メインメニューを開く

兵庫県立淡路佐野運動公園(ひょうごけんりつあわじさのうんどうこうえん)は、兵庫県淡路市佐野新島にある運動公園で、兵庫県の県立都市公園でもある。愛称は「ボールパークあわじ」だが、後述の第1野球場は「淡路球場」(あわじきゅうじょう)とも呼ばれる。

2002 FIFAワールドカップでは、イングランドチームのキャンプ地として使用されたことでも知られる。また、2006年平成18年)ののじぎく兵庫国体ではサッカー少年の部の会場として使用された。

目次

施設概要編集

野球場2面、サッカー場3面(天然芝2面、人工芝1面)、多目的グラウンド1面等で構成される。

オリックス・バファローズの二軍阪神タイガースの二軍兵庫ディオーネが公式戦で使用している他、全国高等学校野球選手権兵庫大会関西サッカーリーグ、関西女子リーグなど各種大会で使用されている。

以前は関西独立リーグ明石レッドソルジャーズ(2009 - 2010年)、神戸サンズ(2011 - 2012年)が主催試合を行っていた。

第1野球場編集

2008年平成20年)8月31日プロ野球ウエスタン・リーグサーパス福岡ソフトバンクホークス戦が開催され、優勝までのマジックナンバーを1としていたソフトバンクが7-6で勝利し、当地で南海時代以来24年ぶり6度目の同リーグ優勝を果たした。

2012年(平成24年)6月2日3日、同じくプロ野球ウエスタン・リーグの阪神タイガース対オリックス・バファローズ戦が開催された。

  • 両翼:100m、センター:122m
  • 収容人員:6,000人(メインスタンド[ベンチ席]及び内野芝生席:3,000人、外野芝生席:3,000人)
  • 内野:黒土舗装、外野:天然芝
  • スコアボード:磁気反転式

第2野球場編集

  • 両翼 95m、センター 120m
  • スタンド 300人収容
  • 内野 黒土舗装、外野 天然芝
  • 磁気反転式スコアボード(得点のみ)

第1サッカー場編集

80m × 110m 天然芝ピッチ

第2サッカー場編集

80m × 110m 天然芝ピッチ

第3サッカー場編集

68m × 105m 人工芝ピッチ

多目的グラウンド編集

210m × 210mの広さで少年野球・草野球用の内野グラウンド4面(黒土2面、真砂土2面)以外は天然芝である。バックネットも4基あるため、ラグビー用のグラウンドの場合は1面、野球は4面、一般向けサッカー(96m × 64m)は2面、少年向けサッカー(80m × 46m)の場合は6面取ることができる。

略歴編集

  • 1997年(平成9年) - 1998年(平成10年)度に兵庫県企業庁と当時の津名町が共同でサッカー場を整備した。
  • 2000年(平成12年) 兵庫県が都市公園事業として、事業計画を策定する。
  • 2001年(平成13年) 2002 FIFAワールドカップでイングランドチームのキャンプ地として使用するためにサッカー場を先行整備。
  • 2002年(平成14年) 野球場、多目的グラウンドを含めた公園全体整備に着手する。
  • 2003年(平成15年)5月3日 供用開始

外部リンク編集