メインメニューを開く

八鍬 新之介(やくわ しんのすけ、1981年 - )は、日本男性アニメーション演出家アニメーション監督北海道帯広市出身。

目次

経歴・人物編集

帯広市立帯広第八中学校、北海道帯広柏葉高等学校日本大学芸術学部放送学科を卒業。実母は帯広市教育委員会で教育長を務める八鍬祐子[1]。実兄は劇作家演出家の八鍬健之介[2]

原恵一監督作品に惹かれ[3]2005年シンエイ動画へ入社。『ドラえもん (2005年のテレビアニメ)』制作班に配属され、テレビ・映画シリーズの制作進行・ディレクター・演出助手を経て演出家としてデビュー。各話の絵コンテ・演出を担当するようになる。2014年、『ドラえもん 新・のび太の大魔境 〜ペコと5人の探検隊〜』で初監督を務める。次作『ドラえもん 新・のび太の日本誕生』(2016年)では脚本も兼任。

テレビシリーズ『ドラえもん』の「夜行列車はぼくの家[4]などに見られる叙情溢れた演出でファンの評価も高く、八鍬は自身の持ち味について「せつなさを大事にしているんだなと、今回あらためて気がつきました」と話している[5]

参加作品編集

出演編集

年月日 タイトル 備考
2016年3月21日 映画作りから学ぶまちづくり講演会 講演
2016年6月4日 とやま映画祭 ゲスト登壇
2016年7月24日 できる!が増える、夢発見プロジェクト 講演

脚注編集

  1. ^ ドラえもんで監督デビュー”. 十勝毎日新聞社ニュース (2014年3月7日). 2014年3月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年3月7日閲覧。
  2. ^ 伊佐なつき「『龍とオイル』 と ビール。」”. 2016年8月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月17日閲覧。
  3. ^ オトナファミ』 2014年4月号P.54参照。テレビドガッチインタビュー「つくるひと」No.209のインタビュー内では、『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲』を挙げている。
  4. ^ 2011年7月15日放送。原作はてんとう虫コミックス『ドラえもん』25巻「ブルートレインはぼくの家」
  5. ^ 『ドラえもん総集編』2014年春号別冊ふろく「映画ドラえもんムービー★ガイドブック」P.10参照。
  6. ^ a b 杉崎聡・増泉路子と連名。
  7. ^ 藤子・F・不二雄ミュージアム上映作品
  8. ^ 岡野慎吾・杉崎聡と連名。

注釈編集

  1. ^ 2015年2月6日放送分の「恐竜ハンター」の脚本を絵コンテ兼任で担当

関連項目編集