メインメニューを開く

株式会社八重洲ブックセンター(やえすブックセンター)は、首都圏を中心にチェーン展開する日本書店である。鹿島建設グループ。

株式会社八重洲ブックセンター
Yaesu Book Center
Yaesu Book Center.JPG
八重洲ブックセンター本店
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
104-8456
東京都中央区八重洲2-5-1
設立 1977年7月4日
業種 小売業
法人番号 3010001059395 ウィキデータを編集
事業内容 和洋書籍・雑誌・文房具・知育玩具および関連商品の販売、喫茶店の経営、イベントホールの経営など
代表者 代表取締役社長 山﨑厚男
資本金 9,500万円
純利益 ネガティブな増加 2億1879万円(2017年)
従業員数 247名(2018年5月1日現在)
主要株主 鹿島建設株式会社、株式会社トーハン
外部リンク http://www.yaesu-book.co.jp/
テンプレートを表示

概要編集

鹿島建設社長・鹿島守之助の「どんな本でもすぐ手に入るような書店が欲しい」との遺志を受け継ぎ、赤坂へ移転した八重洲の同社旧本社跡地に世界一の売り場面積を持つ書店をつくろうと計画され[1]、当時流通する20万点の本を常備しようと構想(展示冊数は40万冊)は画期的なものであったが、一方で日本書店組合連合会(日書連)や書店組合の反対にあい、売り場面積を半分にして、1978年9月18日に日本最大の書店として開業した[2]。開店後1年間の入店者数は約1000万人、売れた本は約500万冊であった[3]

あらゆる書籍を取り揃えるために通常の書店とは異なり買取仕入が主体で、120万冊ともいわれる膨大な在庫量を誇る。

首都圏にチェーン展開しており(以前は全国)、多くは三越イトーヨーカドー等の商業施設にテナントとして出店している。

八重洲本店編集

八重洲本店が旗艦店舗であり、都内有数の大型書店である。土地柄、ビジネスマンの利用が多いため、ビジネス書の在庫数は日本随一である。周辺のオフィスが休みとなる日曜日は、1990年代前半まで休業していた。

ビジネス書関連の講演会やサイン会などのイベントが頻繁に開催されている。その他強みを持っているジャンルとしてパソコン関連、各種専門書、文芸書のほか、観光客が多く利用するため、旅行ガイドの在庫もかなり多い。

ベストセラーにビジネス書が上位を占め、従来はビジネス層が顧客のイメージとして強かったが、今日ではファミリー層や外国人客も増えてきている。このため、客層の変化に対応する意味もあり、2016年に文芸書を1階から5階に移し、2017年には旅行ガイドと雑誌を1階に移している[1]

各種サービス編集

電子マネーQUICPayEdySuicaが本店、及び一部支店で使用可能である。またルミネ荻窪店では、駅ビルを運営している株式会社ルミネが発行するルミネカードを提示した場合、そのサービス(割引)を受けることができる。

2016年10月にはポイントカードを導入、一部店舗(荻窪店・日本橋店)を除き全店で使用可能となっている。

トーハンへの株式譲渡編集

2016年6月1日トーハンが八重洲ブックセンターの親会社である鹿島建設グループから発行済株式の49%を譲受したと発表し、7月1日にトーハンの山崎厚男元会長が八重洲ブックセンターの社長に就任した。これによって、八重洲ブックセンターはトーハンが主導して業績改善に取り組むことになった[4][5]

店舗編集

支店一覧編集

閉店した店舗編集

脚注編集

  1. ^ a b 『東京人』2018年12月号 39頁。
  2. ^ 井尻千男『出版文化夢と現実』57-58頁。
  3. ^ 井尻、前掲書127頁。
  4. ^ “株式会社八重洲ブックセンターの株式譲受に関するお知らせ” (プレスリリース), トーハン, (2016年6月1日), http://www.tohan.jp/news/20160601_751.html 2019年9月6日閲覧。 
  5. ^ トーハン、雑誌の売上高5%減 16年3月期”. 日本経済新聞 (2016年6月3日). 2019年9月6日閲覧。

参考文献編集

  • 井尻千男『出版文化夢と現実』牧羊社、1984年。

関連項目編集

外部リンク編集