メインメニューを開く

八重笠道路(やえがさどうろ)は、群馬県太田市龍舞町から邑楽郡大泉町北小泉に至る、国道122号バイパス道路である。

一般国道
国道122号標識
八重笠道路
国道122号バイパス
路線延長 1.2 km[1]
開通年 2014年4月11日
起点 群馬県太田市龍舞町
終点 群馬県邑楽郡大泉町北小泉
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0354.svg 国道354号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

目次

概要編集

東毛と県央の相互間交通の利便性向上のためと、東毛地域の物流向上および生活圏の拡大のために当バイパスが計画された[1]2009年平成21年)度より事業に着手[1]。総事業費は29億円で[1]2014年(平成26年)4月11日に開通した[2]

全線4車線となっている。起点の太田市龍舞町(龍舞東交差点)では太田バイパスと直結しているため、当バイパスは太田バイパスの延伸部のような形となっている。また、群馬県道2号前橋館林線および国道122号の現道とも交差・接続する。終点の大泉町北小泉(上小泉交差点)では国道354号東毛広域幹線道路)と接続する。

当バイパスの開通により、北関東自動車道 太田桐生IC東北自動車道 館林ICの間が全線4車線で結ばれることになり、高速道路へのアクセス機能向上が図られることになった[1]ほか、2018年(平成30年)3月26日には館林市苗木町(クリーンセンター入口交差点)の東毛広域幹線道路から明和町大佐貫へ至る4車線のバイパス道路である館林明和バイパスが開通、接続されたため、当バイパスと合わせて、一部東武伊勢崎線に沿って大回りのルートをとる現道に対し、埼玉県羽生市方面とを比較的短距離で結び、往来にかかる時間の短縮が見込まれる[3]

接続路線編集

通過市町村編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 国道122号(八重笠道路)バイパス事業 (PDF)”. 群馬県 太田土木事務所. 2018年3月3日閲覧。
  2. ^ 東毛広域幹線道路が開通します (PDF)”. 太田市 (2014年4月1日). 2018年3月3日閲覧。
  3. ^ 2018年3月現在当バイパスと館林明和バイパス間を結び東毛広域幹線道路は国道354号のままになっており、両者は単独のバイパス道路となっている

関連項目編集

外部リンク編集