八縣宿禰神
時代 上古弥生時代
別名 八県宿禰神、八縣宿祢命、箭津安賀多神、佐和惠多良六老彦神、六老彦神
氏族 諏訪氏洲羽国造)祖
父母 父:伊豆早雄命、母:多満留姫
兄弟 可毛羽神若木比売神草奈井比売神伊津早姫神大縣神内安賀多神外安賀多神
健志奈乃命
特記
事項
正五位
テンプレートを表示

八縣宿禰神(やつあがたすくねのかみ、やのあがたすくねのかみ)は、古代日本の人物または

概要編集

別名・異表記に八県宿禰神箭津安賀多神[1](やつあがたのかみ)、八縣宿祢命佐和惠多良六老彦神[2](さわえたら - 読み不明 - ひこのかみ)、六老彦神がある。また新海三社神社では建御名方神の子・興波岐命大県神の別名としている。御子神の健志奈乃命は『修補諏訪氏系図』において建御名方神の御子神の健志奈命とは別の神としており、諏訪氏の祖神に位置づけている。

国史としては『日本三代実録』を初見とし、もとは従五位下であったとされる[3]

貞観十年三月九日に正五位下を授与される[4]

系譜編集

 
守矢氏の最初の五代
(洩矢神から八櫛神まで)

建御名方神八坂刀売神の子・出早雄命(后は多満留姫か)の子。

兄妹に可毛羽神若木比売神草奈井比売神伊津早姫神がおり、これに加え大縣神内安賀多神外安賀多神を記す系図もあるほか[5]会津比売神を加えたこれら兄妹は八縣宿禰神の御子神ともされる[6]

祀る神社編集

参考文献編集

  1. ^ 守矢実久「健御名方命御系圖」『諏訪神社略縁起』中村甚之助、明治53年、10頁。
  2. ^ 守矢実久「健御名方命御系圖」『諏訪神社略縁起』中村甚之助、明治53年、10頁。
  3. ^ 延川和彦「修補諏訪氏系図」『諏訪氏系図.正編』飯田好太郎、大正10年、23頁。
  4. ^ 延川和彦「修補諏訪氏系図」『諏訪氏系図.正編』飯田好太郎、大正10年、23頁。
  5. ^ 守矢実久「健御名方命御系圖」『諏訪神社略縁起』中村甚之助、明治53年、10頁。
  6. ^ 「諏訪下社大祝武居祝系圖略」『諏訪史料叢書.巻28』諏訪教育会、昭和11年、73頁。

関連項目編集