メインメニューを開く

八戸臨海鉄道株式会社(はちのへりんかいてつどう)は、日本貨物鉄道(JR貨物)・青森県八戸市などが出資する、貨物輸送を目的とした第三セクター方式の鉄道事業者臨海鉄道)である。

八戸臨海鉄道株式会社
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
039-1102
青森県八戸市一番町1丁目3番地1号
北緯40度30分37.16秒 東経141度26分3.15秒 / 北緯40.5103222度 東経141.4342083度 / 40.5103222; 141.4342083座標: 北緯40度30分37.16秒 東経141度26分3.15秒 / 北緯40.5103222度 東経141.4342083度 / 40.5103222; 141.4342083
設立 1970年昭和45年)7月30日
業種 陸運業
法人番号 7420001006476
事業内容 鉄道事業
日本貨物鉄道・青森県鉄道管理事務所に係る業務の受託など
代表者 代表取締役社長 小田嶋 幹雄
資本金 5億7000万円
(2019年3月31日現在)[1]
発行済株式総数 114万株
(2019年3月31日現在)[1]
売上高 4億4543万3000円
(2019年3月期)[1]
営業利益 4752万2000円
(2019年3月期)[1]
純利益 3978万4000円
(2019年3月期)[1]
純資産 11億1767万1000円
(2019年3月31日現在)[1]
総資産 15億3006万1000円
(2019年3月31日現在)[1]
従業員数 40人(2018年3月31日現在[2]
決算期 3月31日
主要株主 日本貨物鉄道 38.6%
青森県 28.9%
三菱製紙 20.2%
八戸市 9.6%
八戸製錬 1.8%
(2018年7月1日現在[2]
主要子会社 臨海サービス株式会社 100%
外部リンク http://www.hachirin.com/
テンプレートを表示

概要編集

日本で10番目に設立された臨海鉄道で、八戸港を走る貨物専用の鉄道路線貨物線)を運営している。第三セクター鉄道であり、株主にはJRグループの貨物鉄道事業者であるJR貨物や地方公共団体である青森県・八戸市、八戸港に拠点を置く三菱製紙八戸製錬などが名を連ねる。筆頭株主はJR貨物で、八戸臨海鉄道は同社の関連会社となっている。本社八戸駅近くの八戸市一番町1丁目にある。

手がける事業は貨物線の運営のほか、JR貨物の駅業務の受託、青い森鉄道の一部業務の受託などである。

沿革編集

  • 1970年昭和45年)7月30日 - 会社設立。
  • 1970年(昭和45年)12月1日 - 鉄道線開業。
  • 2002年平成14年)12月1日 - 青森県より青い森鉄道線の保線・保守業務の受託を開始。
  • 2010年(平成21年)12月4日 - 青い森鉄道線の保線・保守業務の受託を解除。代わって、駅構内清掃及びラッシュ時における一部無人駅の改札業務を青い森鉄道より受託。

路線編集

車両編集

ディーゼル機関車編集

 
DD56 1(1994年)
DD56形(DD56 2・3・4)
1970年の八戸臨海鉄道線開業時にあわせて導入された本線用ディーゼル機関車である。国鉄DD13形の最終ロットに準じた設計で、自重は 56 t、最大寸法は長さ 13,600 mm、高さ 3,879 mm、幅 2,846 mm。台車はDD13形のDT113形台車に似たウィングばね式を履く。エンジンは2基あり、1基あたり500馬力出力を有する[3]
まず1号機と2号機の2両が汽車製造で製造された(製造番号3491、3492)。1981年(昭和56年)には、ボンネットの構造などを変更した川崎重工業製の3号機が導入され合計3両となったが、2007年(平成19年)12月に1号機が廃車されている[3]
2014年に、久しぶりの新車、4号機が導入された。製造は北陸重機工業[4]
塗装は国鉄DD13形に準じた朱色であったが、2007年9月に3号機、次いで翌2008年(平成20年)10月に2号機が水色の塗装に変更された。なお、2号機のボンネットには南部地方の民芸品「八幡馬」、3号機のボンネットには八戸市の鳥・ウミネコが描かれている[3]
 
DD35 2
DD35形(DD35 1・2)
1号機と2号機の2両があるが、いずれも八戸通運が所有し三菱製紙専用線(北沼駅接続)で使用するスイッチャーである。2号機は八戸臨海鉄道の車籍を有する(1号機は不明)。2両の履歴・形態は大きく異なる。
1号機は1974年(昭和49年)に日本車輌製造が製造した自重 35 t の機関車である[3]八戸線本八戸駅貨物取扱所に接続する青森県営専用線で八戸通運が使用していたスイッチャーで、2006年(平成18年)6月の県営専用線廃止に伴って北沼駅に移籍した[3]
2号機は日本車両製造製で、自重 35 t、長さ 10,750mm、高さ 3,720mm、幅 2,720mm。180馬力のエンジン(DMH17C形)を2基搭載する[5]。運転室の窓に旋回窓を設置するなど、寒冷地仕様の機関車である。1974年の製造で秋田臨海鉄道が所有していた(番号はDD35 2)が、輸送量減少により1977年(昭和52年)に秋田臨海鉄道では廃車、八戸通運に譲渡された。同年12月より八戸臨海鉄道の車籍を保有している[3]
D727
DD35形と同じく、八戸臨海鉄道の車籍がある八戸通運所有のスイッチャーで、三菱製紙専用線で使用されている。日立製作所製で、メーカー型式はHG-35BB。自重 35 t、長さ 10,750mm、高さ 3,175mm、幅 2,730mm。180馬力のエンジン(DMH17C形)を2基搭載する。
常磐炭鉱専用線のDL-8号機として製造されたとされる。その後青梅線奥多摩駅に接続する奥多摩工業専用線のD727号機となった。1998年(平成10年)に八戸通運に譲渡され、同年4月より八戸臨海鉄道の車籍を持つ。
 
DD16 303(2010年)
DD16(DD16 303)
2009年に元東日本旅客鉄道(JR東日本)長野総合車両センターDD16 303号機を譲り受け、同年12月11日(第17列車コキ車4両牽引)より営業運転を開始した[6]

機関車の全般検査業務は福島臨海鉄道に委託されており、入出場時には甲種鉄道車両輸送が行われる。

2016年の全般検査は、JR東日本の秋田総合車両センターにて行われ、入場時はトラックによる陸送。出場時は甲種鉄道車両輸送にて行われた。

貨車編集

ホキ800形(ホキ1734・1738・1758・1759)
JR東日本が所有するホキ800形4両を譲り受けた貨車である。バラスト散布用のホッパ車として使用されている。

受託業務編集

JR貨物から、八戸貨物駅東青森駅弘前駅の貨物営業・構内入換作業及び青森信号場の構内入換作業を受託している。

また青い森鉄道から駅構内清掃業務、陸奥市川駅野内駅矢田前駅小柳駅東青森駅の朝ラッシュ時間帯における改札業務を受託している。

子会社編集

  • 臨海サービス株式会社

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 第49期 計算書類 (PDF)”. 八戸臨海鉄道株式会社. 2019年7月29日閲覧。
  2. ^ a b 平成28年度公社等経営評価シート 八戸臨海鉄道株式会社 (PDF)”. 青森県. 2019年7月4日閲覧。
  3. ^ a b c d e f 郷田恒雄「全国の現役機関車をめぐって 民営鉄道の電気機関車・ディーゼル機関車はいま... -その22-」『鉄道ファン』第578号、交友社、2009年。
  4. ^ 「八戸臨海鉄道の新車DD56 4,稼働」『鉄道ファン』第641巻、交友社、2014年9月号。
  5. ^ 日本車両鉄道同好部『日車の車輌史』第9集 図面集 - 戦後産業車両・輸出車両編、鉄道史資料保存会、1999年。
  6. ^ 八戸臨海鉄道「DD16 303 営業運転開始」

外部リンク編集