メインメニューを開く
日本 > 関東地方 > 神奈川県 > 横浜市 > 南区 > 六ツ川

六ツ川(むつかわ)は、神奈川県横浜市南区の町名。現行行政地名は六ツ川一丁目から六ツ川四丁目。住居表示未実施区域。郵便番号は232-0066[3]。面積は1.937km2[1]

六ツ川
神奈川県立横浜国際高等学校
神奈川県立横浜国際高等学校
六ツ川の位置(横浜市内)
六ツ川
六ツ川
六ツ川の位置
六ツ川の位置(神奈川県内)
六ツ川
六ツ川
六ツ川の位置
北緯35度25分50.64秒 東経139度34分47.38秒 / 北緯35.4307333度 東経139.5798278度 / 35.4307333; 139.5798278
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Kanagawa Prefecture.svg 神奈川県
市町村 Flag of Yokohama, Kanagawa.svg 横浜市
南区
面積
 • 合計 1.937km2
人口
2017年(平成29年)12月31日現在)[2]
 • 合計 22,941人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
232-0066[3]
市外局番 045 (横浜MA)[4]
ナンバープレート 横浜
坂道にある送電鉄塔の下に整備された庭園(六ツ川3丁目、位置[5]

目次

地理編集

横浜市南区西部に位置し、西端は保土ケ谷区戸塚区港南区に接する。一丁目から三丁目がV字形の形状をしており、戸塚区に食い込むように四丁目が西に張り出す。正式な表記は六川だが[6]、六[7]や六[8]の表記も混在する。 東西に神奈川県道218号弥生台桜木町線(平戸桜木道路)、南北に横浜横須賀道路が通り六ッ川料金所があるが、町内にインターチェンジは設けられていない。二丁目西部には神奈川県立こども医療センターがあり、隣接する港南区芹が谷にかけては医療機関が集積する地区となっている。三丁目には横浜パークタウンや六ッ川台団地など集合住宅が立ち並ぶ。また狩場町との隣接地には横浜市こども植物園がある。

沿革編集

古くは武蔵国久良岐郡引越村で、1889年明治22年)4月1日に周辺の村と合併、大岡川村大字引越となる。1927年昭和2年)4月1日に横浜市に編入、横浜市六ツ川町となる。六ツ川の地名は、古い広域地名の「多々久郷」が弘明寺・中里・別所・最戸・久保・引越の六ヶ村に分かれたこと、市町村制施行時に大岡川村となったことに由来する。また、鮫ヶ谷・久保谷・マンヶ谷・九田谷・荒戸谷・御堂谷の谷側に由来するとの別説もある[9]。1927年(昭和2年)10月1日に区制施行、中区となったのち、1943年(昭和18年)に新設した南区に編入された。1967年(昭和42年)1月15日に六ツ川町の町名が廃止され、六ツ川一丁目から三丁目を新設。次いで1969年(昭和44年)10月1日に四丁目が新設された[6]

なお、追加で新設された四丁目は上記の六ツ川とは本来別個の地域で、古くは相模国鎌倉郡永谷村の一部。1889年明治22年)4月1日に上野庭村、下野庭村および平戸村飛地と合併、永野村の一部となる[9]1936年昭和11年)10月1日横浜市に編入、中区の一部となり、下永谷町となる。1943年(昭和18年)12月1日に分区により南区に編入、1969年(昭和44年)10月1日に下永谷町のうち、北端で六ツ川三丁目に隣接した地域(字山谷)を六ツ川四丁目としたものである。


世帯数と人口編集

2017年(平成29年)12月31日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]

丁目 世帯数 人口
六ツ川一丁目 2,794世帯 5,570人
六ツ川二丁目 3,655世帯 7,786人
六ツ川三丁目 3,487世帯 7,411人
六ツ川四丁目 1,010世帯 2,174人
10,946世帯 22,941人

小・中学校の学区編集

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[10]

丁目 番地 小学校 中学校
六ツ川一丁目 1〜131番地、133〜235番地
239〜248番地、250番地の2〜3
250番地の6〜7、251〜253番地
258〜263番地
横浜市立井土ケ谷小学校 横浜市立南中学校
249番地〜250番地の1
250番地の4〜5・8
388番地
横浜市立南小学校 横浜市立南が丘中学校
132番地
310番地(崖の上)
668番地
横浜市立六つ川小学校 横浜市立南中学校
その他 横浜市立六ツ川中学校
六ツ川二丁目 1〜13番地、15〜38番地
41〜46番地、48番地
50〜51番地
79番地〜110番地の4
14番地、57番地の7
62番地の24〜32、63〜78番地
110番地の5〜終り
横浜市立六つ川西小学校
その他 横浜市立別所小学校
六ツ川三丁目 1〜16番地 横浜市立六つ川小学校
その他 横浜市立六つ川台小学校
六ツ川四丁目 全域 横浜市立六つ川西小学校

施設編集

教育機関編集

  • 神奈川県立横浜国際高等学校
  • 横浜市立六ツ川中学校
  • 横浜市立南中学校
  • 横浜市立六つ川西小学校
  • 横浜市立六つ川台小学校
  • 神奈川県立横浜南養護学校

公共施設編集

商業施設・金融機関編集

その他編集

  • 横浜市こども植物園

その他編集

女優、歌手の斉藤由貴の出身地である。

脚注・参考資料編集

  1. ^ a b 横浜市町区域要覧”. 横浜市 (2016年3月31日). 2018年1月24日閲覧。
  2. ^ a b 横浜の人口 - 登録者数(市・区・町・外国人) - 町丁別世帯と男女別人口”. 横浜市 (2017年12月31日). 2018年1月24日閲覧。
  3. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年1月23日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年1月23日閲覧。
  5. ^ ストリートビュー - google map
  6. ^ a b 横浜市港南区の町名一覧(横浜市役所) (PDF) 2014年10月20日現在
  7. ^ 横浜市立六つ川小学校
  8. ^ 横浜六ッ川郵便局
  9. ^ a b 『横浜の町名』1996年12月、横浜市市民局総務部住居表示課発行
  10. ^ 小中学校等通学区域”. 横浜市 (2017年11月15日). 2018年1月24日閲覧。
  • 『県別マップル 神奈川県広域・詳細道路地図』2006年4刷 昭文社 ISBN 9784398626998