メインメニューを開く
出入口外観

八王子医療刑務所(はちおうじいりょうけいむしょ)は、かつて存在した法務省矯正局東京矯正管区に属する刑務所。全国4箇所の医療刑務所のうちのひとつであった。通称「八刑(はちけい、はっけい)」。2018年1月に閉所した。

目次

所在地編集

収容分類級編集

  • M級
  • P級
  • MW級
  • PW級

身体や精神に障害のあるものを収容する。

  • A級
  • W級

犯罪傾向の進んでいない健康な男女も収容する。

収容定員編集

  • 433人

沿革編集

組織編集

所長の下に3部を持つ3部制である。

  • 総務部(庶務課、会計課、用度課)
  • 処遇部(処遇担当、企画担当)
  • 医務部(保健課、医療第一課、医療第二課、医療第三課、看護課)

外観・設備編集

特記事項編集

  • 精神障害のある受刑者のための作業療法として紙細工、園芸等を実施していた。
  • 職員の教育訓練のための准看護師養成所が設けられていた。
  • 全国に4箇所ある医療刑務所の中で、唯一、受刑者に対して終末期ケアを行なっていた[3]

著名な受刑者編集

脚注編集

出典編集

参考文献編集

  • 沿革については八王子辞典の会『八王子辞典』かたくら書店、2001年。ISBN 4-906237-78-9

外部リンク編集