メインメニューを開く

公爵領英語: duchy, dukedom)は、公爵英語: duke:女性形 duchess)が支配する領域知行地、ないし領地

ドイツイタリアのように、中央集権的な国家統一が近代に至るまで進まなかった地域では、公爵領が主権をもつ国家として存続した例があった。しかし、イングランドフランススペインのように、中世期に国家統一が進んだ国々においては、公爵領は王国内の一部地域となる。

目次

事例編集

ルクセンブルクなど、伝統的に大公国は、主権国家として独立していた。主権を有する公爵領、すなわち公国は、神聖ローマ帝国の範囲を中心に、かつてはドイツ語圏に広く存在していた。

フランスには、中世期には多数の公爵領が存在していた。イギリス女王であるエリザベス2世は、チャンネル諸島の領有との関係から、中世フランスの爵位であるノルマンディー公爵位を現在も有していると主張している。この他、重要なフランスの公爵領の例としては、ブルゴーニュ公国ブルターニュ公国アキテーヌ公国などが挙げられる。

中世ドイツの部族大公領(ドイツ語: Stammesherzogtum)は、フランク王国との結びつきから成立しており、主なゲルマン人部族が定住していた地域にそれぞれ対応している。部族大公領は、主要な封建領邦の核となり、神聖ローマ帝国を構成していた。カロリング朝(751年 - 987年)までに、シュヴァーベンバイエルンザクセンが部族大公領として成立し、その後、フランケンロートリンゲンが加わった。

中世イングランドにおいては、現在のランカシャーコーンウォールの領域に公爵領が設けられ、公爵には一定の権力が与えられていた。1351年に設けられたランカスター公爵位は、1399年に、この年に没した先代公爵ジョン・オブ・ゴーントの相続者であったヘンリー・ボリングブルックがヘンリー4世としてイングランド王に即位したため、以降は王位とともに継承されることとなった。今日ではランカスター公爵位は常に王が保有しており、公爵領の地代収入は王室の御手元金 (Privy Purseとなっている。1337年に設けられたコーンウォール公爵位は、王位継承者のひとりに与えられてきた。今日、コーンウォール公爵領は王位継承権者のうち王の最年長の男子の所有となり、該当者がいない場合は王に返上され、該当者が新たに生まれれば自動的に所領として与えられるようになっている。これら2つの公爵領は、(コーンウォール公爵位については論争があるものの)政治的な役割はもはや失っているが、公爵位を継承したその領有者に私的な地代収入を生み出し続けている。薔薇戦争の際、時のヨーク公エドワード・プランタジネット(後のエドワード4世)は、安全を保障し、自らがヨーク公爵領を領有することの正当性を訴えて、ヨークに無血入城した[1]。イングランド各地にあった封建制の下での公爵領は、その後すべて王家に吸収されることになった。上述のコーンウォール公爵領とランカスター公爵領を別にすれば、イギリスの王族が保有する公爵位は単なる儀礼称号であり、土地の所有権を含意するものではない。王族以外の貴族が保有する公爵位は、公爵位に付随する不動産の所有を伴うものとなっているが、今日では、これらは公爵の個人資産として扱われ、封建的特権は付随していない。

現代では、地理的広がりをもった領域として公爵領が存在することは稀になっており、公爵領が純粋に象徴的な性格のものとなって既に数世紀が経っている。今日では、大公国として独立しているルクセンブルクは別として、独立した主権国家となっている公爵領は存在しない[2]

大公国編集

歴史上存在した公国、公爵領編集

ドイツ編集

オーストリア編集

イタリア編集

低地地方編集

フランス編集

ポーランド編集

その他編集

出典・脚注編集

  1. ^ The Second War of the Roses”. BBC (2003年10月3日). 2011年2月10日閲覧。
  2. ^ モナコ公国アンドラ公国リヒテンシュタイン公国は、日本語では公国と訳されるが、英語: principalityフランス語: principauté, カタルーニャ語: principat, ドイツ語: Fürstentum)であり、英語: duchy, dukedomにあたる公爵領ではない。

外部リンク編集