公文 菊仙(くもん きくせん、生没年不詳)は明治時代口絵画家。

来歴編集

富岡永洗の門人とみられる。明治35年(1902年)頃から『やまと新聞』に挿絵を描いたほか、明治36年(1903年)から明治45年(1912年)まで村上浪六小説の口絵を描いている。明治40年(1907年)には『国民新聞』に雇われていたようである。

作品編集

  • 「当世五人男吉田雄蔵」 村上浪六作 嵩山堂 明治36年
  • 「当世五人男川上三吉」 村上浪六作 嵩山堂 明治37年
  • 「夜叉男」前後 村上浪六作 嵩山堂 明治38年
  • 「八軒長屋」 前中後 村上浪六作 民友社 明治40年
  • 「煩悶病院」上下 村上浪六作 嵩山堂 明治42年
  • 「稲田一作」前 村上浪六作 民友社 明治42年
  • 「元禄忠魂録」 村上浪六作 至誠堂 明治45年

参考文献編集

  • 山田奈々子 『木版口絵総覧』 文生書院、2005年
  • 岩切信一郎 「筒井年峰について」『一寸』第33号 書痴同人、2008年 ※15頁