六派哲学(ろっぱてつがく、: Ṣad-darśana [シャッド・ダルシャナ])はダルシャナ(darśana、日本ではインド哲学と訳す)のうち、ヴェーダの権威を認める6つの有力な正統学派の総称。インドでは最も正統的な古典的ダルシャナとされてきた。六派哲学という言葉は古いが、取り上げられる六派は一定していない[1]

一覧編集

現代では以下の六派の総称として使われている。この選択は、おそらくフリードリヒ・マックス・ミュラー木村泰賢に始まると思われる[1]

ミーマーンサーとヴェーダーンタ、サーンキヤとヨーガ、ニヤーヤとヴァイシェーシカはそれぞれ補完しあう関係になっている。

アースティカとナースティカ編集

なお、ヒンドゥー教においては、これらヴェーダの権威を認める学派をアースティカāstika आस्तिक, 正統派, 有神論者)と呼び、ヴェーダから離れていった仏教ジャイナ教順世派などの先行する思想派閥をナースティカnāstika नास्तिक, 非正統派、無神論者)として区別する。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 六派哲学”. ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典. 2020年8月23日閲覧。

関連項目編集