メインメニューを開く

八甲山 純司(はっこうざん じゅんじ、1884年8月3日-1951年1月10日)は、青森県東津軽郡横内村(※現役当時、現・同県青森市)出身で、1910年代から1920年代にかけて活躍した大相撲力士である。本名は、清藤 純司(せいどう じゅんじ)。引退後は8代高島を襲名して高島部屋を創設、大関をはじめとする多くの幕内力士を育てた。

八甲山 純司 Sumo pictogram.svg
基礎情報
四股名 八甲山 純司
本名 清藤 純司
生年月日 1884年8月3日
没年月日 (1951-01-10) 1951年1月10日(66歳没)
出身 青森県青森市(現役当時は、同県東津軽郡横内村
身長 175cm
体重 94kg
BMI 30.69
所属部屋 若松部屋湊川部屋→高嶌部屋
得意技 左四つ、寄り
成績
現在の番付 引退
最高位 西前頭4枚目
幕内戦歴 74勝101敗8分1預16休(20場所)
データ
初土俵 1908年1月場所(幕下付出
入幕 1911年2月場所
引退 1922年1月場所
引退後 年寄・高嶋
備考
2013年7月21日現在

来歴編集

1884年8月3日に、当時の青森県東津軽郡横内村で生まれる。子供の頃から怪力で、19歳で土地相撲での活躍を見た若松から勧誘されたが、自身は長男だったために両親から反対された。それでも3年後に角界入りを決意し、兵役終了後に家出して若松部屋へ入門した。1908年1月場所において幕下付出初土俵を踏むと順調に出世していき、1910年6月場所で新十両昇進、その十両も1場所で通過して1911年2月場所では新入幕を果たすというスピード出世だった。

身長175cm・体重94kgと当時の力士としては標準的な体格ながら筋肉質で、特に守りに入った際の腰の重さには定評があった。当時、「梅常陸時代」として明治時代後期の相撲黄金時代を築いた梅ヶ谷藤太郎(2代)でも八甲山を土俵の外に押し出せず、2度の引分となっている。人気幕内力士であるゆえに三役昇進を期待されたが、怪力任せの強引な取り口が多いのに加えて「オレは稽古しなくても、幕内は十分務まるのだ」と豪語していたにも関わらず、酒豪が災いして三役昇進は果たせず、幕内在位20場所を全て平幕で過ごした。1920年1月場所では幕内で10戦全敗を記録したほか、現役引退直前は東十両12枚目まで陥落しており、力の衰えは誰が見ても明らかだった。

6代若松の養子で三段目格行司の2代木村一学が24歳の若さで7代若松を襲名すると、これに不満を抱いて大ノ里と共に湊川部屋に移籍した[1]

1922年1月場所を最後に引退し、年寄・高嶋を襲名して高島部屋を創設した。戦中から戦後直後にかけて、吉葉山潤之輔三根山隆司輝昇勝彦と、後に戦後の大相撲界を背負って立つ名力士を多数育成した[2]

1951年1月10日に死去、66歳没。没後、高嶋部屋は初期の弟子で独立していた元小結・巴潟安治川親方が名跡変更して継承し、吉葉山は横綱へ、三根山は大関へ昇進し、いずれも一度だけだが賜杯を手にしている。

現在、故郷・青森市に、八甲山の顕彰碑が存在する。

エピソード編集

1912年春場所8日目、幕内(当時)有明との取組の際、両者が廻しを取って捻り合ううちに八甲山の廻しが外れた。本来なら不浄負けとなるところだったが、ほぼ同時に投げられた有明が土俵に転がり軍配は八甲山に上がった。物言いは付かず、八甲山は手で股間をながら勝ち名乗りを受けた。

主な戦績編集

  • 通算幕内成績:74勝101敗8分1預16休
  • 幕内在位:20場所

関連項目編集

参考文献編集

  • 『おらほの力士たち 明治・大正編』(著:今靖行、刊:北の街社)

脚注編集

  1. ^ ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(3) 高砂部屋』p37
  2. ^ ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(4) 立浪部屋』p32-34