公子壮(こうしそう、? - 紀元前305年)は、中国戦国時代公子。姓は嬴。恵文王庶子武王昭襄王公子雍の異母兄弟。庶長の地位に就き、のちに昭襄王に対し庶長壮の乱、または季君の乱と呼ばれる反乱を起こした。

紀元前307年、秦の武王が崩御し、異母兄弟の公子稷が王位に就き昭襄王となった[1]。これに不満を持った公子壮は自分同様に公子稷の即位に不満を持つ他の公子や大臣らの勢力を糾合し、紀元前305年に昭襄王に対して反乱を起こしたが昭襄王の母の宣太后の異母兄弟である魏冄によって鎮圧され、乱に加担した恵文后・公子雍らとともに公子壮は処断された[2][3]

脚注編集

  1. ^ 『史記』巻七十二・穣侯列伝:武王卒,諸弟争立,唯魏厓力為能立昭王。昭王即位,以厓為将軍,衛咸陽。誅季君之乱,而逐武王后出之魏,昭王諸兄弟不善者皆滅之,威振秦国。昭王少,宣太后自治,任魏厓為政。
  2. ^ 『史記』秦本紀第五:庶長壮与大臣・諸侯・公子為逆,皆誅,及恵文后皆不得良死。
  3. ^ 『古本竹書紀年』魏紀:秦内乱,殺其太后及公子雍・公子壮。

参考文献編集