メインメニューを開く

六連島灯台(むつれしまとうだい)は、山口県下関市下関港より北西約5キロメートルの日本海響灘)に浮かぶ六連島の北埼に立つ石造の灯台関門航路・日本海側の重要なランドマーク海抜約20.3メートルに位置し、高さ約10.6メートルの塔の下部に半円形の付属舎を備える[1]明治時代に建てられた保存灯台(Bランク)[2]。下関市指定文化財。

六連島灯台
Mutsure Shima Light.jpg
六連島灯台の位置(山口県内)
六連島灯台
六連島灯台の位置(日本内)
六連島灯台
航路標識番号
[国際標識番号]
5537 [F5334]
位置 北緯33度58分41秒 東経130度52分04.5秒 / 北緯33.97806度 東経130.867917度 / 33.97806; 130.867917座標: 北緯33度58分41秒 東経130度52分04.5秒 / 北緯33.97806度 東経130.867917度 / 33.97806; 130.867917
所在地 山口県下関市六連島
塗色・構造 白色 塔形 石造(花崗岩
レンズ LED灯器
灯質 単閃白光 毎3秒に1閃光
Fl W 3s
実効光度 閃光 3,700 cd
光達距離 閃光12.0海里(約22km)
明弧 140度 - 12度
塔高 10.6 m (地上 - 塔頂)
灯火標高 27.9 m (平均海面 - 灯火)
初点灯 1872年明治4年11月21日[注 1]
管轄 海上保安庁
第七管区海上保安本部
門司海上保安部

目次

歴史編集

大政奉還により江戸幕府最後の年となった1867年慶応3年4月[注 1])、兵庫開港に伴う外国船の安全航行を確保するため、幕府がイギリスとの間で締結した大坂約定(大坂条約)で設置を約束した5か所の灯台の1つである。明治新政府が事業を引き継ぎ、「灯台の父」と呼ばれるリチャード・ヘンリー・ブラントンの設計により、1870年明治3年10月[注 1])、関門海峡の北の日本海響灘口に建設が開始され[注 2]1872年1月1日(明治4年11月21日[注 1])に、神戸以西で3番目の灯台として点灯した[3]

1872年7月(明治5年6月12日[注 1])、明治天皇は、九州への地方巡幸の際に西郷隆盛らを従えて来島し、灯台行幸として初めて六連島灯台を訪れた[4]1936年昭和11年)には、「明治天皇行幸所六連島燈臺」として史蹟名勝天然紀念物保存法による史蹟に指定された(1948年〈昭和23年〉6月29日解除)。

当初は石油灯であったが、1925年大正14年)に高圧式アセチレンガス灯に改められる。その後、1952年(昭和27年)の電化による[5]自家発電方式となり、1963年(昭和38年)には海底ケーブルで本土より送電されるようなった[6]1969年(昭和44年)4月に無人化される。1991年平成3年)3月、光度光達距離を変更[5]。現在、灯質は単閃白光、毎3秒に1閃光となり、実効光度3,700cd、光達距離12.0海里、光源はLEDになっている[7]

1995年(平成7年)6月、下関市指定文化財に指定された。2004年(平成16年)4月、門司海上保安部の管理となる[5]

収録海図編集

海図番号 図名 縮尺 図積
W135 関門海峡 25,000
W1264 関門港北部 15,000 1/2

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ a b c d e グレゴリオ暦への改暦前の太陰太陽暦天保暦の日付。
  2. ^ 同じく大阪条約により南の瀬戸内海周防灘口に建設されたものが部埼灯台

出典編集

  1. ^ 藤岡洋保、野口毅『ライトハウス - すくっと明治の灯台64基』バナナブックス、2015年、97頁。ISBN 978-4-902930-32-0
  2. ^ 岡克己『ニッポン灯台紀行』世界文化社、2015年、160-161頁。ISBN 978-4-418-15214-8
  3. ^ No-39 六連島灯台”. 関門“ノスタルジック”海峡. 構成文化財. 関門海峡日本遺産協議会. 2019年3月24日閲覧。
  4. ^ 『全国燈台と岬』日本交通公社編、日本交通公社、1971年、206頁。
  5. ^ a b c 標識名 六連島灯台”. 第七管区海上保安本部. 海上保安庁. 2017年5月21日閲覧。
  6. ^ 明治期に建設された灯台25 六連島灯台”. 海の道しるべ. 日本航路標識協会 (2008年2月6日). 2017年5月21日閲覧。
  7. ^ 六連島灯台 灯台カード(うら)”. 第七管区海上保安本部. 2017年6月10日閲覧。

外部リンク編集