メインメニューを開く

兵庫県立明石高等学校(ひょうごけんりつ あかしこうとうがっこう)は、兵庫県明石市荷山町にある公立高等学校。略称は「明高」(めいこう)。

兵庫県立明石高等学校
兵庫県立明石高等学校
過去の名称 明石市立明石中学校
兵庫県立明石中学校
国公私立の別 公立学校
設置者 兵庫県の旗 兵庫県
学区 第3学区
校訓 自治・共同・創造
設立年月日 1923年
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
美術科
学期 3学期制
高校コード 28150G
所在地 673-8585
兵庫県明石市荷山町1774

北緯34度39分28秒 東経135度0分29.8秒 / 北緯34.65778度 東経135.008278度 / 34.65778; 135.008278座標: 北緯34度39分28秒 東経135度0分29.8秒 / 北緯34.65778度 東経135.008278度 / 34.65778; 135.008278
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

概要編集

初代校長に山内佐太郎を迎え、前身の旧制明石中学校以来の伝統校である。

総合選抜制の実施とともに、人気・進学実績など長期間の低迷に陥った。2004年度より制服を一新。また、同校の同窓会である自彊会実施の各種補習など、再び進学率向上に力を入れている。

生徒会活動が活発である。

2008年度より総合選抜が廃止され、複数志願制への移行が決定した。なお、生命科学探究類型クラスという推薦入学のみの美術科と同様のクラスも設けられた。

校訓・建学の精神

校訓は「自治・共同・創造」の3句。建学の精神は「自彊不息」であり、これは易経の「天行健、君子以自彊不息」に由来し、同窓会の会名「自彊会」もこれに由来する。

歴史編集

  • 1923年 - 明石市立明石中学校開校。
  • 1928年 - 県へ移管、兵庫県立明石中学校と改称。
  • 1948年 - 学制改革により新制の兵庫県立明石高等学校となる。その際、兵庫県明石高等女学校と生徒を交換し、男女共学となる。
  • 1956年 - 中部講堂竣工。
  • 1975年 - 総合選抜制度開始。
  • 1983年 - 美術科を設置。
  • 1991年 - 校舎改築竣工。
  • 2006年 - 中部講堂改修工事竣工。
  • 2008年 - 特色選抜制度・複数志願制開始、普通科に生命科学探究類型を設置。
  • 2013年 - 生命科学探究類型を改編して理数探究類型を設置。

設置学科編集

明石高等学校の普通科では2008年度から7限授業が取り入れられている。また2年次から文系と理系に別れて異なった授業をする(例:文系→日本史、世界史、生物I・理系→地理、化学)。

兵庫県の公立高校で唯一美術に特化した学科。おもな特徴として毎日の授業に美術の授業があることや、期末テストの最終日には美術科のみデッサンや油絵などのテストが存在する。

  • 普通科生命科学探究類型

2008年度に、普通科内に新しく開設された。普通科と同じく7限授業を取り入れている。週33時間授業を導入。医・歯・薬・バイオと医療系の分野で社会貢献できる人材を育成する点に、重点を置いていることに従来型の理系クラスとは異なった特徴を持つ。実験・実習の授業(とくに化学)が多く、移動教室での授業が他の学科よりも多い。2013年度より、普通科理数探究類型に改編された。

  • 普通科理数探究類型

2008年度に、普通科内に新しく開設された生命科学探究類型を改編して設置された。高大連携(大学教員による授業など)、実験・実習・演習の授業、少人数授業実施による基礎学力の充実という3点を特色としている。

部活動編集

2012年には63年ぶりに近畿大会出場。初戦では智辯和歌山に勝利。準決勝で大阪桐蔭には敗れたが、春夏連覇校に食らいつく明石ナインを見て地元民は「古豪復活」と大いに盛り上がった。

卒業生編集

学界
財界
スポーツ
その他

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 旧制中学2回(第18回、第19回)、高校4回(第32回、第42回、第66回、第69回) 決勝戦敗退6回((旧制中学5回(第16回、第20~22回、第25回)、高校1回(第37回))
  2. ^ 旧制中学7回(第7回~第11回、第15回、第19回)、高校1回(第59回1987年)・40年ぶり)。このうち第9回第10回は準優勝。

外部リンク編集