八木正生

日本の作曲家、編曲家、ピアニスト (1932-1991)

八木 正生(やぎ まさお、1932年11月14日 - 1991年3月4日)は、日本ピアニスト作曲家アレンジャー東京都新宿区出身。

八木 正生
生誕 (1932-11-14) 1932年11月14日
出身地 日本の旗 日本東京都新宿区
死没 (1991-03-04) 1991年3月4日(58歳没)
ジャンル ジャズ
職業 ピアニスト作曲家アレンジャー
活動期間 1960年 - 1991年

来歴・人物編集

青山学院高卒業。戦後、築地の「クラブ・リオ」、米軍立川基地などで演奏。武満徹渡辺貞夫らとともに日本のジャズ創世記に活躍。1960年代から東映映画音楽をメインに作曲を手がけていたが、1976年千葉真一主演映画脱走遊戯[1]では、自らのベースであるジャズのみで映画音楽を制作した。

あしたのジョーの主題歌の作曲は有名である。作詞は寺山修司[注 1]、歌は尾藤イサオ[注 2]が担当した。他にデューク・エイセス1970年代中盤から作・編曲 コンサートの音楽監督としても携わったことでも知られている。サザンオールスターズの楽曲にアレンジャーとして1980年から1985年の間に参加し、彼らの音楽観にも影響を与えた[2]

作品編集

映画編集

編曲編集

アニメ編集

その他編集

CM編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 「時には母のない子のように」など作詞作品も、とても多い。
  2. ^ 「悲しき願い」の日本語版の歌唱でも知られる。

出典編集

関連項目編集