メインメニューを開く

六輔七転八倒九十分』(ろくすけしちてんばっとうきゅうじゅっぷん)は、TBSラジオの生ワイド番組である。2015年9月28日開始、2016年6月27日終了。

六輔七転八倒九十分
ジャンル バラエティ番組
放送方式 生放送
放送期間 2015年9月28日 - 2016年6月27日
放送時間 毎週月曜 18:00 - 19:30
放送局 TBSラジオ
パーソナリティ 永六輔
出演 はぶ三太郎
長峰由紀
外山恵理
公式サイト 公式サイト
特記事項:
外山、長峰は原則、隔週交代で出演
テンプレートを表示

目次

概要編集

2015年9月26日で終了した『土曜ワイドラジオTOKYO 永六輔その新世界[1]の体裁を引き継ぎ、パーソナリティを務める永六輔はぶ三太郎外山惠理がそのままスライドし、長峰由紀も隔週出演で、新たに参加する形でスタートしている[2]

この番組では永を中心としたメンバーが月曜日の夜に大人たちが自由なトークを繰り広げる番組で、それと同時に「日本語を使うことの喜び」を、リスナーとともに感じることができる番組を目指す[3]。ゲスト トークのコーナーは「永六輔の番組だからこそ実現できる」ゲストが出演し、長い時間をかけて、「じっくりゆっくりと」トークを繰り広げることになっている[3]

『土曜ワイド - 』で長年に渡り、番組リポーターを務めていたラッキィ池田も不定期ではあるが、番組冒頭に電話出演をしている。

『土曜ワイド - 』 時代から放送中の電話FAX電子メールの宛先の紹介を行う。

永は過去に『永六輔の誰かとどこかで』からスピンオフした番組『六輔七転八倒』を、1976年度から1983年度のナイターオフ期間の番組『ゴールデン・ワイド』の水曜20時 - 20時55分に生放送していた。

オープニングは伊勢津、エンディングはかっぽれが流れる。いずれも、三遊亭小円歌の演奏である。

メイン パーソナリティの永六輔は、背中の痛みの治療とその間に患った肺炎のため、2016年2月より、番組を休んでいたが、同年5月9日の生放送中、永の所属事務所からの手紙が外山惠理によって読まれ、「永はすでに退院し、自宅療養で、体力の回復に努めています。パーキンソン病ということもあり、十分な体力回復に、どの位掛かるかはまだ目途がついていません。そのため、一旦、自分の名前の付いた番組は締めくくりをさせて頂いた上で、ぜひ、また お耳にかかる機会を得たいと思います。6月27日、月曜日で「六輔七転八倒九十分」は終了します」 として、永は番組を降板。番組開始から9ヶ月で、終了が発表された[4][5]

後番組のメイン パーソナリティは三太郎が務め、新番組『いち・にの三太郎〜赤坂月曜宵の口[6]が開始し、番組内容は前番組から継承した。

最終回の三太郎と長峰の回は、次女の永麻理(元フジテレビ アナウンサー)がゲスト出演。マネージャーを務める息子が、永六輔の様子を伝える電子メールが紹介された。終盤では黒柳徹子がスタジオに乱入するなど、にぎやかな最後となった[7]

永は『いち・にの三太郎』初回放送直後の2016年7月7日に死去していたことが同月11日の放送前に発表された[8]。永の逝去により、この番組が「生前最後のラジオ番組」となった。

放送時間編集

  • 毎週月曜 18:00 - 19:30

パーソナリティ編集

アシスタント編集

準レギュラー編集

常連ゲスト編集

コーナー編集

※大半のコーナーは「土曜ワイド」から引き継いでおり、交通情報のBGM・ご隠居長屋で流れる曲も「土曜ワイド」と同じものを使用している。
  • 千客万来 宵の口(18時台)、六輔交遊録 ご隠居長屋(19時台)
    永とゲストによる自由闊達なトークを展開する
    ピーコ小室等きたやまおさむ松島トモ子大橋巨泉若山弦蔵など、土曜ワイド時代の常連ゲストが引き続き出演している
  • 野坂昭如さんからの手紙(カタログハウス提供)
    野坂昭如から番組に寄せられた手紙を女性アシスタント(外山、長峰)が朗読する
    野坂の死後、過去に彼が送った手紙を朗読する形で継続。
  • 明解さんちゃん(三省堂提供)
    三太郎が日常の何気ない言葉の語源や意味、日本語の魅力と楽しさを解説する
  • 音のペダル(KEIRIN提供)
    自転車に関する話題、トピックス

脚注編集

  1. ^ 「土曜ワイドラジオTOKYO 永六輔その新世界」番組終了について”. TBS RADIO 954 kHz トピックス&ニュース (2015年8月22日). 2015年9月23日閲覧。
  2. ^ 長峰は「 - 永六輔のその新世界」の初代アシスタントであった
  3. ^ a b TBSラジオ2015秋の新番組”. 2015年9月18日閲覧。
  4. ^ “永六輔さん:TBSラジオ番組が終了へ 冠番組なくなる”. 毎日新聞. (2016年5月9日). http://mainichi.jp/articles/20160510/k00/00m/040/034000c 2016年5月9日閲覧。 
  5. ^ お知らせ - 番組公式ページ、2016年5月9日、同日閲覧
  6. ^ いち・にの三太郎〜赤坂月曜宵の口 - 番組公式ページ、2016年6月29日閲覧
  7. ^ “永六輔、冠番組「六輔七転八倒九十分」が最終回…終盤に徹子“乱入””. スポーツ報知. (2016年6月27日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160627-OHT1T50117.html 2016年6月28日閲覧。 
  8. ^ 永六輔さん死去 放送界の草分け、マルチに活躍,朝日新聞デジタル,2016年7月11日

関連番組編集

外部リンク編集

前後番組編集