六郷町 (東京府)

日本の東京府荏原郡にあった町

六郷町(ろくごうまち)は東京府荏原郡にかつて存在した町である。東京都大田区の南部に位置する。多摩川の曲線部分に三方を囲まれている。

ろくごうまち
六郷町
廃止日 1932年10月1日
廃止理由 編入合併
羽田町蒲田町矢口町六郷町東京市
現在の自治体 大田区
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 東京府
荏原郡
市町村コード なし(導入前に廃止)
総人口 14,441
(第3回国勢調査、1930年10月1日)
隣接自治体 【東京府】荏原郡羽田町、蒲田町、矢口町
神奈川県川崎市
六郷町役場
所在地 東京府荏原郡六郷町
座標 北緯35度33分00秒 東経139度42分55秒 / 北緯35.54992度 東経139.71531度 / 35.54992; 139.71531 (六郷町)座標: 北緯35度33分00秒 東経139度42分55秒 / 北緯35.54992度 東経139.71531度 / 35.54992; 139.71531 (六郷町)
ウィキプロジェクト
テンプレートを表示

沿革編集

  • 1889年明治22年)5月1日 - 町村制の施行に伴い、八幡塚村、雑色村、町屋村、高畑村、古川村の5村が合併して六郷村が発足。
  • 1912年(明治45年) - 多摩川を挟んで両岸に蛇行していた神奈川県橘樹郡との境界が多摩川上に設定され、大字古川の一部を橘樹郡御幸村へ、大字雑色の一部を同郡川崎町へ、それぞれ移管する。
  • 1928年昭和3年)4月1日 - 六郷村が町制施行して六郷町となる。
  • 1932年(昭和7年)10月1日 - 荏原郡全域が東京市に編入され、六郷町の区域は蒲田区となる。
  • 1947年(昭和22年)3月15日 - 蒲田区と大森区を合併して大田区を設置する。

交通編集

鉄道編集

道路編集

現在の地名編集

仲六郷西六郷東六郷南六郷

地名の由来編集

六郷」という名称は上述した5つの村が合併した際に正式な地名として付けられたものだが、5村なのに「郷」という名称である理由は、合併の際、本来なら道塚村を含めた6村で合併する予定だったことと、この6村域を纏めて呼ぶ俗称として「六郷」の名称が予てより一般に定着していたことによる。

道塚村が合併事業から外れた理由についての記録は残されていないが、当時、町村合併の際の新地名は合併する町村のうちのいずれかを代表地名として残すことが全国的にも一般的だった。

合併の際、八幡塚村を代表地名として残す案があった記録が残っていることから、代表地名としての存続権を巡ってトラブルになり、合併事業から撤退したと考えられる[注 1]

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ ただし、合併した5村はいずれも地名として残されなかった為、この説は信憑性が低い。

出典編集

関連項目編集