メインメニューを開く

公立丹南病院(こうりつたんなんびょういん)は、福井県鯖江市にある医療機関。鯖江市・越前市池田町南越前町越前町の2市3町で構成される一部事務組合の公立丹南病院組合が設置し、指定管理者として公益社団法人地域医療振興協会が管理運営を受任する病院である。旧国立鯖江病院の移譲を受けた公立丹南病院組合が2000年2月1日に開設し、管理運営を地域医療振興協会に委任した。

Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 公立丹南病院
公立丹南病院
情報
指定管理者 公益社団法人地域医療振興協会
英語名称 Tannan Regional Medical Center
前身 国立鯖江病院
標榜診療科 内科、小児科、外科、整形外科、脳神経外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、リハビリテーション科、放射線科、形成外科、麻酔科
許可病床数

179床
一般病床:175床


感染症病床:4床
機能評価 一般100床以上200床未満:Ver5.0
開設者 公立丹南病院組合
管理者 布施田 哲也(病院長)
開設年月日 2000年2月1日
所在地
916-8515
福井県鯖江市三六町一丁目2番31号
位置 北緯35度58分10秒
東経136度10分41秒
二次医療圏 丹南
PJ 医療機関
テンプレートを表示

目次

沿革編集

診療科編集

医療機関の指定等編集

  • 保険医療機関
  • 救急告示医療機関
  • 労災保険指定医療機関
  • 指定自立支援医療機関(精神通院医療)
  • 身体障害者福祉法指定医の配置されている医療機関
  • 生活保護法指定医療機関
  • 結核指定医療機関
  • 指定養育医療機関
  • 戦傷病者特別援護法指定医療機関
  • 原子爆弾被害者一般疾病医療取扱医療機関
  • 第二種感染症指定医療機関
  • 母体保護法指定医の配置されている医療機関
  • 災害拠点病院
  • へき地医療拠点病院
  • 臨床研修指定病院
  • DPC対象病院

医療事故編集

国立病院時代(1952年)、同院の看護師2人が入院患者に対しブドウ糖を注射しようとした所、看護師が薬物を誤り麻酔薬ベルカイン(劇薬)を投与してしまい、患者が昏睡状態に陥り、その後数分で患者は死亡した。 同院では、この事故を教訓に二度とこのような事故が発生しないよう医療の安全化を図ってきた。それ以来医療事故は一件も発生していない。

周辺の施設編集

  • みどりケ丘病院
  • 鯖江市立中央中学校
  • 鯖江市神明健康スポーツセンター

交通アクセス編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集