メインメニューを開く

六人部王(むとべおう、生年不詳 - 神亀6年1月11日729年2月13日))は、奈良時代皇族身人部王とも記される。系譜は明らかでないが、太政大臣高市皇子の子の可能性があるとする指摘もある[1]位階正四位上

経歴編集

和銅3年(710年高市皇子の子である鈴鹿王とともに無位から従四位下に直叙される。従四位下の蔭位を受けていることから二世王と想定される。霊亀2年(716年志貴皇子薨去に際して、県犬養筑紫とともに喪事を監護する[2]

養老5年(721年長屋王右大臣任官と同時に従四位上に叙せられると、養老7年(723年正四位下神亀元年(724年)正四位上と長屋王政権下で順調に昇進を果たす。神亀3年(726年聖武天皇播磨国印南野への行幸に際して装束司を務めた[3]。神亀6年(729年)正月11日卒去。なお、その約1ヶ月後に長屋王の変が発生している。

長田王門部王らとともに風流侍従と称された[4]

官歴編集

続日本紀』による。

系譜編集

脚注編集

  1. ^ a b c 宝賀[1986: 134]
  2. ^ 続日本紀』霊亀2年8月11日条
  3. ^ 『続日本紀』神亀3年9月27日条
  4. ^ 『藤氏家伝』下
  5. ^ a b 『万葉集』巻8-1611

参考文献編集

  • 宇治谷孟『続日本紀 (上)』講談社学術文庫、1995年
  • 宝賀寿男『古代氏族系譜集成』古代氏族研究会、1986年