六法やぶれクン

六法やぶれクン』は、佐賀潜の『民法入門』を原作としたテレビアニメ

六法やぶれクン
ジャンル 教養アニメ
アニメ
原作 佐賀潜『民法入門』
製作 東京ムービー(現:トムス・エンタテインメント
放送局 名古屋放送(現:名古屋テレビ放送)
放送期間 1969年4月28日 - 1969年9月26日
話数 110
テンプレート - ノート

目次

ストーリー編集

様々なトラブルに巻き込まれる六法クンの日常を通して、生活に関する法律の知識を紹介。

テレビアニメ編集

概要編集

1969年4月28日から9月26日まで名古屋放送製作・日本テレビ系列で放送[1]。全110話。放送時間は23時10分 - 23時15分。

在名テレビ局が初めて自社製作したアニメであり[2]、またキー局以外の放送局が制作した初の深夜アニメでもある。

サブタイトルは全て六法の条文に基づいて付けられた。バッハトッカータとフーガのメロディーに合わせて法律条文が示されると言う、当時としては画期的な表現が用いられていた。

富山県北日本放送では日曜昼に放送されていた。

本作の放送終了後、名古屋テレビ製作のアニメは1977年に放送された『無敵超人ザンボット3』(テレビ朝日系列)まで8年間存在しなかった。また、深夜帯のアニメ放送自体も20年近く途絶えたが、1986年の『ハートカクテル』から徐々に復活し、1990年代にテレビ各局で定着する事となる。

なお2014年8月2日トムス・エンタテインメント50周年を記念したアニマックスの特別番組「TMSアニメ50年のDNA」において第4話「家出して3年間居場所を知らせないと離婚される」が、今回の為に原版をアップデートした上で放映されている[3]

キャスト編集

スタッフ編集

サブタイトル編集

放送日 話数 サブタイトル 脚本
1969年
4月28日
1 妻の浮気でできた子も夫の子と推定される 辻真先
4月29日 2 借金をからだで返済できない 若林一郎
4月30日 3 「妻と別れて結婚する」という約束は無効である 岡本欣三
5月1日 4 家出して3年間居場所を知らせないと離婚される
5月2日 5 賭けマージャンの借金は払わなくていい
5月5日 6 貞操は妻だけが守るものではない
5月6日 7 妻が勝手に買った宝石代金は夫に支払う責任がない 松元力
5月7日 8 他人の名でラブレターを出すと3年以下の懲役になる 山崎晴哉
5月8日 9 家を買ったらフスマやタタミは勝手に処分できない 吉田喜昭
5月9日 10 ダイヤをやった女性が蒸発したら贈った男性に贈与税がかかる 山崎晴哉
5月12日 11 人妻との浮気がばれたら夫に損害賠償しなければならない 松元力
5月13日 12 身投げを助けたらぬれた着物は弁償してもらえる 吉田喜昭
5月14日 13 結婚式の仲人はいつでも取りかえられる
5月15日 14 「きみの婚約者は処女ではない」といったら名誉毀損になる 松元力
5月16日 15 勝手に肩代わりした再建は払わなくていい
5月19日 16 相手がなぐりかかってきたらなぐりかえしてケガさせてもよい
5月20日 17 夜のいとなみを拒否する妻は離婚される 岡本欣三
5月21日 18 ダイヤを買ってやると口約束しても実行する必要はない 松元力
5月22日 19 借金が遺産より多いときは死後3ヶ月以内なら相続を放棄できる 吉田秀子
5月23日 20 バーのつけは1年たったら払わなくてもよい 松元力
5月26日 21 盗まれた通帳で払い出されても銀行に文句は云えない 伊東恒久
5月27日 22 妻に財産を与える約束はいつでも取り消せる 松元力
5月28日 23 友達にケンカをそそのかしたら自分はなぐられても責任がある 岡本欣三
5月29日 24 うっかり抵当権つきの土地を買うと二十に代金を払わされる 松元力
5月30日 25 夫に愛人がいたら夫の方から離婚を請求できない 伊東恒久
6月2日 26 金を返してくれない相手をでもなぐれば損害賠償をとられる 岡本欣三
6月3日 27 勝手に家を出た妻に仕送りする必要はない 伊東恒久
6月4日 28 婚約を解消されたら結納金を返してもらえる 松元力
6月5日 29 「お帰りください」と云われて、帰らないと不退去罪になる 吉田喜昭
6月6日 30 妻のへそくりは夫が半分使ってよい 辻真先
6月9日 31 泥棒に目的の家を教えたら窃盗幇助罪になる 吉田喜昭
6月10日 32 妻が精神病になったら離婚できる 岡本欣三
6月11日 33 うっかり借金の保証人になると一生貧乏する 草川隆
6月12日 34 人を呪い殺そうとしても罪にならない
6月13日 35 家へ帰らなくても仕送りしていれば離婚されない 岡本欣三
6月16日 36 利率を決めない借金は年五分の利息である 大町繁
6月17日 37 隣室のむつごとはどんな大声でも木は云えない 吉田秀子
6月18日 38 死ぬ前に全財産を使い果たしても相続人は文句は云えない 吉田喜昭
6月19日 39 賭け麻雀を半年間に20回以上やると賭博常習犯になる
6月20日 40 持ち主のない品物は拾った人の物になる 辻真先
6月23日 41 子供が他人に損害を与えたら親に責任がある 草川隆
6月24日 42 「水増し伝票を作ったら金をやる」と云う約束は無効である 水野耳人
6月25日 43 金を貸したらどきどき催促しないと取れなくなる 吉田秀子
6月26日 44 泥酔した友達を置き去りにすると一年以上の懲役になる 吉田喜昭
6月27日 45 路上で乞食をするには警察の許可がいる 松岡清治
6月30日 46 嫁入りしたくは相続分からさしひかれる 辻真先
7月1日 47 夫が死んだら六ヶ月間は孤ケイを守らなければならない 小沢洋
7月2日 48 なぐったら怪我をさせなくても賠償金を取られる 大町繁
7月3日 49 手のつけられないノイローゼには保佐人がつけられる 吉田喜昭
7月4日 50 クビになった集金人に支払った金は有効である 松岡清治
7月7日 51 20年間無断で使っていれば他人の土地でも自分のものといえる 水野耳人
7月8日 52 売れっ子のホステスを引き抜くと業務妨害罪になる 吉田喜昭
7月9日 53 夫婦は話し合いによっておだやかに離婚できる 岡本欣三
7月10日 54 タクシーが警笛で客を呼ぶと1万円以下の罰金になる 山崎晴哉
7月11日 55 自分より年上の者を養子にすることはできない 小沢洋
7月14日 56 物はつかんでからでないと自分のものにならない 松元力
7月15日 57 中年すぎてから離婚するには500万円必要である 小沢洋
7月16日 58 飼犬の自由な恋愛は高くつく 水野耳人
7月17日 59 臨終のときは後述で遺言できる 辻真先
7月18日 60 未婚の女性に「君に子供がある」と公言すれば名誉毀損になる 岡本欣三
7月21日 61 自分の土地だからといって勝手なことは許されない 伊東恒久
7月22日 62 夏休みには愛人とどこで過ごしてもよい 松元力
7月23日 63 月賦で買った品物払い終わらないうちに売ったら横領罪になる 小沢洋
7月24日 64 盗んだ品物でも持っていれば自分の物と云える 山崎晴哉
7月25日 65 友だちに春画を売りつけられたら猥褻文書領布罪になる 大町繁
7月28日 66 小説家に見るに小説をかけと強制できない 鈴木良武
7月29日 67 脱走のために肉体を提供すると賄賂になる 小沢洋
7月30日 68 非行少年は相続人になれない 吉田喜昭
7月31日 69 犬を何匹乗せても定員オーバーではない 吉田秀子
8月1日 70 女性の貞操を蹂リンすると高くつく 伊東恒久
8月4日 71 自分の子をあとで「おれの子ではない」と云えない 松元力
8月5日 72 いちど借りた家は永久に住むことができる 山崎晴哉
8月6日 73 浪費癖があると準禁治産者と宣告される 岡本欣三
8月7日 74 売った土地の面積が不足だと売買契約は破棄さえれる 伊東恒久
8月8日 75 「結婚しよう」「ええいいわ」では婚約にならない 大町繁
8月11日 76 夫の浮気に嫉妬した妻は包丁を振り廻しても離婚されない 山崎晴哉
8月12日 77 露天風呂に入浴中の女性の着物をかくしたら監禁罪になる 小沢洋
8月13日 78 赤ん坊をかえりみない母親は親の資格を失い 吉田喜昭
8月14日 79 犯人に逃げろといっただけで懲役2年以下の刑になる 山崎晴哉
8月15日 80 警官の指示に従わない歩行者は1年以下の懲役になる
8月18日 81 他人の仕事場へ幽霊になって出ると業務妨害罪になる 吉田喜昭
8月19日 82 結婚するといって肉体を奪っても結婚詐欺にならない 松元力
8月20日 83 夫は同居している身内の生活費まで負担する必要なない 吉田秀子
8月21日 84 なまけものの女房でも追い出すことはできない 吉田喜昭
8月22日 85 うっかり妊娠させてしまったら中絶手術を強要できない 小沢洋
8月25日 86 どうしても欲しい土地は手付金を多く払うこと 伊東恒久
8月26日 87 売れっ妓を駆け落ちさせると業務妨害罪になる 吉田喜昭
8月27日 88 家の可否労働は月3万5千円以上に相当する 松元力
8月28日 89 妻がうわごとでむかしの恋人の名を叫んだら離婚していい 小沢洋
8月29日 90 社員が会社に損害をかけても給料を差し押さられない 松元力
9月1日 91 うっかり落書きすると器物破損罪になる 松崎行雄
9月2日 92 ボインが小さいからでは婚約破棄の理由にならない 吉田喜昭
9月3日 93 井戸端会議で他人の悪口を云うと3年以下の懲役になる 小沢洋
9月4日 94 女優にマジメにやれと強制することはむつかしい 伊東恒久
9月5日 95 ボクシングの試合で相手が死んでも積み荷はならない 橋本和久
9月8日 96 アパートの借室人は2年ごとに権利を払わなくていい 小沢洋
9月9日 97 髪結の亭主はいつ離婚されても文句は云えない
9月10日 98 贈与税を逃れるためには離婚すれば良い 吉田秀子
9月11日 99 「おれの妻は男狂いしている」と公言しただけで離婚される 山崎晴哉
9月12日 100 枕絵を質に入れることはできない 松岡清治
9月15日 101 酔って警官にからむと懲役3年以下になる 橋本和久
9月16日 102 夫の浮気の相手を脅して金を受け取っても脅迫罪にはならない 松元力
9月17日 103 「入信しないと死ぬぞ」と云っても脅迫罪にはならない 吉田秀子
9月18日 104 他者の映画に出演したら違約金をとるという約束はできない 松元力
9月19日 105 人を集めてブルーフィルムを上映するとなっ金または懲役刑になる
9月22日 106 少女タレントの出演料は親が受け取ってはならない 吉田喜昭
9月23日 107 夫のためたバーのつけは妻が払わなくていい 橋本和久
9月24日 108 妻が家を改築するために借金すれば夫にも返す責任がある 吉田秀子
9月25日 109 「処女」は「童貞」より高くつく 橋本和久
9月26日 110 同時に二人の妻を持つと2年以下の懲役する 伊東恒久

主題歌編集

「六法やぶれクンのテーマ」
作詞 - 東京ムービー企画部 / 作曲 - 小山恭弘

放送局編集

ほか計23局ネット

映像ソフト編集

  • 現在は全話ソフト化されてないが、1999年にビーム・エンタテインメントから発売された「東京ムービー アニメ主題歌大全集」(VHS・LD)にはOPが収録されていた。しかし2015年東映ビデオから発売された「トムス・エンタテインメントTV主題歌大全集」(VOL.1 DVD)には未収録となった。

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 当時は中京テレビと共にNETテレビ(現:テレビ朝日)と日本テレビのクロスネット局だった。その後、1973年4月にNET系列へ移行した。
  2. ^ 1992年中部日本放送1998年テレビ愛知がアニメ製作に参入
  3. ^ 50周年記念大型特別番組「TMSアニメ50年のDNA」アニマックスで放送! - トムス・エンタテインメント
  4. ^ 北日本新聞 1970年4月1日付朝刊テレビ欄より
  5. ^ 熊本日日新聞 1970年4月12日、1973年6月3日付朝刊テレビ欄より。尚、新マークや終マークはついていなかった。