六郷政展

江戸時代中期の武士

六郷 政展(ろくごう まさのぶ)は、江戸時代中期の出羽国本荘藩世嗣。官位従五位下丹後守

 
六郷政展
時代 江戸時代中期
生誕 宝暦元年(1751年
死没 安永5年3月18日1776年5月5日
官位 従五位下丹後守
出羽本荘藩世嗣
氏族 六郷氏
父母 六郷政長阿部正邦
六郷政林
兄弟 政展佐竹義路継室
播磨国赤穂藩主森忠洪[1]
テンプレートを表示

略歴

編集

宝暦元年(1751年)、5代藩主六郷政長の長男として誕生した。

宝暦4年(1754年)に父が没すると、まだ幼少であったため、家督は従兄弟の六郷政林が継ぎ、政展は政林の養嗣子となった。明和5年(1768年)6月1日、第10代将軍徳川家治にお目見えした。同年12月18日、従五位下丹後守に叙任された。

家督相続前の安永5年(1776年)3月18日、死去。享年26。

脚注

編集
  1. ^ 死別後、三河国挙母藩主内藤学文継室