メインメニューを開く

六戸町(ろくのへまち)は、青森県上北郡の東南部に位置するである。一面が平坦な地形にて形成されており、目立った高山・湖沼はない。十和田湖を源流とする奥入瀬川が東西を流れ、流域には農地が広がる。積雪は多くなく年間を通して穏やかな気候である。

ろくのへまち
六戸町
古牧温泉・星野リゾート青森屋
日本の旗 日本
地方 東北地方
都道府県 青森県
上北郡
団体コード 02405-8
法人番号 4000020024058
面積 83.89km2
総人口 10,531
推計人口、2018年10月1日)
人口密度 126人/km2
隣接自治体 十和田市三沢市
上北郡東北町おいらせ町
三戸郡五戸町
町の木 カエデ
町の花 山桜
町の鳥 ヒバリ
六戸町役場
町長 吉田豊
所在地 039-2392
青森県上北郡六戸町大字犬落瀬字前谷地60
北緯40度36分34.3秒東経141度19分29.3秒
2008年(平成20年)4月撮影
外部リンク ろくのへまちホームページ

六戸町位置図

― 市 / ― 町・村

 表示 ウィキプロジェクト

目次

地理編集

上北郡の東南部に位置する。町の南部の東西を十和田湖を源流とする奥入瀬川が流れる。

中北部は、三本木原と呼ばれる台地であり、奥入瀬川から十和田市法量にて分岐した人工河川・稲生川(三本木原用水路)が、東流している。

北部の三沢市との境界付近には、姉沼川の支流も流れている。

歴史編集

古来、「六戸」という地名は、単独の村の呼称ではなく、現六戸町域以外のおいらせ町や三沢市南部も含めた、奥入瀬川(旧称・相坂川)流域一帯を指した呼称であったという説がある。

  • 1889年(明治22年)4月1日:町村制施行に伴い、折茂村、柳町村、小平村、鶴喰村、犬落瀬村、上吉田村、下吉田村の7箇村合併により上北郡六戸村成立。

(各村名は、大字として存続。)

行政編集

平成の大合併において、下田町百石町(現・おいらせ町)との合併を目指して協議会を設立したが、特例債の運用方針を巡って対立し、離脱した。

産業編集

農業編集

おいらせ農業協同組合JAおいらせ)六戸支店がある。

(十和田市に本店を置き、2008年平成20年)4月に発足した「十和田おいらせ農業協同組合」とは別である)。

工業編集

観光編集

県南地方随一の桜の名所として有名。主にヤマザクラが植栽されている。

郵便編集

その他編集

近年では、太陽光発電サイト(いわゆるメガソーラー施設)の建設・設置が相次いでいる。

姉妹都市・提携都市編集

地域編集

大字編集

  • 犬落瀬(いぬおとせ)
  • 折茂(おりも)
  • 上吉田(かみよしだ)
  • 下吉田(しもよしだ)
  • 小平(こだいら)
  • 鶴喰(つるばみ)
  • 柳町(やなぎまち)
  • 金矢(かなや)一~三丁目
  • 小松ケ丘(こまつがおか)一~六丁目 

人口編集

 
六戸町と全国の年齢別人口分布(2005年) 六戸町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 六戸町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
六戸町(に相当する地域)の人口の推移
 
総務省統計局 国勢調査より
  • 平成27年国勢調査における前回調査からの人口増減率は1.78%の増加で、県全体4.74%の減少を大きく上回るばかりでなく、県内40市町村で1位だった。なお県内で増加となったのは当町とおいらせ町のみである[1]

所轄警察署編集

  • 十和田警察署管内
    • 六戸駐在所

所轄消防署編集

教育編集

高等学校編集

中学校編集

小学校編集

小学校(統廃合前)編集
  • 七百小学校(合併し開知小学校へ)
  • 昭陽小学校(合併し開知小学校へ)
  • 長谷小学校(六戸小学校に統合)
  • 柳町小学校(六戸小学校に統合)
  • 折茂小学校(六戸小学校に統合)

幼稚園・保育所編集

医療機関編集

金融機関編集

隣接する自治体編集

交通編集

バス編集

鉄道編集

道路編集

  • 自動車専用道路
    • E4A 第二みちのく有料道路六戸ジャンクション
    • E4A 上北自動車道六戸三沢インターチェンジ

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事編集

 
旧渋沢邸(町指定文化財)

特産品編集

郷土料理編集

出身著名人編集

脚注編集

  1. ^ 平成27年国勢調査”. 総務省統計局 (2016年10月26日). 2017年7月22日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集