メインメニューを開く

八波 一起(はっぱ いっき、1955年7月20日[1][2] - )は日本男性司会者タレント。本名、坪田 秀之(つぼた ひでゆき)[1]。父親は、脱線トリオのメンバーであったコメディアン八波むと志[1]

はっぱ いっき
八波 一起
本名 坪田 秀之
(つぼた ひでゆき)
生年月日 (1955-07-20) 1955年7月20日(64歳)
出生地 東京都
国籍 日本の旗 日本
職業 タレント司会者
活動内容 バラエティ番組ワイドショーの司会
配偶者 あり[1]
著名な家族 八波むと志(父)
主な作品
モーニングショー
八波一起のTVイーハトーブ
テンプレートを表示

東京都出身[1]日本大学経済学部卒業[1]プロダクション・タンク所属[1]

来歴編集

1975年に東宝現代劇に入団[1]

1980年よりテレビ朝日モーニングショー』のサブ司会者として活躍[1]OH!相撲(テレビ朝日)、『てれび夢組』(フジテレビ)などにも出演し、テレビ司会者として茶の間の人気を得る。

1993年スタートの『八波一起のTVイーハトーブ』(製作:東日本放送テレビ朝日系東北地区ネット)では司会を10年以上務め、2004年3月27日の最終回では愛着のある東北との別れに涙を見せた。

そのほか、MXテレビ東京NEWS』内「スクエア1200・あなたの街から生中継」のキャスターとして、「チェック・イン!」やエンディングの“行ってらっしゃいコール”が名物となった。

舞台俳優業やプロデュースも行っている。『ふるさとCM大賞』では秋田、山形、福島の3県で司会を務めたり、神輿担ぎの会「八波会」を主宰するなど、東北との縁も続いている。また、不定期で通販番組の司会も務めている。

俳優としてはNHK大河ドラマ篤姫』で松本藩主松平光則(戸田光則)役を演じた。

2012年10月より、世田谷区三軒茶屋にて飲食店を経営している。

人物編集

モーニングショー』で共演した清水由貴子とは20年来の付き合いだった。共演以来、毎年、年賀状を送り合っていたが、2009年だけ清水からの年賀状が来ず心配していたところ、清水の自殺の訃報が入り、大変なショックを受けたという。『スーパーJチャンネル』のインタビューでは、2008年の清水からの年賀状にあった「八波さん、今年も元気でいて下さいね!」という文章が妙に印象に残っていると語り、「今思うと、あれが彼女の遺言のようなものだったのかも知れない」と述べた[3]

40歳で合気道を始め、43歳で初段取得。45歳からは弓道を始め、現在四段[4]

出演編集

現在編集

過去編集

著書編集

  • 娘たちへ 父が伝える幸せの道しるべ(2006年、南雲堂)

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i 『福島民報』1984年5月14日付朝刊、16面。
  2. ^ 八波一起”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2017年1月5日閲覧。
  3. ^ 2009年4月22日放送回
  4. ^ 週刊新潮2009年12月17日号「浮沈人生の芸能人が隠し持つ意外な資格」

外部リンク編集