メインメニューを開く

八月のラブソング

日本のテレビドラマ

八月のラブソング』(はちがつのラブソング)は、1996年7月1日から同年9月9日まで、日本テレビ系列で放送されていたよみうりテレビ製作のテレビドラマである。放送時間は毎週月曜22:00 - 22:54(JST)。初回のみ22:00 - 23:24の90分で放送。全11回。

目次

概要編集

葉月里緒菜緒形拳加藤雅也の共演で親子愛などを描いていたが、初回は8.9%だったものの、それ以降上昇に転じることはなく、第5回では4.2%の低視聴率を記録し、脚本の黒土三男の降板のきっかけにもなった。平均視聴率も5.9%で、この記録は2002年の『ギンザの恋』まで破られなかった。

VHS化やDVD化は現在でもされていない。製作の読売テレビでの再放送は一度も行われておらず、他のネット局での再放送もほとんど行われていない。

あらすじ編集

土門栄造・千花親子の経営する老舗レストランが地上げ屋に狙われるが、その地上げ屋の相馬光太郎に千花は次第に心魅かれていく...予定であったが、低視聴率および意見の相違から脚本家が途中で交替され、物語としては破綻してしまう。サイドストーリーとして、シンガーソングライター俵恵理とその歌詞のゴーストライターを務める千花との交流を描き、最終的には千花は俵に自分で歌詞を書くように勧め、千花自身も自立していく。

キャスト編集

テーマ曲編集

スタッフ編集

サブタイトル編集

  1. 涙がとまらない…愛の歌が聴こえますか
  2. 秘密の夜
  3. さよならお父さん
  4. 熱い夏…会いたい
  5. どんなに愛しても
  6. ずっと逢いたくて
  7. 軽井沢から愛を…
  8. キスの痛み
  9. 一度きりの夜
  10. 涙は見せない
  11. 愛しつづける限り
読売テレビ 月曜10時枠の連続ドラマ
前番組 番組名 次番組
俺たちに気をつけろ。
(1996.4.15 - 6.24)
八月のラブソング
(1996.7.1 - 9.2)
ナチュラル 愛のゆくえ
(1996.10.14 - 12.16)