メインメニューを開く

八木 たまみ(やぎ たまみ、現在の姓名:秋田たまみ、1958年11月15日 - )は、日本陸上競技選手。走高跳元日本記録保持者。群馬県伊勢崎市出身。伊勢崎市立殖蓮中学校、太田市立商業高等学校関東学園大学卒業。日本人女子としてはじめて1m90の壁を突破した選手として知られる。

八木たまみ Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム 八木たまみ
国籍 日本の旗 日本
種目 走高跳
所属 太田市立商業高等学校
関東学園大学
生年月日 1958年11月15日
生誕地 群馬県伊勢崎市
身長 164cm
自己ベスト
走高跳 1m90 (1978年)
 
獲得メダル
陸上競技
日本の旗 日本
アジア大会
1978 バンコク 走高跳
編集 テンプレートのヘルプを表示する

来歴編集

伊勢崎市立殖蓮中学校に在籍中の1973年11月4日、国立競技場で開催された全日本ジュニア選手権にて1m70(日本中学新記録)で優勝。

1974年、太田市立商業高等学校に進学。全国高等学校総合体育大会陸上競技大会(インターハイ)では初年度より優勝する。1976年8月5日、長野市で開催されたインターハイにて1m80の日本高校新記録で優勝し、同時にインターハイ3連覇を成し遂げた。同年10月25日、第31回国民体育大会佐賀県)にて1m85の日本タイ記録をマークし優勝。高校卒業後は関東学園大学に進学した。

1978年9月10日、日中対抗陸上にて1m86の日本新記録を樹立。さらに同年10月19日、松本平広域公園陸上競技場で開催された第33回国民体育大会長野県・やまびこ国体)にて1m90の日本新記録を樹立した。当時の八木は身長164cmで、空間征服抜き(記録と身長の差)26cmはこの時点での女子世界最高であり、ギネスブックにも掲載された。同年12月、バンコクで開かれた第8回アジア競技大会に日本代表として出場し、2位に入賞する。

1980年モスクワオリンピック代表に選出されるも、日本政府の方針で不参加に終わり、出場はならなかった。仮に出場して自己ベストの1m90をマークすれば6位入賞に相当した。1982年に関東学園大学を卒業。引退後は、一時スポーツキャスターとして活動した。

1998年長野オリンピックでは聖火ランナーを務めた。

夫は群馬県警の警察官。2006年には夫婦で松井田妙義ゴルフクラブの「2006 いい夫婦カップルペアマッチ」に出場し、3位入賞を果たした。[要出典]

主な出演編集

参考文献編集

  • 群馬県小学校中学校教育研究会(編)『まんが・ぐんまのスポーツ人物伝』上毛新聞社、1991年
  • 藤口末光ほか『群馬の陸上競技』みやま文庫 (No.84)、1981年