メインメニューを開く

六月燈の三姉妹』(ろくがつどうのさんしまい)は、2014年5月31日公開の日本映画

六月燈の三姉妹
監督 佐々部清
脚本 水谷龍二
製作 西田聖志郎
坂上也寸志
臼井正明
製作総指揮 小野鉄二郎
出演者 吹石一恵
吉田羊
徳永えり
津田寛治
市毛良枝
西田聖志郎
音楽 寺嶋民哉
主題歌 石原有輝香「月奏」
撮影 坂江正明
編集 大畑英亮
制作会社 六月燈の三姉妹製作委員会
パディハウス薩摩酒造鹿児島テレビ放送
製作会社 パディハウス
配給 ピーズインターナショナル
公開 2013年11月9日
日本の旗 2014年5月31日
上映時間 104分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

鹿児島県鹿児島市にある真砂商店街のなかの菓子屋「とら屋」(舞台では「つる屋」)の一家を描く舞台および映画監督は『半落ち』等の佐々部清。映画は2013年11月9日より鹿児島宮崎で先行上映されている[1]

概要編集

鹿児島市出身の俳優西田聖志郎が企画し、水谷龍二の作・演出により2009年に初演、2011年に再演された舞台劇の映画化作品。

昔ながらの商店街のなかにある家族経営の和菓子店「とら屋」(舞台では「つる屋」)は、時代とともに客足が遠のき、経営不振に陥っている。家族がそれぞれ離婚歴や婚約破棄などの事情を抱えながら、店や商店街を盛り上げるため、「六月燈」の夜に新作和菓子「かるキャン」で起死回生の大作戦に出る。

ストーリー編集

和菓子店「とら屋」の次女:奈美江は、東京で税理士事務所を経営する夫と共に暮らしていたが、離婚調停をきっかけに鹿児島の実家に戻ってくる。

実家の「とら屋」は経営不振だが、地元の夏祭り六月燈で新作菓子を発表するために忙しい。そこへ奈美江の夫:徹が奈美江を追いかけて鹿児島へやってくる。徹も六月燈まで「とら屋」の手伝いをすることになり、家族は一つの目標に向けて力を合わせていく。

登場人物編集

平川 奈美江
演 - 吹石一恵
恵子の娘。次女。税理士事務所を経営する夫とは離婚調停中で、一時的に鹿児島の実家へ戻ってくる。
中薗 静江
演 - 吉田羊
長女。バツイチで、母親と義理の父親が営む和菓子屋を手伝っている。
中薗 栄
演 - 徳永えり
三女。恵子と有馬の娘。結婚直前に婚約破棄し、駅の売店で働いている。
平川 徹
演 - 津田寛治
奈美江の夫。税理士事務所を経営している。離婚調停中だが、奈美江を追って鹿児島へやってくる。
中薗 惠子
演 - 市毛良枝
三姉妹の母親。バツ2。最初の夫との間に静江・奈美江を、有馬との間に栄を産んだ。有馬の浮気が原因で離婚したが、現在も共に和菓子店を営んでいる。
有馬 眞平
演 - 西田聖志郎
恵子の前夫。栄の実の父親。恵子とは離婚しているが、菓子職人として共に「とら屋」を営む。

スタッフ編集

脚注編集

外部リンク編集