メインメニューを開く

八雲神社(やくもじんじゃ)は、山梨県甲府市奥秩父山地の南(西)部に位置する羅漢寺山にある神社

八雲神社
Shōsenkyō-2.jpg
羅漢寺山 山頂の八雲神社
(2018年5月16日撮影)
所在地 山梨県甲府市猪狩町
位置 北緯35度44分56秒 東経138度33分17秒 / 北緯35.74889度 東経138.55472度 / 35.74889; 138.55472座標: 北緯35度44分56秒 東経138度33分17秒 / 北緯35.74889度 東経138.55472度 / 35.74889; 138.55472
主祭神 素盞嗚尊、櫛稲田姫命
創建 永禄7年3月
テンプレートを表示

概要編集

永禄7年(1564年)3月建立。甲斐国巨摩郡・猪狩村の氏神で古来より石祠内には石棒を安置して祀り、夫婦和と武運の神として地元猪狩村はもとより近郷近在の民衆からの信仰は厚く縁結びの神としても知られていた。この地が金桜神社の要所であったこともあり、参詣者の休息と道中の安全を祈願した処でもある。 拝殿は昭和43年(1968年)10月に再建。境内1380坪。

祭神編集