」(1997年2月9日) - 白鳥麗次の父
    • 第32話「両津ただいま修行中」(1997年3月16日) - 千念
    • 第94話「大ハード! 両津勘吉は二度死ぬ」(1998年7月5日) - アダヤダ・カダブラ
    • 第147話「チャーリー小林の秘密」(1999年8月1日) - チャーリー小林のマネージャー
  • こどものおもちゃ(1996年) - CMおやじ、麻子のマネージャー
  • 花より男子(1996年) - 校長、生徒、カメラマン
  • 水色時代(1996年) - 先生、運転手
  • るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-(1996年 - 1998年) - 夷腕坊、亀雄、署長 他
  • アニメDEダウンタウン物語(1997年) - ナレーション、浜太郎、ハマシロウ
  • ケロケロちゃいむ(1997年) - ぱっぽ、カエルC、カバヤン
  • 発明BOYカニパン(1998年) - カンブリ
  • ともだち8にん(2011年) - ナレーション

劇場アニメ

ゲーム

ドラマCD

  • 話が違う(1997年) - 店員 他

CM

MV

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ カムカムミニキーナオフィシャルサイト
  2. ^ 羽生善治も日本メガネベストドレッサー賞受賞者である。
  3. ^ “涙と笑いが歌舞伎座を包む「六月大歌舞伎」、“三谷かぶき”はトリビ屋の大向うも”. ステージナタリー. (2019年6月6日). https://natalie.mu/stage/news/334112 2019年6月12日閲覧。 
  4. ^ meganeouji840のツイート(1134874223481053185) - 2019年6月2日のツイート
  5. ^ 『二人の食卓 〜ありがとうのレシピ〜』2012年3月24日(最終回)放送分の最後の挨拶にて。
  6. ^ “反町隆史が天涯孤独の刑事を演じる!”. ウォーカープラス. (2015年3月24日). http://news.walkerplus.com/article/56787/ 2015年3月24日閲覧。 
  7. ^ 嵐の二宮「坊っちゃん」に!豪華共演陣「正月じゃないとできない顔ぶれ」”. スポニチアネックス (2015年11月4日). 2015年11月4日閲覧。
  8. ^ 松下奈緒、初ショートカットで「結婚するって本当ですか」”. モデルプレス (2016年3月7日). 2016年3月7日閲覧。
  9. ^ “東山紀之×加藤剛、新旧『大岡越前』が競演”. ORICON STYLE. (2016年10月6日). http://www.oricon.co.jp/news/2079550/full/ 2016年10月7日閲覧。 
  10. ^ 佐藤浩市の洗礼を受けた新人俳優出演 『Aではない君と』キャスト追加発表”. ORICON NEWS (2018年8月24日). 2018年8月24日閲覧。
  11. ^ 山本耕史、初の織田信長役「そんな年齢になったのか」と感慨 映画『刀剣乱舞』”. ORICON NEWS. オリコン (2018年10月31日). 2019年1月18日閲覧。
  12. ^ ハイビジョン特集 羽田空港大百科 AtoZ - NHK名作選(動画・静止画) NHKアーカイブス
  13. ^ バカリズム&八嶋智人MCのしりとりバトル、伊集院やジュニアら手腕発揮”. お笑いナタリー (2015年7月23日). 2015年7月24日閲覧。
  14. ^ 安田成美、優しい“ママ”恐竜に ディズニー/ピクサー最新作『アーロと少年』”. ORICON STYLE (2015年11月12日). 2015年11月12日閲覧。
  15. ^ 「テレビ広告電通賞」「最優秀賞(新聞流通・ファッション部門)」「キャンペーン賞」(J-CASTトレンド
  16. ^ 『HERO』あの劇中キャラクター、ウイスキーCMに出演”. ORICON (2015年7月9日). 2015年7月9日閲覧。
  17. ^ ソニー損保 CMギャラリー”. ソニー損保. 2019年3月6日閲覧。
  18. ^ “紫式部”レキシ&”お公家さま”八嶋智人が京都で鬼ごっこ「SHIKIBU」MV”. 音楽ナタリー (2015年11月11日). 2015年11月11日閲覧。

外部リンク