六郷政信

江戸時代前期の大名

六郷 政信(ろくごう まさのぶ)は、江戸時代前期の大名出羽国本荘藩3代藩主。官位従五位下佐渡守

 
六郷政信
時代 江戸時代前期
生誕 寛永12年(1635年
死没 貞享2年7月21日1685年8月20日
改名 伊織(幼名)、政信
戒名 見性院機山宗玄
墓所 東京都台東区西浅草の万隆寺
官位 従五位下佐渡守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家綱綱吉
出羽国本荘藩
氏族 六郷氏
父母 六郷政勝京極高三養女
兄弟 政信政盛政照
牧野康成
土方雄次
政晴三枝守相正室、松平康郷正室
テンプレートを表示

略歴編集

寛永12年(1635年)、2代藩主・六郷政勝の長男として誕生。母は京極高三養女(京極高知娘)。正室は牧野康成娘、継室は土方雄次娘。

慶安3年(1650年)11月23日、3代将軍・徳川家光に拝謁する。

万治3年(1659年)12月28日、従五位下佐渡守に叙任する。延宝4年(1676年)6月晦日、父の隠居により家督を継いだ。延宝5年(1677年)4月19日、お国入りの許可を得る。

貞享2年(1685年)7月21日に死去した。享年51。長男・政晴が跡を継いだ。