兵庫県立人と自然の博物館

兵庫県立人と自然の博物館(ひょうごけんりつひととしぜんのはくぶつかん)は、「人と自然の共生」をテーマとし、兵庫県三田市にある自然史系博物館で、兵庫県三田市のフラワータウン1992年平成4年)10月10日に開館した。愛称は「ひとはく」。

Japanese Map symbol (Museum) w.svg 兵庫県立人と自然の博物館
Hitohaku vew.JPG
兵庫県立人と自然の博物館の位置(兵庫県内)
兵庫県立人と自然の博物館
兵庫県内の位置
施設情報
正式名称 兵庫県立人と自然の博物館
愛称 ひとはく
専門分野 地球科学、系統分類、生態、環境計画、生物資源、コミュニケーション・デザイン
事業主体 兵庫県
延床面積 18,951m2
開館 1992年10月10日
所在地 669-1546
兵庫県三田市弥生が丘6丁目
位置 北緯34度53分10.6秒 東経135度11分56.3秒 / 北緯34.886278度 東経135.198972度 / 34.886278; 135.198972座標: 北緯34度53分10.6秒 東経135度11分56.3秒 / 北緯34.886278度 東経135.198972度 / 34.886278; 135.198972
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

施設は4階建、延床面積18,951m2。国内の公立博物館としては最大級である。博物館の研究員の多くは、兵庫県立大学(旧県立姫路工業大学)自然・環境科学研究所の教員を兼務し、研究活動をベースに、資料の収集や展示、セミナーなどの生涯学習やシンクタンク活動に努めている。

また、2006年(平成18年)8月7日兵庫県丹波市山南町篠山川河床の篠山層群下部層(白亜紀前期1億4000万-1億2000万年前)で発見された国内最大級の恐竜草食ティタノサウルス類(竜脚類)とみられる化石(丹波竜)の調査・発掘にも、兵庫県立人と自然の博物館の研究員などが関わっている。

施設編集

施設内の恐竜化石展示物の画像の投稿を考えている方へ。右側の「表示」タグでページが開きます

常設展示は、以下のように分かれている。

  • 1階 地球・生命と大地(ひょうごの岩石・鉱物コーナーなど)、共生の森
  • 2階 水生生物の世界、ひとはく多様性フロア~魅せる収蔵庫トライアル~
  • 3階 兵庫の自然誌、人と自然、ナチュラリストの幻郷、丹波の恐竜化石
  • 4階 ひとはくサロン(図書コーナー、情報コーナー、さわれる標本コーナー、休憩コーナーなど)

建築概要編集

 
正面玄関
  • 設計:丹下健三
  • 竣工:1992年
  • 延床面積:18,951m2
  • 所在地:〒669-1546 兵庫県三田市弥生が丘6丁目

交通編集

鉄道編集

神戸電鉄公園都市線 フラワータウン駅下車すぐ

バス編集

神姫バス フラワータウンセンター下車すぐ

マイカー編集

中国自動車道・六甲北有料道路 神戸三田インターチェンジより10分

周辺編集

関連項目編集

外部リンク編集