メインメニューを開く

八重原村(やえはらむら)とは、千葉県周淮郡(のちに君津郡)にかつて存在した村である。現在の君津市の北部に位置している。君津市の町丁名として現存する。

八重原村
廃止日 1943年4月1日
廃止理由 新設合併
八重原村周西村君津町
現在の自治体 君津市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 千葉県
君津郡
隣接自治体 木更津市周西村貞元村
周南村中村
八重原村役場
所在地 千葉県君津郡八重原村
 表示 ウィキプロジェクト

目次

沿革編集

  • 1889年(明治22年)4月1日 - 町村制施行により、外蓑輪村、杢師村、北子安村、南子安村、内蓑輪村、法木作村、三直村が合併し、周淮郡八重原村が発足。
  • 1897年(明治30年)4月1日 - 周淮郡が統合されて君津郡となる。
  • 1943年(昭和18年)4月1日 - 周西村と合併して君津町を新設。同日八重原村廃止。
  • 1944年(昭和19年)3月31日 - 君津町、周南村、貞元村が合併し、改めて君津町を新設。
  • 1970年(昭和45年)9月28日 - 君津町、上総町小糸町清和村小櫃村が合併し、改めて君津町を新設。
  • 1971年(昭和46年)9月1日 - 君津町が市制施行し、君津市となる。

交通編集

鉄道編集

脚注編集

関連項目編集