メインメニューを開く

八幡町(はちまんちょう)は、岐阜県郡上郡にあったである。2004年(平成16年)3月1日に郡上郡の7町村が合併して郡上市が発足し、八幡町は廃止された。他の八幡町と区別するために、郡上八幡(ぐじょうはちまん)と呼ばれることも多い。古くから郡上郡の政治・商業などの中心地として栄え、郡上市となってからは郡上市役所や岐阜県の出先機関が置かれている。

八幡町
廃止日 2004年3月1日
廃止理由 新設合併
八幡町大和町白鳥町高鷲村
美並村明宝村和良村郡上市
現在の自治体 郡上市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 岐阜県
郡上郡
団体コード 21481-7
面積 242.31km2
総人口 15,997
推計人口、2004年2月1日)
隣接自治体 大和町美並村明宝村和良村
金山町
上之保村洞戸村板取村
町の木 スギ
町の花 サツキ
八幡町役場
所在地 501-4297
岐阜県郡上郡八幡町島谷228
座標 北緯35度44分57秒
東経136度57分50.3秒
八幡町の位置
 表示 ウィキプロジェクト
八幡の町並み

目次

地理編集

飛騨高地の南部に位置する。長良川が町域を北から南に貫流しており、市街地の標高は約200mで、町の東西の山地から支流が流れ込む。集落は長良川とその支流沿いに形成されており、長良川と支流の吉田川の合流点付近が市街地である。

町域には南東に突き出た部分があり、小那比川の流域に属する。これも長良川水系ではあるが、合流地点は下流の関市にあり、八幡町内では分水嶺で他地域と隔てられている。また、鬼谷川及び貢間川は木曽川水系である。

  • 高賀山(1,224m)、稚児山(818m)、京塚山(863m)
  • 長良川吉田川、小駄良川、那比川、亀尾島川、千虎川、小那比川、神奈良川、鬼谷川、貢間川

隣接していた自治体編集

歴史編集

沿革編集

行政編集

  • 合併時の町長は小森久二男、議員定数は12。

経済編集

 
郡上八幡地区周辺の空中写真。1977年撮影。
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。

産業編集

山間に位置するが、20世紀後期には吉田川長良川に沿って工場が立地して、工業が盛んになった。農業では米、肉牛、花が作られた。

  • 産業人口
    第1次産業就業者数 287
    第2次産業就業者数 3,237
    第3次産業就業者数 4,657

交通編集

鉄道路線編集

道路編集

山間を縫う道路が交差する位置にあり、四方に国道が整備されており便は良い。東海北陸自動車道が南北に通り、国道156号がほぼ同じ経路を走る。国道256号が東西に走り、北東方向に国道472号が通っている。

高速道路

一般国道

主要地方道

一般県道

その他

  • 新町通り
  • 橋本町通り
  • 本町通り
  • やなか水のこみち

観光・祭事編集

郡上おどり(重要無形民俗文化財)編集

郡上おどりは、毎年7月中旬から9月上旬まで延べ32夜にわたって開催される盆踊り。踊りは10種類あり、寺社の境内・一般の道路・街角の広場など、会場を移しながら開催される。特にお盆の時期(8月13 - 16日)に明け方まで夜通し踊り続ける『盂蘭盆会(徹夜踊り)』が有名。踊りは一般参加も可能。およそ400余年の歴史あり、日本三大盆踊りの一つ。1973年国の選択無形民俗文化財に選択され、1996年に重要無形民俗文化財に指定された。

水の町(水の郷百選)編集

市街地には、17世紀に城下の防火などを目的に築造された水路が巡らされている。現在、一部は整備され観光資源となっているが、多くは生活用水として利用され続けている。湧水や山水を引き込んだ水舟と呼ばれる水槽の水は飲用も可能。1996年に水の郷百選に認定された。また、1996年に日本の音風景100選として「吉田川の川遊び」が選定された。

 
いがわこみち
  • いがわこみち
最長の水路。遊歩道として整備されている。
 
やなか水のこみち
  • やなか水のこみち
おもだか家民芸館・齋藤美術館・遊童館・ロートレックミュージアムといった観光施設が集中している。
  • 吉田川親水遊歩道

その他の名所編集

  • 古い町並み
城下町らしい軒の低い町並みが保存されている。(職人町・鍛冶屋町など)
別名「白雲水」。名水百選第一号として有名。
天守は1933年築城。模擬天守としては最古で、全国的にも珍しい木造。
 
郡上八幡旧庁舎記念館
現・郡上八幡旧庁舎記念館。観光案内所などとして利用されている。1936年竣工。
大正時代の旧税務署庁舎。郡上八幡を水・歴史・わざ・おどりの側面から紹介する展示施設として利用されている。
1904年開業の医院。展示施設として利用されている。
1606年、八幡城主遠藤慶隆による創建。
  • 安養寺
1256年創建。宝物殿には県指定重要文化財の絵画、古文書等を収蔵。
  • 大滝鍾乳洞
  • 美山鍾乳洞
  • 縄文鍾乳洞

出身有名人編集

関連項目編集

外部リンク編集