メインメニューを開く

六人の会(ろくにんのかい)は、落語界の衰退を憂いた以下の落語家六人が、所属の流派、落語団体を超えて結成した落語家の会。2003年3月に結成した[1]

目次

メンバー編集

所属している落語団体は、落語協会は、小朝(元理事)、正蔵(副会長)、花緑。落語芸術協会は、昇太(理事)。立川流は、志の輔(理事)。上方落語協会は、鶴瓶(副会長)。

上方噺家の鶴瓶がメンバーなのは、鶴瓶が主催する「無学の会」に、志の輔、小朝、花緑がゲストで来たためである。

活動編集

以下に示すような、東西・団体の垣根を越えた多くのイベントを主催・プロデュースしている。

他にも、落語協会を脱退して旧来の定席とは縁切りした状態であった5代目三遊亭圓楽を、2005年5月31日新宿末廣亭での「余一会」で高座に27年ぶりに復帰させたり、2005年3月、9代目林家正蔵襲名披露に際しては、「六人の会」メンバーは積極的に協力し、各種メディアに取り上げられたりと(2代目林家三平の襲名時にも同様)、流派、所属団体の枠を超えた活動を行っている。

著書編集

  • 『六顔萬笑』ISBN 978-4764820043
  • 小朝『いま、胎動する落語』ISBN 978-4835616391には、六人の会運営苦労話が記されている。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 「時代を駆ける:林家正蔵:SHOZO HAYASHIYA(5)」 『毎日新聞』 2009年10月27日、13版、9面。

関連項目編集