メインメニューを開く

八条宮穏仁親王(はちじょうのみや やすひとしんのう、寛永20年4月29日1643年6月15日) - 寛文5年10月3日1665年11月9日))は、江戸時代前期の日本皇族。八条宮(桂宮)第3代。後水尾天皇第11皇子。母は藤原隆子(逢春門院)櫛笥隆致の女)。幼称は幸宮、若宮、又は阿古麿(あこまろ)。

八条宮穏仁親王
(はちじょうのみや やすひとしんのう)
八条宮(桂宮)

続柄 後水尾天皇の第11皇子
身位 二品
親王
出生 寛永20年4月29日1643年6月15日
山城国
死去 寛文5年10月3日1665年11月9日
山城国
埋葬 不明
不明
配偶者 正室:不詳
子女 養子八条宮長仁親王(第 4代八条宮(桂宮)
父親 実父:後水尾天皇(第108代天皇
養父:八条宮智忠親王(第 2代 八条宮(桂宮)
母親 藤原隆子(逢春門院)櫛笥隆致の女)
役職 式部卿
テンプレートを表示

承応3年(1654年)八条宮智忠親王には継嗣となる王子がいなかったため、親王の養子となり若宮、又は阿古麿と称する。この背景には兄にあたる後光明天皇が急逝したために、万が一の皇統断絶の事態に備えて皇位継承の候補者を確保する目的もあった。明暦元年(1655年親王宣下を受け、元服する。二品に叙せられ、式部卿任ぜられる。寛文2年(1662年)7月養父智忠親王の薨去を受けて、宮家を継承する。寛文5年(1665年)10月3日薨去。享年23。法名は、金剛壽院。