メインメニューを開く

共和国元帥(きょうわこくげんすい、朝鮮語: 공화국 원수 / 공화국원수)は、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の軍隊である朝鮮人民軍において、存命の大元帥がいない時期の最高位階級である。

目次

概要編集

初代の共和国元帥は金日成主席で、1953年2月から1992年まで在任しており、この期間においてはより上位の階級は存在せず、共和国元帥が朝鮮人民軍の最高位であった。その後、1992年に金主席が上位の大元帥に昇格したことに伴い、金正日総書記が共和国元帥の階級を引き継ぐことになった。1994年に金主席が亡くなると大元帥の座は空席となったが、金総書記は2011年その生涯を終えるまで共和国元帥の座に止まっていた。生前最後まで共和国元帥の座にあった共和国の指導者は金総書記が初であるが、死後に大元帥が追贈された[1]金主席が金総書記を後継者とするために創設されたという説もあるが[要出典]、定かではない。

2012年7月以降、金正恩党委員長が共和国元帥に在任している[2]

歴代編集

  1. 金日成(1953年~1992年)
  2. 金正日(1992年~2011年、うち1992年~1994年は大元帥に次ぐ序列第2位)
    空席(2011~2012年)
  3. 金正恩(2012年~)

出典編集

関連項目編集