八王子大火(はちおうじたいか)は、1897年4月22日に現在の東京都八王子市で発生した大火。八王子では1824年に大火が起きて以降、1888年や1893年、1897年に大火があり、1897年の大火はその中でも特に大きな被害を出した。大横町から出火し、当時の八王子町のおよそ60%が焼失。42人が死亡し[1][2]、3341戸が焼失、さらに223人が負傷した。元横山町の大義寺境内には、火災の犠牲者を供養する碑が建てられた[3]。この火災以降、大規模火災に対する行政的な対策が行われている。

脚注編集

  1. ^ 八王子の歩み
  2. ^ 八王子警察署 署の歴史 警視庁”. www.keishicho.metro.tokyo.jp. 2021年3月6日閲覧。
  3. ^ 八王子市「八王子の概要

参考文献編集