メインメニューを開く

八百津駅(やおつえき)は、岐阜県加茂郡八百津町伊岐津志にあった、名古屋鉄道八百津線(廃線)のである。

八百津駅
1992年
1992年
やおつ
YAOTSU
中野 (1.9km)
所在地 岐阜県加茂郡八百津町伊岐津志
所属事業者 名古屋鉄道
所属路線 八百津線
キロ程 7.3km(明智起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗降人員
-統計年度-
1,366人/日
-1992年[1]-
開業年月日 1930年昭和5年)10月1日
廃止年月日 2001年平成13年)10月1日
テンプレートを表示

八百津町の中心地からはやや離れていて、木曽川を渡った対岸に位置していた。路線廃止に伴い、2001年平成13年)9月30日限りで営業を終了し、翌10月1日廃駅となった。

目次

概要編集

廃線までは御嵩町に向かう広見線と八百津町に向かう八百津線が、明智駅(旧伏見口駅)において2つの線に分岐しており、当駅は長らく八百津線の終着駅であった。プラットホームは4両編成対応1面1線のみの有人駅だった(一部の時間は無人)。かつては丸山ダム方面まで線路(丸山水力専用鉄道)が延びていたため、側線が増設(後に撤去)されており御嵩駅のような頭端式ではなかった。自動券売機等は一切なかった。

八百津線は非電化のレールバスの時代になってから、全列車ワンマン運転であったため、ホームの明智方には運転士が安全確認に用いるバックミラーがあった。

1984年昭和59年)に八百津線がレールバスに置き換わるまでは直流電化されており、住民の記憶によると、1970年代には2両編成の電車7000系パノラマカー4両が当駅まで乗り入れていたという。

2001年(平成13年)に八百津線が廃線となり、駅も廃駅になった後は、駅舎等は撤去されている。その後旧駅前ロータリーを含めた敷地が宅地造成され、住宅が建築された。駅跡には「八百津駅跡」と書かれた石碑とごく短い線路が残されている。

配線図編集

八百津駅 構内配線略図

明智方面
 
凡例
出典:[2]


駅周辺編集

歴史編集

乗客・貨物の推移編集

  • 『名古屋鉄道百年史』によると1992年度当時の1日平均乗降人員は1,366人であり、この値は岐阜市内線均一運賃区間内各駅(岐阜市内線・田神線・美濃町線徹明町駅 - 琴塚駅間)を除く名鉄全駅(342駅)中199位、広見線・八百津線(16駅)中9位であった[1]
  • 『岐阜県統計書デジタルアーカイブ』』による統計は以下の通り(1936-1954年は該当項目なし、1964年以降はネット未公開)
年度 乗車人員 降車人員 貨物発送トン 貨物到着トン
1930 17,362 16,506 372 1,254
1931 32,904 34,736 983 2,001
1932 30,686 32,810 1,187 2,756
1933 34,746 36,638 1,014 2,733
1934 36,207 37,594 807 1,908
1935 39,304 40,873 592 1,802
1955 274,010 274,614 4,885 2,749
1956 310,923 311,264 2,669 2,564
1957 322,864 322,896 1,202 2,418
1958 344,064 347,713 1,529 2,665
1959 327,816 343,389 2,479 2,022
1960 344,816 348,686 1,520 1,345
1961 349,532 357,699
1962 368,897 379,569 66 1,152
1963 404,489 416,441 41 131

廃止前の数年間、利用者の多くは八百津高校への通学生であった。

隣の駅編集

名古屋鉄道
八百津線
中野駅 - 八百津駅

脚注編集

  1. ^ a b 名古屋鉄道広報宣伝部(編)『名古屋鉄道百年史』名古屋鉄道、1994年、651-653頁。
  2. ^ 電気車研究会、『鉄道ピクトリアル』通巻第473号 1986年12月 臨時増刊号 「特集 - 名古屋鉄道」、付図「名古屋鉄道路線略図」