メインメニューを開く

八木さおり

大阪府大阪市生まれの女優
八木小織から転送)

八木 さおり(やぎ さおり、1969年11月20日 - )は、大阪府大阪市旭区出身の日本女優。旧芸名及び本名は八木 小織(読み方は同じ)。初期にはアイドルとしてグラビアモデル歌手などの分野で活動していた。八木 小緒里(読み同じ)名義で活動していた時期もある。

やぎ さおり
八木 さおり
本名 八木 小織(旧芸名)
別名義 八木 小緒里(旧芸名)
生年月日 (1969-11-20) 1969年11月20日(49歳)
出生地 日本の旗 日本大阪府大阪市旭区
身長 159 cm
血液型 A型
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
活動期間 1985年 -
所属劇団 丸福ボンバーズ
事務所 (株)ボンバーズ・バス
公式サイト プロフィール
主な作品
映画
パンダ物語
テレビドラマ
ジェニーがやって来た
ひみつのアッコちゃん
大好き!五つ子』シリーズ
写真集
『春花秋冬』
テンプレートを表示

所属事務所はオーエンタープライズバグジーヒーローズクラブ→ボンバーズ・バス。

目次

経歴

アイドル 時代(第Ⅰ期 八木さおり)

1985年、兄が「ミスマガジン」第4回大会に応募[1]、グランプリに選出される。それを機に『週刊少年マガジン』及び『DELUXEマガジン』誌上のグラビア[2][注 1]で正式にデビュー。以後、後者の後続誌である『DELUXEマガジンORE』の掲載を中心に、グラビアアイドルとして人気を博す。

1986年からは活動を多面化し、花王「ビオレ」のテレビCMデビューを皮切りに、NHKドラマ『ジェニーがやって来た』の主演で女優としての活動を、同ドラマの主題歌「センシティブハート」を含むシングル「瞳で片想い」で歌手活動[注 2]をそれぞれ開始している。

1987年、『ひみつのアッコちゃん 伊豆の踊り子物語』で民放ドラマ初主演。

1988年には東宝パンダ物語 熊猫的故事』(新城卓監督)で映画初主演。

1989年7月には主演ミュージカル『王子と乞食』で舞台デビュー。

八木小織 時代

1989年11月、20歳を機に「さおり」の表記を本名に合わせて漢字の「小織」に改める。この時期は従来のアイドル的な売り方からの路線転換を模索しており、肌の露出が大きいグラビアや髪型をショートからロングに変えるなどイメージチェンジが試みられた。

1994年11月20日[注 3]ヌード写真集『春花秋冬』をリリース。

1990年代後半からは女優業を本格的に進め、以後現在に至るまで、テレビ、映画、舞台幅広く活動を続けるようになる。

2006年からは人気昼ドラシリーズ『大好き!五つ子』に中学教師役で出演。またこの時期を前後して、フットサルチームに入り、選手としてプレーしている[3]

八木小緒里 時代 〜 現在(第Ⅱ期 八木さおり)

2007年オー・エンタープライズからバグジーヒーローズクラブに事務所を移籍し、芸名も「八木小緒里」に改めた[4]

2012年4月、福島三郎の主宰する劇団、『丸福ボンバーズ』の旗揚げメンバーとして参加[5]。それを機にデビュー当初の「八木さおり」名義に戻している[6]

2015年末に結婚していたことを1年後に公表[7]。相手は年下の一般男性だという[8]

人物・エピソード

  • アイドル時代には恋愛経験は全くなかったという[1]
  • 安全地帯のファンであることを再三にわたって公言しており、特に好きなメンバーは武沢豊とのこと[10]。尚、歌手デビュー間もない頃に出演した『歌のトップテン』では、同様に安全地帯も出演していたことから奇しくも武沢本人と対面を果たすこととなった。後に楽曲提供もされている。
  • かつて、小室哲哉が八木のファンであることを公言していた[1]。後には「月と恋心」の楽曲提供や雑誌での対談[11]も行っている。
  • 『パンダ物語』撮影時、監督の中田新一が演技指導にのめり込むあまりに八木を負傷させたというトラブルが報道された。これについて八木は「詳しくは書けない話」と表現し、「あのときは『大人は怖い』『お酒はダメだ』と思いました」と語っている[1][注 4]。結局、新城卓に監督交代となったが、中田側が撮影済フィルムの使用を一切認めなかったことから[12]改めて撮り直しを強いられる状況となり、当初半年間で予定していた撮影スケジュールが1年に遅延、その影響で経費がかさんだプロダクションは後に倒産し、作品自体の興行成績も振るわない等、関係者全てに後味の悪い結果を残すこととなった。とはいえ、八木自身はもはや過ぎた出来事として然して意に介しておらず、むしろ作品の主演が縁で、芸能界随一のパンダ好きで知られる黒柳徹子の番組(徹子の部屋)に出演出来て有難かったと述懐している[1]
  • ヌード写真集をリリースした1994年頃は、女性著名人が軒並みヘアヌード写真集を出版していたブームの時期でもあった。そのため、いつか不本意な形で脱がされるぐらいなら「好きにやった方がカッコいい[1]」と考え、「撮ったネガを全部私に下さい」という条件の下[13]、撮影者である大村克己と共に自ら写真集を企画し撮影に臨んだ[1]。尚、ヌードはこの『春花秋冬』および関連パブリシティのみであり、その後も幾度かオファーはあったものの「あれ以上の作品は作れない」と全て断ったという[13]。また、グラビアからの卒業も兼ねて臨んだことから[13]これ以後は新作写真集をリリースしていない。
  • 2000年代の初め頃、知り合いの伝手で蕎麦屋アルバイトをしていた事がある。高校2年で上京して以降、芸能界しか知らないことから社会勉強のためにやっていたとのこと。年配の客が大半だったため、本人と気付かれることはほとんどなかったという。
  • スケバン刑事』の主演オファーがあったというがファンの間で囁かれていたが、それが事実であったことを後に本人も認めている[15]

出演

テレビドラマ

連続(レギュラー・準レギュラー)

連続(ゲスト)

  • 女ねずみ小僧 第3話「お七の恋はスリリング」(1989年4月26日、CX) - お七 役
  • 神谷玄次郎捕物控 第7話「針の光」(1990年8月、CX) - お咲 役
  • 大岡越前(TBS / C.A.L
    • 第11部 第4話「緋桜の女」(1990年5月14日) - お糸 役
    • 第15部 第22話「餅騒動の名裁き」(1999年2月15日) - おみよ 役
  • 浮浪雲(1990年11月、TBS)
  • 岡っ引どぶ 第1話「悪魔の小箱殺人事件」(1991年4月10日、CX) - 雪乃姫 役
  • 水戸黄門 シリーズ(TBS / C.A.L)
    • 第20部
      • 第23話「お助け母さんひえつき節 -宮崎-」(1991年4月15日) - お久 役
      • 第30話「刀鍛冶の仇討悲願 -岡山-」(1991年6月3日) - お妙 役
    • 第22部 第36話「花のお江戸の大掃除 -江戸-」(1994年1月24日) - お久美 役
    • 第24部 第34話「御用金送りは悪の金 -福島-」(1996年5月20日) - お加代 役
    • 第25部 第14話「飛猿が恋をした -岡山-」(1996年3月31日) - お民 役
    • 第26部 第12話「チェスト! 兄妹仇討ち -鹿児島-」(1998年5月4日) - 奈津 役
    • 第27部 第20話「孫を救った燃える水 -新津-」(1999年8月2日) - おくみ 役
    • 第28部 第13話「哀しきゴマスリ出世道 -桑名-」(2000年6月5日) - 早苗 役
    • 第29部05話「波瀾万丈の旅立ち -甲府-」(2001年4月30日) - お袖 役
    • 第30部05話「謎の河童の恩返し -遠野-」(2002年2月4日) - おかよ 役
    • 第31部 第20話「仕組まれた雛まつり -三次-」(2003年3月10日) - お美代 役
    • 第36部02話「母子逢わせた達磨さま -高崎-」(2006年7月31日) - おさき 役
    • 水戸黄門外伝 かげろう忍法帖 第4話「怨霊! 鎧武者」(1995年6月12日) - お君 役
  • 社長になった若大将1992年4月、TBS)
  • 喧嘩屋右近 第1シリーズ 第2話「仲裁待ったなし!悪党裁く無双剣」(1992年10月16日、TX/松竹
  • 七人の女弁護士 第3シリーズ 第1話「みちのく同窓会殺人旅行! 東北新幹線“あおば”途中下車の謎?! 女検事の対決」(1993年1月7日、ANB) - 篠田直美 役
  • お助け同心が行く! 第1話「その処刑待った!」(1993年4月9日、TX/ジーカンパニー) - おはる 役
  • 江戸を斬るVIII 第13話「愛しい娘が殺人者」(1994年4月25日、TBS/C.A.L) - おいと 役
  • 警部補 古畑任三郎 第11話「さよならDJ」(1994年6月22日、CX) - 沢村エリ子 役
  • 殿さま風来坊隠れ旅 第14話「女剣豪・赤頭巾ちゃんの冒険」(1994年8月6日、ANB) - 綾姫 役
  • 銭形平次 第4シリーズ 第4話「喪服の花嫁」(1994年8月24日、CX) - おゆみ 役
  • 我慢できない!1995年2月、KTV
  • 夏!デパート物語 第7話「いらっしゃいませ!ナンパのお客様!!」(1995年8月15日、TBS)
  • 三匹が斬る! シリーズ(ANB)
    • 痛快・三匹が斬る! 第4話「首コロリ、鬼と娘と破戒僧」(1995年5月11日) - お桃 役
    • 三匹が斬る! 第11話「絶体絶命!!さらば三匹 埋蔵金一万両の大決戦!!」(2002年6月24日)
  • 大江戸弁護人・走る!(1996年9月、ANB)
  • ドラマランド11『ご立派すぎて』(1996年12月、NBN
  • 藤沢周平用心棒日月抄 第9話「待っていた女」(1997年9月18日、ANB) - 佐絵 役
  • 金さんVS女ねずみ 第1話「大奥妖しい京人形」(1998年3月14日、ANB)
  • 新選組血風録 第7話「潜入長州の間者」(1998年11月26日、ANB) - おその 役
  • 暴れん坊将軍(ANB)
  • はみだし刑事情熱系 PART3 第22話「悲しみの殺人目撃証言!10年待った女」(1999年3月10日、ANB) - 新庄聡子 役
  • 八丁堀の七人 (ANB)
    • 第1シリーズ 第3話「与力をつけ狙う女! 自害した姉の秘密…」(2000年1月27日) - おくみ 役
    • 第2シリーズ 第7話「容疑者は息子!?放火魔を追うグズ同心!二人の母が泣いた…」(2001年2月22日) - お梅 役
  • 熱血!周作がゆく 第5話「赤い硝子の追跡者」(2000年11月16日、ANB)
  • オヤジ探偵2 第3話「もてあそばれた人生」(2002年10月24日) - 野崎美穂 役
  • ぼくの魔法使い 第9話「(秘)遥のダイエット」(2003年6月14日、NTV) - 金井麻紀 役
  • 子連れ狼 第2部 第16話「斬殺剣! 夜叉面の女 一刀を襲う柳生の罠」(2003年11月24日、ANB) - お美乃 役
  • 東京少女大政絢BS-i
    • 第1話「幸福荘ものがたり」(2008年7月5日) - 志摩 役
    • 第3話「恋忍者☆服部絢蔵」(2008年7月19日) - A子殿 役
  • トミカヒーロー レスキューフォース 第35話「超災害で野菜が消えた君ならどうする?」(2008年11月29日、TX) - 亜矢(演:美山加恋)の母 役
  • ケータイ刑事 銭形命 第8話「愛と宿命の将棋崩し!〜女流棋士殺人事件」(2009年8月22日、BS-TBS) - 藤本綾子 役
  • 相棒 Season8 第14話「堕ちた偶像」(2010年2月3日、EX) - 山口順子 役
  • MM9-MONSTER MAGNITUDE- 第11話「それぞれの聖夜(イヴ)」(2010年9月15日、MBS) - 山際(演:松尾諭)の奥さん 役
  • ケータイ刑事 銭形結 第3話「殺意のリハーサル 〜ワンシーンワンカット赤坂ブリッツダンサー殺人事件」(2010年12月18日、BS-TBS) - 港野洋子 役
  • 勇者ヨシヒコと悪霊の鍵 第1話「伝説の勇者が帰ってくる!新たなる試練の旅」(2012年10月12日) - 村の娘 役
  • 仮面ライダーウィザード 第8話「新たな魔宝石」・第9話「ドラゴンの叫び」(2012年10月21・28日、EX) - 伊藤美紀子 役
  • でぶせん 第4話(2016年9月18日、NTV)
  • 地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子 第2話「毒舌&型破りな校閲ガール!張り切り過ぎて大失敗」(2016年10月12日、NTV)
  • 越路吹雪物語 第6・7話(2018年1月15・16日、EX) - 試験官 役

単発・オムニバス

その他テレビ番組

音楽

※右記 「」 は出演時の歌唱曲

バラエティ

映画

オリジナルビデオ(Vシネマ)

舞台

  • マーク・トウェインミュージカル王子と乞食』(1989年7月9日 - 8月31日、全国30ヶ所公演) - 王子・少年 2役(主演)
  • スミセイ・ミュージカル・ファンタジー『アンの愛情
  • 明治生命ミュージカル『アニー』 - リリー役
  • The mix party 1st presents『創る奴ら』(2003年5月26日 - 6月1日、「劇」小劇場
  • 日本音楽事業者協会創立40周年記念ミュージカル『スター誕生』[19]2004年3月17日 - 4月18日、青山劇場) - ハルカ 役
  • 近江谷太朗プロデュース PLAYMATE No.5『SWAP 2004[20]』(2004年10月5日 - 17日、THEATER/TOPS) - 佐伯小雪 役
  • 丸福ボンバーズ
    • 旗揚げ公演『A Piece Of Cake!』(2012年7月18日 - 26日、APOCシアター
    • 第2回公演『うたかふぇ』
      • 東京公演(2012年12月23日 - 30日、APOCシアター)
      • 仙台公演(2013年1月12日・13日、せんだい演劇工房10-BOX box-1)
    • 第3回公演『フナバシTOYS』
      • 東京公演(2013年11月1日 - 10日、APOCシアター)
      • 仙台公演(2013年11月23日・24日、せんだい演劇工房10-BOX box-1)
    • ショートスケッチLIVE vol.1『TIME IS BOMBER』(2014年4月29日 - 30日、APOCシアター)
    • 第4回公演『NO SURPRISE, NO LIFE !』
      • 東京公演(2014年7月4日 - 15日、APOCシアター)
      • 仙台公演(2014年10月25日・26日、せんだい演劇工房10-BOX box-1)
    • 第5回公演『NICE EIJI!〜父まるだし〜』
      • 東京公演(2015年5月8日 - 17日、APOCシアター)
      • 横浜公演(2015年5月23日、横浜市泉区民文化センター テアトルフォンテ)
      • 仙台公演(2015年6月6日・7日、せんだい演劇工房10-BOX box-1)
    • 第6回公演『バカの王様〜the KING of BAKA〜』
      • 東京公演(2015年10月23日 - 11月3日、APOCシアター)
      • 仙台公演(2015年11月7日 - 9日、せんだい演劇工房10-BOX box-1)
    • 第7回公演『玉夢温泉・星影楼にまつわる噺〜その壱〜』
      • 東京公演(2016年5月20日 - 29日、APOCシアター)
      • 仙台公演(2016年6月17日 - 19日、せんだい演劇工房10-BOX box-1)
    • 第8回公演『SOULFUL SOUL』(2017年2月1日 - 7日、APOCシアター)
    • 第9回公演『STAGE~舞台、位置、足をつける場所~』
      • 東京公演(2017年9月13日 - 19日、APOCシアター)
      • 仙台公演(2017年9月30日・10月1日、せんだい演劇工房10-BOX box-1)
  • 劇団絵生『友情〜秋桜のバラード〜』(2013年6月10日 - 9月26日、よみうりホール 全国9会場公演[21]) - 三村礼子 役

ラジオ番組

  • さおりCLUB スプーンイブ(1986年、文化放送
  • 思い出の歌(1989年10月15日 - 1991年9月29日、TBS

CM

WEB

  • Oh!sama TV
    • DVDのじかん
    • 月刊ムービーキング!
    • Venus-Beat TV[22]
  • Venus-B[注 6](2013年6月 - )
  • リマーカブル・ディレクター・オブ・ザ・イヤー2013 ファイナリスト作品[23]「1/70000」

グラビア関連

写真集

オムニバス写真集

  • GORO SPECIAL MOOK
  • 週刊プレイボーイ増刊
    • プレイボーイの本 完全保存99GALS&F1年鑑(1990年10月5日、集英社)
    • プレイボーイの本Special : Weeks 5年分の一週間。(1992年12月7日、集英社、全撮影:中村昇
  • 恋写 野村誠一作品集 1981〜1990(1991年2月10日、ワニブックス、全撮影:野村誠一)ISBN 978-4847021695
  • アップトゥボーイ特別編集 BEST SHOT!! 素肌のヒロイン。(1993年2月10日、ワニブックス)
  • Sawattari Jan 1996 Vol.2 女優の荒野(1996年1月13日、竹書房、全撮影:沢渡朔
  • 平凡パンチ傑作選 The Vintage Eros Vol.2(2015年10月1日、マガジンハウスISBN 978-4838728206

イメージビデオ

  • 危険に素敵(監督:野村誠一)
    • VHS版(1991年6月15日、パワースポーツ
    • DVD版(2008年8月29日、アストロシステムジャパン)

主な雑誌掲載

  • DELUXEマガジン(1985年8月、10月、12月号 / 1986年2月号)
  • 週刊少年マガジン(1985年8月21日、10月30日、11月6日号 / 1986年3月12日、9月3日号 / 1987年5月6日号)
  • DELUXEマガジンORE(1986年7月、9月 - 12月号 / 1987年2月 - 5月、8月号 / 1988年2月、3月、6月、11月、12月号 / 1989年2月号)
  • 別冊DELUXEマガジンORE(1987年12月号)
  • 週刊プレイボーイ(1987年2月10日、4月28日号[注 7] / 1988年08月16日号[注 7] / 1989年6月6日、8月8日号[注 7] / 1990年2月6日、5月15・22日合併号 / 1991年1月1・8日合併号、2月19日[注 7]、4月30日号 / 1992年12月8日号 / 1993年3月30日号 / 1994年10月18日[注 8]、11月22日号[注 8]
  • GORO(1988年10月13日号 / 1989年4月27日号 / 1990年2月22日、9月13日号 / 1991年1月10日号 / 1992年1月2日号)
  • アップトゥボーイ(1990年3月号)
  • アクションカメラ(1990年4月号)
  • スコラ(1990年2月8日号 / 1991年2月14日、7月11日号[注 7] / 1992年11月26日号)
  • 別冊アップトゥボーイ(1992年12月号)
  • 週刊現代(1995年1月1日・7日号[注 8]

ディスコグラフィー

シングル

  タイトル 発売日 規格品番 作詞 作曲 編曲 備考
1st
瞳で片想い
1986/10/21
EP:K07S-10150
CT:K10H-?
来生えつこ 来生たかお 船山基紀 オリコンシングルチャート最高20位。売上3万3千枚。
センシティブハート 芹沢類 入江純 NHKドラマ『ジェニーがやって来た』主題歌
2nd
くちづけの舞台
1987/01/21
EP:K07S-10160
CT:K10H-13008
来生えつこ 武部聡志 武部聡志
春風に甘えて サンキストつぶゼリー CMソング
3rd
遅れたLove Song
1987/06/15(限定盤)[注 9]
1987/07/21(通常盤)
EP:K10S-10200[注 9]
EP:K07S-10190
CT:K10H-13023
来生えつこ 来生たかお 武部聡志 オリコンシングルチャート最高33位
75%の恋人 武部聡志 花王ビオレ CMソング
4th
Heart Beat きかせて
1988/04/05(EP、CT)
1988/04/21(CD
EP:K07S-10260
CT:K10H-23006
CD:K10X-23008
谷山浩子 MAYUMI 武部聡志 サンキストつぶゼリー CMソング
オリーブの天気予報 井上ヨシマサ
5th
Kung Fu Boy
1988/07/21
EP:K07S-10267
CT:K10H-23021
CD:K10X-23021
森雪之丞 井上ヨシマサ 武部聡志 TVアニメ『鉄拳チンミ』オープニング曲
銀色のセレナーデ TVアニメ『鉄拳チンミ』エンディング曲
6th
SAYONARA
1988/09/05
EP:K07S-10285
CT:K10H-23024
CD:K10X-23024
松本隆 細野晴臣 武部聡志 映画『パンダ物語』主題歌


オリジナルアルバム

1st
PURITY
発売日 規格品番 曲順 収録曲 作詞 作曲 編曲 備考
1987/03/21
LP:K28A-800
CT:K28H-980
CD:K32X-150
01
私・発見 来生えつこ 来生たかお 武部聡志
02
くちづけの舞台 武部聡志
03
ガラスのレジスタンス 森雪之丞 岸正之 船山基紀
04
天使もパニック 芹沢類 MAYUMI 入江純
05
ガールフレンド 国安わたる 船山基紀
06
センシティブハート 来生たかお 入江純 CDのみ収録。
07
春風に甘えて 来生えつこ 武部聡志 武部聡志
08
内気な冒険者(アドベンチャー) 森雪之丞 岸正之
09
瞳で片想い 来生えつこ 来生たかお 船山基紀 デビュー曲
10
ポーズ 芹沢類 国安わたる
11
コメディーはせつなくて 芹沢類 MAYUMI 入江純

2nd
Moon & Love
発売日 規格品番 曲順 収録曲 作詞 作曲 編曲 備考
1987/11/21
LP:K28A-835
CT:K28H-1110
CD:K32X-210
01
卒業までの7ヶ月 森雪之丞 中崎英也 武部聡志 花王ビオレCMソング。非売品シングル盤あり。
02
そよ風TIME 来生えつこ 来生たかお
03
RAINY 谷山浩子 松尾清憲
04
月と恋心 森雪之丞 小室哲哉
05
ハートと二人 芹沢類 武沢豊 船山基紀
06
75%の恋人 来生えつこ 武部聡志 武部聡志 CDのみ収録。
07
シャボン玉戦争 谷山浩子 崎谷健次郎
08
遅れたLove Song 来生えつこ 来生たかお
09
春風異変 船山基紀
10
すき、ときどき きらい 芹沢類 武沢豊
11
円盤上の"I Love You" 谷山浩子 MAYUMI 武部聡志

3rd
MERLIN
発売日 規格品番 曲順 収録曲 作詞 作曲 編曲 備考
1988/11/21
LP:K28A-865
CT:K28H-1252
CD:K32X-346
01
トライアングル 谷山浩子 谷山浩子 武部聡志 谷山浩子が後にセルフカバー[注 10]
02
サマンサの森で逢いましょう 森雪之丞 中崎英也
03
銀色のセレナーデ 井上ヨシマサ
04
Heart Beatきかせて(Re-Mix) 谷山浩子 MAYUMI
05
流星少年 谷山浩子 谷山浩子が後にセルフカバー[注 10]
06
瞬間の魔法 MAYUMI
07
SAYONARA(Re-Mix) 松本隆 細野晴臣
08
オリーブの天気予報 谷山浩子 井上ヨシマサ
09
松本隆 細野晴臣
10
Legato 〜なめらかに〜 芹沢類 岸正之
11
ありがとうの微笑み 森雪之丞 松尾清憲


ベストアルバム

八木さおり パーフェクト・ベスト
発売日 規格品番 収録曲 備考
2010/7/7
KICS-1585
キングレコードのベスト盤カタログ「パーフェクト・ベスト・シリーズ」第一弾[24]より。


その他

サウンドトラック

発売日 規格品番 タイトル 収録曲 備考
1988/09/05
K30X-7135 Kung Fu Boy CHINMI vol.1 Kung Fu Boy ANBアニメ「鉄拳チンミ」オリジナルサウンドトラック
銀色のセレナーデ
1988/09/21
K30X-277 「パンダ物語」オリジナル・サウンドトラック SAYONARA 音楽監修は井上堯之
1990/04/21
KICA-1008 魍魎戦記 摩陀羅 勇気の伝説(エンディング・テーマ)[注 11] ゲームBGMのアレンジ版ミニ・アルバム。SAORI名義。
1991/03/05
KICA-1024~5 MA・DA・RA 風に書いた言葉 〜リミックス・バージョン〜[注 11] ゲームBGMをまとめた2枚組アルバム。SAORI名義。

コンピレーション

発売日 規格品番 タイトル 収録曲 備考
1990/12/21
KICA-9005~8 こなみ すぺしゃる みゅ〜じっく 千両箱 平成三年版 風に書いた言葉 (MA・DA・RAより「TOWN」)[注 11] コナミゲーム音楽集。3枚組+特典VSD。SAORI名義。
1998/11/06
PCCA-01244 '80sアイドルJAPAN 2 瞳で片想い ポニーキャニオン編集「アイドルJAPAN」シリーズより。
1999/11/03
KICX-7051 20世紀BEST キング・アイドル・ヒストリー レーベル各社協賛「20世紀BEST」シリーズより。
2000/12/25
PCD-1370 おしえてアイドル キング編〜最近のム・ス・メ くちづけの舞台 P-Vine編集「おしえてアイドル」シリーズより。
SAYONARA
2002/09/04
KICX-7104 スーパー・セレクト IDOL SONGS 瞳で片想い キングレコード編集「スーパー・セレクト」シリーズより。
2012/05/09
KICW-9427~8 アイドル黄金時代 くちづけの舞台 「キング・スーパー・ツイン・シリーズ[25]」より。
2014/05/14
KICW-9585~6

非売品

製作年 規格品番 タイトル 収録曲 備考
1986
NKCD-94 POPS NOW センシティブハート SANYO製オーディオ購入の際に配布された販促用オムニバスCD。
瞳で片想い
1987
NKCD-96 POPS ISLAND 遅れたLove Song
NKCD-97 Beat シャボン玉戦争
1988
DCH-63021 KING POPS SPECIAL DIGEST 1 Heart Beat きかせて キングレコード所属の旬なアーティストの曲をまとめた販促用オムニバスCD。
1989
DOCD-0020 YOUNG SOUND PALLET Kung Fu Boy 第一家電の自社レーベルDAM PCからリリースされた販促用オムニバスCD。

ゲスト参加

  • CLIFF EDGE 『LOVE Symphony』(2011年10月12日、KICS-91723)[26]


脚注

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 1985年時点での公称サイズは、身長:156cm、体重:42kgB:80 W:58 H:83
  2. ^ 活動3年間でシングル6枚・アルバム3枚をキングレコードよりリリース。詳細は#ディスコグラフィーを参照。
  3. ^ 自身の25歳の誕生日でもある。
  4. ^ 一方、当時の監督であった中田新一は暴力行為を全面否定している。撮影に粘りすぎる彼を降板させようとプロダクション(田中プロモーション)側が口実としてでっちあげたと述べており[12]、後に裁判に訴え解決金として2000万円を受け取っている。しかし、以後東宝からの仕事が一切来なくなったという[12]
  5. ^ 解答者5人(濱口優徳井義実土田晃之有吉弘行ミッツ・マングローブ)のうち正解出来たのは2人(濱口、土田)であった。
  6. ^ キングレコードのダンスミュージックレーベルのオフィシャルWebTV番組で、 かつてキングに所属していた八木がMCを務める。
  7. ^ a b c d e 表紙のみ掲載
  8. ^ a b c ヌードグラビア掲載
  9. ^ a b 特典付き12インチジャケット仕様
  10. ^ a b アルバム『冷たい水の中をきみと歩いていく』に収録。
  11. ^ a b c 作詞:森雪之丞、作曲:コナミ矩形波倶楽部、編曲:入江純

出典

  1. ^ a b c d e f g 吉田豪『元アイドル!』ワニマガジン 社、2005年。ISBN 978-4898297926(八木小織インタビュー記事)
  2. ^ a b 「青りんごのような女のコ」『DELUXEマガジン』、講談社、1985年8月。
  3. ^ 「グラビアを賑わせたあのアイドル29人の今」『フラッシュ』(2005年8月23・30日合併号)、光文社、 27頁。
  4. ^ タレントプロフィール<八木小緒里>”. BUGSY. 2011年1月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年4月13日閲覧。
  5. ^ ボンバー紹介(フロントボンバー)”. 丸福ボンバーズ 公式サイト. 2014年4月13日閲覧。
  6. ^ 情報公開!”. 八木さおりオフィシャルブログ『タレポ レポーター日記』 (2012年4月29日). 2014年4月13日閲覧。
  7. ^ ヒューヒューだよ!”. MARUBON BLOG (2016年12月29日). 2018年5月5日閲覧。
  8. ^ 元ミスマガジン「八木さおり」3年前に年下男性と結婚してた”. Smart FLASH (2018年5月1日). 2018年5月3日閲覧。
  9. ^ 野村誠一『METRO CITY』ワニブックス。ISBN 978-4847021275(写真集内の挿入文より)
  10. ^ 安全地帯ライブ!”. 八木さおりオフィシャルブログ『タレポ レポーター日記』 (2010年10月7日). 2014年4月13日閲覧。
  11. ^ 「ドッキリ異色対談」『DELUXEマガジンORE』、講談社、1988年3月、 174-177頁。
  12. ^ a b c 中田新一『奔れ!助監督〜奮闘昭和映画史〜』早稲田出版、2010年。ISBN 978-4898273715
  13. ^ a b c 「「アイドルが脱いだ!」衝撃の裏側」『フラッシュ』(2015年10月27日号)、光文社、 袋とじ。
  14. ^ 早起きですー。”. 八木さおりオフィシャルブログ『タレポ レポーター日記』 (2011年6月7日). 2015年1月18日閲覧。
  15. ^ 「美女7人『私を生んだ"アイドルコンテスト"の真実』」『FLASH』(2015年2月3日号)、光文社、 5頁。
  16. ^ "過去の放送一覧". クイズ!脳ベルSHOW. BSフジ.
  17. ^ 映画『金色のクジラ』”. 2014年4月13日閲覧。
  18. ^ 2000年の公演日程”. 明治生命ミュージカル「アニー」. 2002年2月10日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年4月13日閲覧。
  19. ^ ラサール石井脚本・演出でミュージカル「スター誕生」”. 朝日新聞デジタル:朝日新聞社のニュースサイト (2004年1月14日). 2014年4月13日閲覧。
  20. ^ 『SWAP 2004』公演情報”. プレイメイト公式ホームページ. 2014年4月13日閲覧。
  21. ^ 公演情報 <2013年>”. 劇団絵生「友情〜秋桜のバラード〜」. 2014年4月13日閲覧。
  22. ^ キングレコードのダンスミュージックレーベル“Venus-B”のオリジナルWEB動画番組「Venus-Beat TV」がスタート”. 楽天WOMAN (2011年10月3日). 2014年11月4日閲覧。
  23. ^ リマーカブル・ディレクター・オブ・ザ・イヤー 2013決定”. AdverTimes(アドタイ) (2013年8月27日). 2014年4月13日閲覧。
  24. ^ パーフェクト・ベスト・シリーズ”. キングレコード. 2014年11月2日閲覧。
  25. ^ キング・スーパー・ツイン・シリーズ”. キングレコード. 2014年11月4日閲覧。
  26. ^ Venus-B Night 2011”. 八木さおりオフィシャルブログ『タレポ レポーター日記』 (2011年10月28日). 2014年11月7日閲覧。

外部リンク