メインメニューを開く

六本木エネルギーサービス株式会社(ろっぽんぎエネルギーサービス)は、六本木ヒルズ東京都港区六本木)に電気と熱(暖房用の蒸気と冷房用の冷水)を供給している会社である。本社は六本木ヒルズ森タワーの最下階の地下6階にあり、「六本木ヒルズエネルギーセンター」と同様に併設されている。ガスタービンコージェネレーションシステム、蒸気ボイラー吸収式冷凍機などの設備を有しており、六本木ヒルズで使用される電気と熱の大部分を供給している[1]。地上から真下の地下約30mの位置にある。

六本木エネルギーサービス株式会社
Mori Tower - Roppongi, Tokyo, Japan - DSC06760.JPG
六本木ヒルズ森タワー(2015年2月)
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
106-6190
東京都港区六本木六丁目10番1号
六本木ヒルズ森タワー 地下6階
北緯35度39分48.2秒
東経139度44分30.5秒
座標: 北緯35度39分48.2秒 東経139度44分30.5秒
設立 2000年(平成12年)8月4日
業種 電気・ガス業
法人番号 9010401041963
事業内容 特定電気事業
熱供給事業
大規模ガスコージェネレーションシステムで六本木ヒルズへ電気と熱の安定供給
代表者 代表取締役社長 鈴木武巳
資本金 4億9,000万円
従業員数 33人[1]
主要株主 森ビル(65%)
東京瓦斯(35%)
テンプレートを表示

設備編集

エネルギーセンターには、発電機に接続されたガスタービン6基(電気出力6,360 kW)と蒸気タービン1基(電気出力500 kW)が設置されており、発電能力の合計は38,660 kWである[2]。ガスタービンは都市ガスを燃料としており、タービンに蒸気を噴射して出力を上げることもできる(熱電可変型)[2]。また、非常時には灯油を使用することもでき[3]、非常用の灯油が六本木ヒルズに備蓄されている[1]

ガスタービンの熱い排気ガスは、廃熱ボイラーで蒸気を発生させるために利用される[2]。エネルギーセンターには、都市ガスを燃料とする複数台の蒸気ボイラー(蒸気発生量合計79.6 t/h)が別にあり、廃熱ボイラーと蒸気ボイラーで発生された蒸気は、暖房のために供給されるほか、蒸気吸収冷凍機(冷凍能力合計19,000 Rt)で利用される[2]。冷凍機で作り出された冷水は、冷房のために供給される[2]

参考文献編集

  1. ^ a b c 森ビル「ヒルズの電力を支える縁の下の力持ち、六本木エネルギーサービスとは」『MORI NOW』(2011年5月12日、2011年6月18日閲覧)
  2. ^ a b c d e 東京ガス『【特集・お客さま導入事例】六本木ヒルズ』(2011年6月18日閲覧)
  3. ^ IHI『導入事例 六本木エネルギーサービス』(2011年6月18日閲覧)

関連項目編集