公衆衛生的介入(こうしゅうえいせいてきかいにゅう、: Public health intervention)は、集団レベルでのメンタルおよび身体の健康を改善しようとする努力や政策である。公衆衛生的介入は、政府の保健部門英語版非政府組織(NGO)など、様々な組織によって運営されている場合がある。介入の一般的な種類には、スクリーニングプログラム[1]予防接種[2]、食品と水の補給、および健康増進などがある。公衆衛生的介入の対象となる共通の問題には、肥満[3]薬物たばこアルコールの使用[4]HIVなどの感染症の蔓延[5]などがある。

政策は、それが個人と地域社会の両方のレベルで疾病を予防し、公衆衛生に正の影響を与える場合には、公衆衛生的介入の基準を満たすことができる[6]

種類編集

保健介入は、保健部門や民間組織など、さまざまな組織によって運営されている場合がある。このような介入は、世界レベル、国レベル、またはコミュニティレベルなど、さまざまな規模で実施することができる。全住民へは、ウェブサイト、オーディオ/ビデオメッセージおよび他のマスメディアを介して到達することができる。または特定のグループへは、学校での健康的な食品の提供を増加させるような管理上の行動によって、影響を与えることがけいる。

スクリーニング編集

スクリーニングとは、特定の基準(年齢、性、または性行為など)を満たす個人の集合を、疾患または障害について検査することである。スクリーニングの多くの形態は、公衆衛生的介入である。例えば、母親は妊娠中にHIVB型肝炎のスクリーニングを日常的に受けている。妊娠中の発見は、出産時の疾患の母子感染を防ぐことができる[7]

予防接種編集

予防接種プログラムは、公衆衛生上の介入の中で最も効果的で一般的なものの一つである。一般的に、プログラムは勧告の形で行われることもあれば、政府の保健部門や国有化された医療制度によって運営されることもある。例えば、米国では、疾病予防センターが予防接種のスケジュールを決定し、ほとんどの民間保険会社がこれらの予防接種を適用範囲としている。英国では、NHSが予防接種のプロトコルを決定し、実施している。NGOもまた、予防接種プログラムの資金提供や実施に関与している場合がある。例えば、ビル&メリンダ・ゲイツ財団は、パキスタン、ナイジェリア、アフガニスタンの政府を支援し、ポリオ予防接種の実施を支援している[8]

補給編集

栄養素の食品や水を補給することで、ビタミン欠乏症などの病気を減らすことができる。補給は法律で義務付けられている場合もあれば、任意の場合もある。介入の例としては、以下のようなものがある。

行動編集

個人の行動の変容英語版を意図した介入は、特に困難な場合がある。そのような形の一つが健康増進であり、教育メディアを利用して、健康的な食品を食べる(肥満を防ぐ)、コンドームを使う(性感染症の伝播を防ぐ)、発展途上国での屋外排泄を止めるなど、健康的な行動を促進することができる(例えば、インドのクリーン・インディア・ミッション英語版キャンペーンを参照のこと)。

特定の行動を犯罪化するために法律を使用することも、予防接種プログラムの義務化[13][14]HIV伝達の犯罪化英語版[15][16][17]のような公衆衛生上の介入と考えることができる。しかし、こういった措置は、特にHIVの犯罪化の場合には、逆効果であるという証拠があるため、一般的には議論の的になっている[15][16][17]。特定の不健康な製品に課税する法律も有効な場合があるが、これも議論がないわけではなく、「罪税」と呼ばれることもある。例としては、米国とニュージーランドにおけるタバコ製品[18]や英国における砂糖入り飲料[19]への課税などが挙げられる。

有効性の評価編集

公衆衛生上の介入の有効性の評価と予測、および費用対効果英語版の計算は不可欠である。介入は理想的には罹患率および死亡率を低下させるべきである。介入マッピング英語版[20]など、そのような介入の開発を支援するための体系的なプロトコルがいくつか存在する。

出典編集

  1. ^ Kim, Hyuncheol Bryant; Lee, Sun-Mi (2017-03-06). “When public health intervention is not successful: Cost sharing, crowd-out, and selection in Korea's National Cancer Screening Program.”. Journal of Health Economics 53: 100–116. doi:10.1016/J.JHEALECO.2017.02.006. PMID 28340393. https://www.wikidata.org/wiki/Q53639040. 
  2. ^ Kürüm, Esra; Warren, Joshua L.; Schuck-Paim, Cynthia; Lustig, Roger; Lewnard, Joseph A.; Fuentes, Rodrigo; Bruhn, Christian A. W.; Taylor, Robert J. et al. (2017-07-31). “Bayesian model averaging with change points to assess the impact of vaccination and public health interventions.”. Epidemiology 28 (6): 889–897. doi:10.1097/EDE.0000000000000719. PMC: 5617796. PMID 28767518. https://www.wikidata.org/wiki/Q38646854. 
  3. ^ Bhuyan, Soumitra S.; Chandak, Aastha; Smith, Patti; Carlton, Erik L.; Duncan, Kenric; Gentry, Daniel (2015-08-07). “Integration of public health and primary care: A systematic review of the current literature in primary care physician mediated childhood obesity interventions.”. Obesity Research and Clinical Practice 9 (6): 539–552. doi:10.1016/J.ORCP.2015.07.005. PMID 26259684. https://www.wikidata.org/wiki/Q38563851. 
  4. ^ Todd, Adam; Moore, Helen J.; Husband, Andrew K.; Bambra, Clare; Kasim, Adetayo; Sniehotta, Falko F.; Steed, Liz; Summerbell, Carolyn D. (2014-08-22). “Community pharmacy interventions for public health priorities: protocol for a systematic review of community pharmacy-delivered smoking, alcohol and weight management interventions” (English). Systematic Reviews 3: 93. doi:10.1186/2046-4053-3-93. PMC: 4145162. PMID 25145710. https://www.wikidata.org/wiki/Q27007072. 
  5. ^ M, Schrappe; K, Lauterbach (1998-01-01). “Systematic review on the cost-effectiveness of public health interventions for HIV prevention in industrialized countries.”. AIDS 12 Suppl A: S231–8. PMID 9633007. https://www.wikidata.org/wiki/Q50881641. 
  6. ^ Patil, Rajan R. (2013-11-01). “Application of PHEL - 'Public Health Epidemiological Logic' of Public Health Intervention and Public Health Impact.”. International Journal of Preventive Medicine 4 (11): 1331–1336. PMC: 3883261. PMID 24404371. https://www.wikidata.org/wiki/Q41855465. 
  7. ^ Screening for hepatitis B, HIV and syphilis” (英語). www.nhs.uk (2018年1月10日). 2018年6月9日閲覧。
  8. ^ Polio” (英語). Bill & Melinda Gates Foundation. 2018年6月9日閲覧。
  9. ^ Hetzel, B. (1983-11-12). “Iodine Deficiency Disorders (Idd) and Their Eradication” (英語). The Lancet 322 (8359): 1126–1129. doi:10.1016/S0140-6736(83)90636-0. ISSN 0140-6736. PMID 6138653. 
  10. ^ Honein, Margaret A. (2001-06-20). “Impact of Folic Acid Fortification of the US Food Supply on the Occurrence of Neural Tube Defects” (英語). JAMA 285 (23): 2981–6. doi:10.1001/jama.285.23.2981. ISSN 0098-7484. PMID 11410096. 
  11. ^ Frieden, Thomas R. (April 2010). “A Framework for Public Health Action: The Health Impact Pyramid” (英語). American Journal of Public Health 100 (4): 590–595. doi:10.2105/ajph.2009.185652. ISSN 0090-0036. PMC: 2836340. PMID 20167880. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2836340/. 
  12. ^ Hiligsmann, Mickael; Neuprez, Audrey; Buckinx, Fanny; Locquet, Médéa; Reginster, Jean-Yves (December 2017). “A scoping review of the public health impact of vitamin D-fortified dairy products for fracture prevention”. Archives of Osteoporosis 12 (1): 57. doi:10.1007/s11657-017-0352-1. ISSN 1862-3514. PMC: 5486688. PMID 28634891. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5486688/. 
  13. ^ Haverkate, M; D’Ancona, F; Giambi, C; Johansen, K; Lopalco, P L; Cozza, V; Appelgren, E; on behalf of the VENICE project gat, collective (2012-05-31). “Mandatory and recommended vaccination in the EU, Iceland and Norway: results of the VENICE 2010 survey on the ways of implementing national vaccination programmes” (英語). Eurosurveillance 17 (22). doi:10.2807/ese.17.22.20183-en. ISSN 1560-7917. PMID 22687916. https://edoc.rki.de/bitstream/176904/1242/1/28kSs2Kf3hxEw.pdf. 
  14. ^ Vamos, Cheryl A.; McDermott, Robert J.; Daley, Ellen M. (June 2008). “The HPV Vaccine: Framing the Arguments FOR and AGAINST Mandatory Vaccination of All Middle School Girls” (英語). Journal of School Health 78 (6): 302–309. doi:10.1111/j.1746-1561.2008.00306.x. ISSN 0022-4391. PMID 18489462. 
  15. ^ a b Burris, Scott (2008-08-06). “The Case Against Criminalization of HIV Transmission” (英語). JAMA 300 (5): 578–81. doi:10.1001/jama.300.5.578. ISSN 0098-7484. PMID 18677032. 
  16. ^ a b Cameron, E (December 2009). “Criminalization of HIV transmission: poor public health policy.” (英語). HIV/AIDS Policy & Law Review 14 (2): 1, 63–75. ISSN 1712-624X. PMID 20225503. 
  17. ^ a b Mykhalovskiy, Eric (2011-09-01). “The problem of "significant risk": Exploring the public health impact of criminalizing HIV non-disclosure” (英語). Social Science & Medicine 73 (5): 668–675. doi:10.1016/j.socscimed.2011.06.051. ISSN 0277-9536. PMID 21835524. 
  18. ^ Wilson, Nick; Blakely, Tony; Tobias, Martin (2006-11-02). “What potential has tobacco control for reducing health inequalities? The New Zealand situation”. International Journal for Equity in Health 5 (1): 14. doi:10.1186/1475-9276-5-14. PMC: 1654162. PMID 17081299. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1654162/. 
  19. ^ Briggs, Adam D. M.; Mytton, Oliver T.; Kehlbacher, Ariane; Tiffin, Richard; Rayner, Mike; Scarborough, Peter (2013-10-31). “Overall and income specific effect on prevalence of overweight and obesity of 20% sugar sweetened drink tax in UK: econometric and comparative risk assessment modelling study” (英語). BMJ 347: f6189. doi:10.1136/bmj.f6189. ISSN 1756-1833. PMC: 3814405. PMID 24179043. https://www.bmj.com/content/347/bmj.f6189. 
  20. ^ Bartholomew, L. K., Parcel, G. S., Kok, G., Gottlieb, N. H., & Fernández, M.E., 2011. Planning health promotion programs; an Intervention Mapping approach, 3rd Ed. San Francisco, CA: Jossey-Bass.

関連項目編集

  • WASH英語版(water, sanitation, hygiene: 水と衛生)