メインメニューを開く

公共電視文化事業基金会

公共電視文化事業基金会(こうきょうでんしぶんかじぎょうききんかい)は、台湾公共放送を運営する財団法人。通称は「公共電視台」、「公共電視」(公共テレビ〈局〉)、略称は「公視」、「PTS」。英称は「Public Television Service」。日本では「台湾公共テレビ」と呼ばれることが多い。台北市内湖区東湖に本部を置いている。公共電視法(公共テレビ法)に基づく公設財団法人で、中華民国文化部の所管。

財団法人公共電視文化事業基金会
Taiwan Public Television Service Foundation
Public Television Service A Building top front.jpg
公視本部(Bビル)
種類 財団法人
略称 公視、PTS
本社所在地  台湾
11485
台北市内湖区康寧路三段75巷50号
設立 1998年7月1日
業種 情報・通信業
代表者 董事長(理事長):陳郁秀
総経理:曹文傑
所有者 中華民国政府
外部リンク https://www.pts.org.tw/
テンプレートを表示
公共電視文化事業基金会
各種表記
繁体字 公共電視文化事業基金會
簡体字 公共电视文化事业基金会
拼音 Gōnggòng Diànshì Wénhuà Shìyè Jījīnhuì
注音符号 ㄍㄨㄥ ㄍㄨㄥˋ ㄉㄧㄢˋ ㄕˋ ㄨㄣˊ ㄏㄨㄚˋ ㄕˋ ㄧㄝˋ ㄐㄧ ㄐㄧㄣ ㄏㄨㄟˋ
台湾語白話字 Kong-kiōng Tiān-sī Bûn-hòa Sū-gia̍p Ki-kim-hōe
テンプレートを表示

運営編集

財源は視聴者から受信料を徴収するのではなく、中華民国行政院の交付金と自主財源で賄っている。自主財源には次の種類などがある。

企業の賛助
企業から賛助金を出してもらい、番組の終わりに「(賛助金を出した会社名)協賛」と協賛クレジットを15秒~30秒流している。賛助金額により協賛クレジットを流す時間帯が異なる。例えば10万元(約36万円)出すとゴールデンタイムの番組の最後に協賛クレジットを流すことができる。また、自社の公式サイトや後援会会報に掲載する広告収入も大事な財源となっている。
個人からの寄付
「公視の友」という後援会があり、年額900元(約3000円)以上寄付すると「賛助会員」、年額1万元(約3万5000円)以上寄付すると「栄誉会員」になることができる。

歴史編集

チャンネル編集

  • 公視(主チャンネル)
  • 公視台語台 - 台湾語放送
  • 公視3台(PTS3) - スポーツ・教養・外国語番組など

主な番組編集

姉妹局編集

関連項目編集

外部リンク編集